ナンバー(Sports Graphic Number)の定期購読・バックナンバー・最新号

ナンバー(Sports Graphic Number)の定期購読・バックナンバー・最新号

ナンバー(Sports Graphic Number)の定期購読・バックナンバー・最新号

の詳細を表示しています。バックナンバーがないものもあります。在庫状況は公式ページでご確認下さい。

ナンバー(Sports Graphic Number)の詳細です。


ナンバー(Sports Graphic Number)の定期購読 公式サイトへ
雑誌、冊子名 ナンバー(Sports Graphic Number)
雑誌・冊子の内容 プロ野球、MLB、サッカーから、モータースポーツ、格闘技、競馬にいたるまでのあらゆるスポーツの魅力を芸術的ともいえる写真でお伝えします。スポーツ総合誌だからといって表面的な内容に終始することなく、特集記事、インタビュー記事や対談記事など記事ごとのボリューム・読み応えも抜群。プレーヤーからスポーツ観戦が大好きな方、初心者の入り口としても楽しめる内容。スポーツという舞台の上で繰り広げられる戦い、そこで流れる汗と涙、そこで生まれ後世まで引き継がれる伝説の数々。ページをめくるごとに、常に勝負に挑み続けるヒーローたちに出会える。
詳細内容 Number959号

100回大会記念特集 PART2
夏の甲子園 100人のマウンド。

100回記念大会という大きな節目を迎えた夏の甲子園。
その聖地を目指し、毎年全国で約4000校が激闘を繰り広げてきた。
地方大会から本大会まで、立ち昇る灼熱の大気が支配するマウンドには、
母校を背負う幾多のエースが流す汗と涙が今年も染み込んでいく。
果てしない投手戦、奇跡のごとき劇的展開、涙で駆け寄るナインとの抱擁。
誰もが知るスターから地元が誇る右腕と左腕まで、熱き物語を描き出す。

SPECIAL FEATURES

横浜1998
[独占インタビュー]
松坂大輔「奇跡の決勝は〝あの一球〟から」

新連載第二回拡大版
PL学園1983
[1年生エース誕生秘話]
桑田真澄「『投手失格』の烙印を押されて」

早稲田実2006
[鹿児島工ナインが語る覚醒]
斎藤佑樹「魔物は勝負師に味方した」

花巻東2009&2011
[智将が明かす育成メソッド]
菊池雄星&大谷翔平「源流から大河へ」

興南2010
[育成契約からの再出発]
島袋洋奨「〝琉球トルネード〟復活への軌道」

池田1983
[力尽きた絶対エース]
水野雄仁「あと3日あれば、おれたちの優勝だった」

大阪桐蔭2012
[知られざるライバルの絆]
藤浪晋太郎「6年前の背番号1を追い抜くために」

[連続インタビュー]
忘れじの優勝投手はいま
南竜次/森尾和貴/吉永健太朗

[レジェンド投手の肖像]
吉田正男 「伝説の23勝投手」
嶋清一 「戦火に散った天魔鬼神の快投」
江川卓「誇りをへし折った怪物の直球」

[地元記者が厳選]
47都道府県 故郷が誇る名投手

――――――――――――――――――――――――――――――――――

日本代表、4年後へ!
[スペシャルインタビュー]
吉田麻也「闘争心をかき立てるリーダーに」

[世代交代展望]
呼べよ新風、4年後の4人
堂安律/久保建英/中村敬斗/井手口陽介

[サンウルブズ今季総括]
トニー・ブラウン「まずは飲み干せ!」

[MLBスーパースター2018]
マニー・マチャド「トレード狂騒曲に乗ってゆけ」

[隔号連載「私のスケート愛」特別編]
浅田真央「かき氷で残暑お見舞い」

[菅平高原トレーニングを独占撮]
大迫傑、夏を走る

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

REGULARS
[連載ノンフィクション 5]
2000年の桜庭和志「ヒクソン・グレイシー」

[The CHAMPIONS 33]
私を通りすぎた王者たち
勇利アルバチャコフ「ゴルバチョフの贈り物」

[Masters of Life 14]
加齢なる決戦「87歳 マラソン」
雑誌番号 3146
出版社 文藝春秋
出版時期
定期購読のお申込み 公式サイトでのご注文はこちら
定期購読紹介のサイトお越し頂きましてありがとうございます。こちらは商品詳細ページです。もっと見やすいように作りたいとは思っていますが現状のままです。リンク先はfujisanという雑誌の定期購読のサイトへのリンクとなっています。fujisanではたくさんの定期購読や年間購読、バックナンバー、最新刊を扱っています。1冊のみでも購入できるのでAmazonの代わりとして使うこともできます。クレジットカードも使えますよ。このように定期購読を薦めるためのサイトを作成しました。これからも更新して使いやすいサイトを目指していきたいと想います。それにしても雑誌の種類はすごいですね1万種類近くあるみたいです。そんなによく雑誌があるなと思いました。サイトを作っているととても専門的なものに出会うことがあり人間とはすごいものに興味を持つんだなとすごく人間とは何かと考えてしまいそうになります。雑誌はもうデジタル化の波が押し寄せてきて、またネットの力で本屋で雑誌が売れなくなってきています。最近は付録付きがほんとに増えましたね。ああすると売れるのでしょうね。デジタル本との違いはやっぱりそこですね。デジタルは印刷配送が要らない分安価で済みますが、サイトにお金を持っていかれてしまうという現状。雑誌の世界これからどうなるのでしょう。