暮しの手帖の定期購読・バックナンバー・最新号

暮しの手帖の定期購読・バックナンバー・最新号

暮しの手帖の定期購読・バックナンバー・最新号

の詳細を表示しています。バックナンバーがないものもあります。在庫状況は公式ページでご確認下さい。

暮しの手帖の詳細です。


暮しの手帖の定期購読 公式サイトへ
雑誌、冊子名 暮しの手帖
雑誌・冊子の内容 NHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』で話題となりました暮しの手帖。あなたの 毎日を豊かに、美しくする「暮らし提案誌」。これは あなたの手帖です。いろ いろのことがここには書きつけてある。この中のどれか一つ二つはすぐ今日あな たの暮しに役立ち、せめてどれかもう一つ二つはすぐには役に立たないように見 えてもやがてこころの底ふかく沈んでいつかあなたの暮し方を変えてしまうそん なふうなこれはあなたの暮しの手帖です
詳細内容 95号の内容紹介
◎特集
高山なおみ「ビールを飲みながら作るおつまみ」
「下ごしらえで、おいしい旬のなす」「スパイス2種のひらめき料理」
「まぶしい夏のアイスクリーム」
瀬尾幸子の瀬尾新聞 第2号「素材の味を生かすって?」
写真 刑部信人「ホリデー」
「水車でつくるみんなの家」(長野県・真木共働学舎)
「あの夏の日の写真」(瀬戸内寂聴/岩合光昭/宮﨑あおい/水野美紀……全15人)
「快適に眠れていますか?」
創刊70周年記念出版『戦中・戦後の暮しの記録 君と、これから生まれてくる君へ』 掲載者発表

◎連載
新料理連載 荻野恭子「うちで作れる世界の調味料」
新連載「わたしの大好きな音楽/フジコ・ヘミング」
ホルトハウス房子「もの選びのまなざし」
岡本仁「今日の買い物/浜松へ」
佐藤雅彦「考えの整とん/厄介な拾い物」
高山なおみ「気ぬけごはん」
伊藤守「会話する/対話する」
細谷亮太「いつもいいことさがし/体感する平和への思い」
原由美子「服と装/悩ましい80年代スタイルの再燃」
荻上チキ・ヨシタケシンスケ「みらいめがね/いたるところに教材あり」
武田砂鉄「今日拾った言葉たち」
芝山幹郎「シネマ・シバヤマ」「貧乏という棒が身体の芯を」/映画『人間機械』
澤田康彦「薔薇色の雲 亜麻色の髪/過去と現在、未来の共鳴」
「健康交差点/その痒み、頭皮の病気かもしれません」
「買物案内/大きなカバンを使いやすくするグッズ」
「試作室から/本日の先生:たかはしよしこさん」
「暮らしのヒント集」「エプロンメモ」「ひきだし」「ワンピースのおんな」「わたしの家」「すてきなあなたに」「本屋さんに出かけて」ほか
随筆:室井滋、奈良美智、秀島史香、春日武彦、春風亭一之輔、いましろたかし


雑誌番号 586
出版社 暮しの手帖社
出版時期 毎奇月25日
定期購読のお申込み 公式サイトでのご注文はこちら
定期購読紹介のサイトお越し頂きましてありがとうございます。こちらは商品詳細ページです。もっと見やすいように作りたいとは思っていますが現状のままです。リンク先はfujisanという雑誌の定期購読のサイトへのリンクとなっています。fujisanではたくさんの定期購読や年間購読、バックナンバー、最新刊を扱っています。1冊のみでも購入できるのでAmazonの代わりとして使うこともできます。クレジットカードも使えますよ。このように定期購読を薦めるためのサイトを作成しました。これからも更新して使いやすいサイトを目指していきたいと想います。それにしても雑誌の種類はすごいですね1万種類近くあるみたいです。そんなによく雑誌があるなと思いました。サイトを作っているととても専門的なものに出会うことがあり人間とはすごいものに興味を持つんだなとすごく人間とは何かと考えてしまいそうになります。雑誌はもうデジタル化の波が押し寄せてきて、またネットの力で本屋で雑誌が売れなくなってきています。最近は付録付きがほんとに増えましたね。ああすると売れるのでしょうね。デジタル本との違いはやっぱりそこですね。デジタルは印刷配送が要らない分安価で済みますが、サイトにお金を持っていかれてしまうという現状。雑誌の世界これからどうなるのでしょう。