QCサークルの定期購読・バックナンバー・最新号

QCサークルの定期購読・バックナンバー・最新号

の詳細を表示しています。バックナンバーがないものもあります。在庫状況は公式ページでご確認下さい。

QCサークルの詳細です。


QCサークルの定期購読 公式サイトへ
雑誌、冊子名 QCサークル
雑誌・冊子の内容 『QCサークル』誌は企業経営者のQCサークル活動(小集団改善活動)に対する想いや考え方、また、さまざまな企業(業種)での改善活動の取り組みや体験事例を多数紹介します。今やQC(品質管理)・QCサークル活動(小集団改善活動)は製造業にとどまらず医療や介護・福祉関連、企業の事務・販売・サービス部門などにも普及し『製品品質』向上だけでなく、働く人の業務改善や効率化にも役立っています。
詳細内容 ☆TOPからのメッセージ
 株式会社FASSE
 代表取締役社長 藤木 達司さん

☆ザ・ショット
 ワイワイと楽しく話し合いながら今後は活動を通じて
 一人ひとりの能力向上にもつなげていく
 セントラルメンテナンス㈱ ささしま事業所

☆特 集
 似ているが違う用語の意味 ~使い分けの区別に気をつけよう~ 
 事例1 「問題」と「課題」は,何が違うのでしょうか? 
 事例2 「方策の実施」と「対策の実施」は,何が違うのでしょうか? 
 事例3 「変更点」と「変化点」は,何が違うのでしょうか? 
 事例4 「成果」と「効果」については,何が違うのでしょうか? 
 事例5 「安定状態」と「管理状態」は,何が違うのでしょうか 
 事例6 「現状の把握」と「現状の分析」は,何が違うのでしょうか? 
 事例7 「目的」と「目標」は,何が違うのでしょうか? 
 事例8 「外れ値」と「異常値」は,何が違うのでしょうか? 
 事例9 「条件」と「要件」は,何が違うのでしょうか? 
 事例10 「処理」と「処置」は,何が違うのでしょうか? 
 事例11 「規格値」と「管理限界」は,何が違うのでしょうか 
 事例12 「工程能力指数」と「機械能力指数」は,何が違うのでしょうか 
 まとめ 

■サークルQ&A
 ただいま出動 QC サークル 119番  
 カルテ 111 『標準化と管理の定着』について,歯止めするためのコツは何ですか

■運営・推進のページ
 
 我が社の改善活動は,こんな風に進化・深化・新化しました その3
  
■体験事例1
 ~ エコな塗装にチャレンジ!~ 画期的塗着効率の追求 
 トヨタ自動車東日本㈱「まるいサークル」

■ワンポイント事例1
 モータクミライン異品混入の撲滅 
 日立オートモティブシステムズ㈱「ファイナルサークル」

■ワンポイント事例2
 生産ラインの交通事故を防止せよ! ~RSS2ライン搬送異常の撲滅~ 
 愛三工業㈱「エンタイトルツーべースサ-クル」

■サークルギネス
 認定記録 
 第153号 前工程の5サークルを巻き込んで活動成果を出した 
 ダイハツ工業㈱「スマイルサークル」

■サークル活動ギネスの記録をご紹介します!

■シリーズ
事務・販売・サービス部門の導入・推進,頑張っています! 
 クラリオンマニュファクチャリングアンドサービス㈱

■連載講座
 QC検定受検講座 
 第9回 新QC 七つ道具, 統計的方法の基礎

◆体験事例推薦状況一覧 

◆第59回品質月間(11月1日~30日)

◆オススメしたいお酒と肴

◆懸賞クイズ

◆みんなの広場

◆インフォメーション 

雑誌番号 509
出版社 日科技連出版社
出版時期 毎月29日
定期購読のお申込み 公式サイトでのご注文はこちら
定期購読紹介のサイトお越し頂きましてありがとうございます。こちらは商品詳細ページです。もっと見やすいように作りたいとは思っていますが現状のままです。リンク先はfujisanという雑誌の定期購読のサイトへのリンクとなっています。fujisanではたくさんの定期購読や年間購読、バックナンバー、最新刊を扱っています。1冊のみでも購入できるのでAmazonの代わりとして使うこともできます。クレジットカードも使えますよ。このように定期購読を薦めるためのサイトを作成しました。これからも更新して使いやすいサイトを目指していきたいと想います。それにしても雑誌の種類はすごいですね1万種類近くあるみたいです。そんなによく雑誌があるなと思いました。サイトを作っているととても専門的なものに出会うことがあり人間とはすごいものに興味を持つんだなとすごく人間とは何かと考えてしまいそうになります。雑誌はもうデジタル化の波が押し寄せてきて、またネットの力で本屋で雑誌が売れなくなってきています。最近は付録付きがほんとに増えましたね。ああすると売れるのでしょうね。デジタル本との違いはやっぱりそこですね。デジタルは印刷配送が要らない分安価で済みますが、サイトにお金を持っていかれてしまうという現状。雑誌の世界これからどうなるのでしょう。