NHK きょうの料理の定期購読・バックナンバー・最新号

NHK きょうの料理の定期購読・バックナンバー・最新号

の詳細を表示しています。バックナンバーがないものもあります。在庫状況は公式ページでご確認下さい。

NHK きょうの料理の詳細です。


NHK きょうの料理の定期購読 公式サイトへ
雑誌、冊子名 NHK きょうの料理
雑誌・冊子の内容 【2018年度の放送について】 ■内容 今年創刊60周年の「きょうの料理」テキスト。毎日食べたいおふくろの味から、ちょっと気になるトレンドの料理、梅干しや漬物などの季節の保存食まで、幅広いレシピを季節感たっぷりにご紹介します。本誌ならではの人気の料理家・講師も続々登場。お楽しみに! ※毎月最終週の月曜午後9時は、生放送「COOK9」の予定です。※内容は予定です。一部に変更がある場合もあります。■放送時間[Eテレ]月曜~木曜 午後9:00~9:25
詳細内容 「読みやすい」誌面で「体にやさしい」手づくり料理をお届けします!

創刊61年目の『きょうの料理』。昔も今も変わらない「体にやさしい」「つくりやすい」「安心できる」レシピをお届けします。土井善晴さん、栗原はるみさん、大原千鶴さんなど人気講師も続々登場。毎日の食べたいごはんが必ず見つかります!

■ご注意ください■
※NHKテキスト電子版では権利処理の都合上、一部コンテンツやコーナーを掲載していない場合があります。ご了承ください。

■今月のテーマ
[第1特集]
春野菜の満足レシピ
【春野菜×豚肉】豚肉と春野菜のホットサラダ
【春野菜×鶏肉】ダブル新たまチキンバーグ
【春野菜×魚介】桜鯛だいの新じゃがあんかけ

[第2特集]
“たれ”で楽する晩ごはん
【211(に ・ いち ・ いち)の甘辛だれ】照り焼きチキン
【おたすけ甘酢】いかときゅうりの甘酢煮

父さんのきょうからキッチン「豚キムチ炒め」
おさらい和食塾「たけのこ」
土井善晴のお料理自由帖「スペアリブの酢煮」

[新連載]
栗原はるみのおいしいのきっかけ
12か月のお弁当



表紙
ますます「やさしさ第一主義」を宣言します!
[連載] 12か月のお弁当
放送カレンダー
目次
[特集] 春野菜の満足レシピ
[放送] 【1日目】春野菜×豚肉
[テキスト企画] 春にんじんのカンタンおかず
[放送] 【2日目】春野菜×鶏肉
[テキスト企画] 新じゃがのカンタンおかず
[放送] 【3日目】春野菜×魚介
[テキスト企画] 春キャベツのカンタンおかず
[連載] おいしいふ~せん/角野栄子
[特集] “たれ”で楽する晩ごはん
[放送] 【1日目】211(に ・ いち ・ いち)の甘辛だれ
[放送] 【2日目】おたすけ甘酢
[テキスト企画] たすけ甘酢にチョイ足し!
[放送] 土井善晴のお料理自由帖
[放送] 父さんのきょうからキッチン
[放送] カラフル! おかずおにぎり
[放送] 大原千鶴のお助けレシピ
[放送] おさらい和食塾
[放送] つくろう! にっぽんの味47
[連載] 栗原はるみのおいしいのきっかけ
[連載] スープと、ひとしな
[連載] シニアの元気はここから!からだ応援レシピ
[連載] 理由ありの道具たち
[連載] 野菜がもっと好きになるベランダ菜園
[連載] きょうの料理 かわら版
プレゼント&アンケート
次号予告/各種ご案内
キッチンツールのご案内
[連載] まいにちおかず
さくいん
雑誌番号 5714
出版社 NHK出版
出版時期 毎月21日
定期購読のお申込み 公式サイトでのご注文はこちら
定期購読紹介のサイトお越し頂きましてありがとうございます。こちらは商品詳細ページです。もっと見やすいように作りたいとは思っていますが現状のままです。リンク先はfujisanという雑誌の定期購読のサイトへのリンクとなっています。fujisanではたくさんの定期購読や年間購読、バックナンバー、最新刊を扱っています。1冊のみでも購入できるのでAmazonの代わりとして使うこともできます。クレジットカードも使えますよ。このように定期購読を薦めるためのサイトを作成しました。これからも更新して使いやすいサイトを目指していきたいと想います。それにしても雑誌の種類はすごいですね1万種類近くあるみたいです。そんなによく雑誌があるなと思いました。サイトを作っているととても専門的なものに出会うことがあり人間とはすごいものに興味を持つんだなとすごく人間とは何かと考えてしまいそうになります。雑誌はもうデジタル化の波が押し寄せてきて、またネットの力で本屋で雑誌が売れなくなってきています。最近は付録付きがほんとに増えましたね。ああすると売れるのでしょうね。デジタル本との違いはやっぱりそこですね。デジタルは印刷配送が要らない分安価で済みますが、サイトにお金を持っていかれてしまうという現状。雑誌の世界これからどうなるのでしょう。