音楽現代の定期購読・バックナンバー・最新号

音楽現代の定期購読・バックナンバー・最新号

の詳細を表示しています。バックナンバーがないものもあります。在庫状況は公式ページでご確認下さい。

音楽現代の詳細です。


音楽現代の定期購読 公式サイトへ
雑誌、冊子名 音楽現代
雑誌・冊子の内容
詳細内容 ♪カラー口絵
 ●  ベルリン・フィルのジルベスター・コンサート
 ●  パリ・オペラ便り A.メサジェ「フォルチュニオ」
 ●  神戸市室内管弦楽団「ベートーヴェンの森 第1回」
 ●  神奈川県民ホール「ファンタスティック・ガラ・コンサート2019」

♪アートページ
 ●  神戸市室内管弦楽団 神戸市混声合唱団 1. 17祈りのコンサート2020
 ●  日本オペラ協会 スーパーオペラ 歌劇《紅天女》世界初演
 ●  藤田めぐみのショパン/24のエチュード全曲演奏会
「誰でもショパン:エチュード」マスタークラス@TOKYO Vol.2
 ●  Team Alfonso presents The Christmas Concert

♪特集 ベートーヴェン生誕250年記念第2弾
ベートーヴェン演奏のオーソリティたち 〈1〉ピアニスト編
 ●  シュナーベル、ナイ、ハイドシェック、HJリム(宇神幸男)
 ●  クラウディオ・アラウとアルフレッド・ブレンデル(木村貴紀)
 ●  2人のヴィルヘルムバックハウスとケンプ、そして…(小林宗巌)
 ●  ブッフビンダー、バレンボイム、リュビモフ…(西原 稔)
 ●  シュナーベル、バックハウス、ナット、ギレリス、園田高弘(新渡戸常憲)
 ●  バックハウス、ケンプ、ギレリス、グルダ、ブレンデル(野崎正俊)
 ●  ブレンデル、オピッツ、シフ、ゲルバー(福本 健)
 ●  ケンプ、バックハウス、ホロヴィッツ、小菅優、河村尚子(保延裕史)
 ●  ポリーニ、バレンボイム…(宮崎 滋)

♪特別企画 恐るべし! 円熟演奏家のパワー~70歳以上の演奏家たち
 ●  指揮者編(上地隆裕)
 ●  ピアニスト編(雨宮(あまみや)さくら)
 ●  弦楽器奏者編(佐藤康則)
 ●  歌手編(岸 純信)
 ●  作曲家編(石塚潤一)

♪特別記事・レポート
 ●  神奈川県民ホール開館45周年記念一柳プロデュース
   フラックス弦楽四重奏団 現代(いま)を生きる音楽 II
 ●  舘野泉ピアノ・リサイタル
 ●  コンスタンティン・リフシッツ記者会見 首都圏8館共同制作
コンスタンチン・リフシッツ「ベートーヴェンへの旅」
 ●  アマービレフィルハーモニー管弦楽団 第8回定期演奏会 鈴木英明の新作を世界初演
 ●  埼玉大学創立70周年記念事業音楽の贈りもの
 ●  江澤隆行ピアノ・リサイタル
 ●  新宿パークタワークリスマス・コンサート

♪インタビュー
 ●  荘村清志 (ギタリスト)
 ●  近藤嘉宏 (ピアニスト)

♪連載
〈海老澤敏〉 回想のモーツァルト(97)~モーツァルトとともに80年 
        〈国際モーツァルト・シンポジウム〉に参加日本人諸氏
〈丸山桂介〉 〈怒れムーサ〉 27 天空の旅人・バッハ
〈工藤一郎〉 つながれ心、つながれ力 83 ~拡大と発展~
〈青澤唯夫〉 〈そうだ、モーツァルトを聴こう〉56
 セムヴィンスキー、セル、ブリュッヘン、ガーディナー、他
〈倉林 靖〉 〈音楽と絵画 近代日本篇〉1 江戸後期に長崎で上演されたオペラ ―川原慶賀(3)
〈黒田晋也〉 〈東京二期会研究会訪問3〉 「二期会英語の歌研究会」


♪海外レポート
 ● イギリス通信 〈加来洋子〉
   ロイヤル・オペラ「ラ・ボエーム」で年明け
 ● フランス通信 〈久保 歩〉
   第9回 弦楽四重奏ビエンナーレ
 ●ドイツ通信 〈中田千穂子〉
   世界的に有名なリリック・テノール歌手ペーター・シュライヤー追悼
 ●オーストリア通信 〈山田亜希子〉
   アン・デア・ウィーン劇場《サロメ》
 ●イタリア通信 〈川西麻理〉
   スカラ座「トスカ」、「ロメオとジュリエット」
 ● アメリカ通信 〈上地隆裕〉
   時代はいまアンドリスを求めている、G.ドゥダメル在任期間を延長、
A.T.ギルバート飛翔の時 イスラエル・フィルは変化の時


♪ 2020年3月のプレビュー、演奏会評、CD評、バレエ・レビュー、書評、告知板、その他
雑誌番号 337
出版社 芸術現代社
出版時期 毎月15日
定期購読のお申込み 公式サイトでのご注文はこちら
定期購読紹介のサイトお越し頂きましてありがとうございます。こちらは商品詳細ページです。もっと見やすいように作りたいとは思っていますが現状のままです。リンク先はfujisanという雑誌の定期購読のサイトへのリンクとなっています。fujisanではたくさんの定期購読や年間購読、バックナンバー、最新刊を扱っています。1冊のみでも購入できるのでAmazonの代わりとして使うこともできます。クレジットカードも使えますよ。このように定期購読を薦めるためのサイトを作成しました。これからも更新して使いやすいサイトを目指していきたいと想います。それにしても雑誌の種類はすごいですね1万種類近くあるみたいです。そんなによく雑誌があるなと思いました。サイトを作っているととても専門的なものに出会うことがあり人間とはすごいものに興味を持つんだなとすごく人間とは何かと考えてしまいそうになります。雑誌はもうデジタル化の波が押し寄せてきて、またネットの力で本屋で雑誌が売れなくなってきています。最近は付録付きがほんとに増えましたね。ああすると売れるのでしょうね。デジタル本との違いはやっぱりそこですね。デジタルは印刷配送が要らない分安価で済みますが、サイトにお金を持っていかれてしまうという現状。雑誌の世界これからどうなるのでしょう。