OHMの定期購読・バックナンバー・最新号

OHMの定期購読・バックナンバー・最新号

OHMの定期購読・バックナンバー・最新号

の詳細を表示しています。バックナンバーがないものもあります。在庫状況は公式ページでご確認下さい。

OHMの詳細です。


OHMの定期購読 公式サイトへ
雑誌、冊子名 OHM
雑誌・冊子の内容 電気設備の開発・保守管理、電力システム、省エネ・新エネ、情報通信、輸送交通、ナノテク・材料などの最新技術動向、エネルギー政策、環境・安全対策、電気関連法規・基準の改訂、技術者教育、知的財産権など、電気・エネルギーに携わる技術者に必要な情報を毎月提供。電験一・二種と技術士の資格情報および学習記事も掲載しています。
詳細内容 ■トップページ

【トップの原点ここにあり!】〝幸運な出会い”
 森 俊介 エネルギー・資源学会 会長

■特集

離島の電力系統

・離島の電力系統とエネルギー政策
 諸住 哲(新エネルギー・産業技術総合開発機構)

・宮古島メガソーラー実証研究
 高原 景滋(沖縄電力)

・九州電力の離島における取り組み
 高崎 真司(九州電力)

・島根県:隠岐ハイブリッドプロジェクト
 福原 淳(中国電力)

・ハワイにおけるREエネルギー100%に向けた取り組み
 藤田 満日虎(沖縄エネテック)

・離島実系統による実証
 蘆立 修一(東京電力ホールディングス)

■解説

・カリブ海アルバ島における再エネを中心とした電力系統の構築
 山﨑 裕之(ABB日本ベーレー)、柴田 悠生(ABB)

・配電自動化システム構築の最新動向
 吉田 浩士(東芝エネルギーシステムズ)

・PCB(ポリ塩化ビフェニル)について知っておきたいポイント解説
 南 健太郎、岸田 覚(中間貯蔵・環境安全事業)

■ライセンス(資格試験)

2018年 電験二種合格!実践セミナー〈一次予想問題〉
井手 三男、植田 福広、岡村 幸壽、田沼 和夫

■連載・コラム

・【電気技術者のためのキーテクノロジー150選】
 前田 隆文、植田 福広、江藤 伸夫

・【みんなで創ろう!スマートハウス事例集】クルマとつながる住宅、V2Hの紹介
 一色 正男、笹川 雄司(神奈川工科大学)

・【超電導応用・最前線】物理学・物質科学
 芝内 孝禎(東京大学)

・最終回【社会インフラを支える「エネルギーと情報」】IoT時代とその展望
 安田 浩(東京電機大学)

・【海外の特許代理人との上手なやり取り】出願後の各種コレポン例(権利化前)―その1
 辰己 雄一(ユビランド知的財産綜合事務所)

・【電験「理論」を極める!】電磁誘導
 岡部 浩之

・【電気系技術者 一問一答】
 田中 裕之(GE Additive)

・【新読-今、読みたい一冊】元村 有希子 著『科学のミカタ』
 【再読-読んでおきたい一冊】堀越 二郎 著『零戦 その誕生と栄光の記録』
 松樹 千年翠(コラムニスト)

・【電気関連分野で活躍する技術者からのメッセージ】日本の鉄道インフラ技術を海外へ、海外鉄道の仕事に挑戦するに向けて
 和泉 洋(日本コンサルタンツ)

・【人類世の地球環境】山火事が保全するイエローストーンの大自然
 杉山 大志(キヤノングローバル戦略研究所)

■レポートほか

・【今月のフォトグラフ】印南風力発電所 ガスアンドパワー
・川崎キングスカイフロント東急REIホテル〈純水素燃料電池システム〉
・News Flash
・OHMかわらばん
・NEW PRODUCTS(新製品情報)
雑誌番号 294
出版社 オーム社
出版時期 毎月5日
定期購読のお申込み 公式サイトでのご注文はこちら
定期購読紹介のサイトお越し頂きましてありがとうございます。こちらは商品詳細ページです。もっと見やすいように作りたいとは思っていますが現状のままです。リンク先はfujisanという雑誌の定期購読のサイトへのリンクとなっています。fujisanではたくさんの定期購読や年間購読、バックナンバー、最新刊を扱っています。1冊のみでも購入できるのでAmazonの代わりとして使うこともできます。クレジットカードも使えますよ。このように定期購読を薦めるためのサイトを作成しました。これからも更新して使いやすいサイトを目指していきたいと想います。それにしても雑誌の種類はすごいですね1万種類近くあるみたいです。そんなによく雑誌があるなと思いました。サイトを作っているととても専門的なものに出会うことがあり人間とはすごいものに興味を持つんだなとすごく人間とは何かと考えてしまいそうになります。雑誌はもうデジタル化の波が押し寄せてきて、またネットの力で本屋で雑誌が売れなくなってきています。最近は付録付きがほんとに増えましたね。ああすると売れるのでしょうね。デジタル本との違いはやっぱりそこですね。デジタルは印刷配送が要らない分安価で済みますが、サイトにお金を持っていかれてしまうという現状。雑誌の世界これからどうなるのでしょう。