労働の科学の定期購読・バックナンバー・最新号

労働の科学の定期購読・バックナンバー・最新号

の詳細を表示しています。バックナンバーがないものもあります。在庫状況は公式ページでご確認下さい。

労働の科学の詳細です。


労働の科学の定期購読 公式サイトへ
雑誌、冊子名 労働の科学
雑誌・冊子の内容 安全・安心は、現代社会が求める重要な条件のひとつです。『労働の科学』は1946年の創刊以来、産業安全・産業保健・職場環境をテーマとする労働科学をバックボーンとして、働く人=生活者の安全・安心の確保に役立つ情報を提供しています。一流の執筆陣によるメンタルヘルス、マネジメントシステム、人間工学、産業医学、化学物質などの最新の話題のほか、料理欄や映画欄など親しみやすい記事も掲載しています。また、発行元の労働科学研究所と兄弟機関である大原美術館のコレクションも毎号巻頭カラーで掲載され、読者の好評を得ています。
詳細内容 ◆巻頭言 俯瞰
けれど, 孤立を恐れないで / [ひらの亀戸ひまわり診療所]毛利 一平

◆特集「孤立する職場,つながり合う職場」
・求められる労働における「自己決定」 / [跡見学園女子大学] 禿 あや美
・働く人たちの参加する個人と組織の活性化手法 / [北里大学医学部] 江口 尚
・悶える職場―パワハラ激増の真犯人は誰か? / [職場のハラスメント研究所] 金子 雅臣
・職場のつながり,連帯感の希薄化がもたらす労働者への心理的影響 / [Department of Psychology, Christ(Deemed to be University) , India] 松本 みゆき
・ゆとりなき職場風土の改善 / [月刊『ひろばユニオン』] 横山 但

◆Graphic(口絵)
安全な運行とドライバーの健康のために 9[見る・活動(92)]‐輸送事業者の取り組み
丸栄運輸機工株式会社

◆Series
メンタルヘルス・アプローチ(1)適切な情報共有によるメンタルヘルス対策の推進 / 鈴木 安名
GP 広がる良好実践(29)介護施設における参加型職場改善事例 / 谷 直道
凡夫の安全衛生記(21)「なぜ1年に1回?」健康診断いろいろ / 福成 雄三
産業保健の仕事に携わって(1)作業環境測定士として / 熊谷 信二
労研アーカイブを読む(39)「技能」と「暗黙知」 / 椎名 和仁
にっぽん仕事唄考(60)炭鉱仕事が生んだ唄たち(その60)‐炭鉱城下町の「校歌」と戦争の影⑧‐ / 前田 和男

◆Column
【第53回 人類働態学会全国大会】世代を超えた交流が体感できた人類働態学会 / 林 英範
【BOOKS】『社会安全学入門 理論・政策・実践』「安全」の課題を幅広い視野で考えるための一冊 / 福成 雄三
【織という表現(21)】ファイバー・アート / 阿久津 光子
【Talk to Talk】問うほどに / 肝付 邦憲
雑誌番号 2860
出版社 大原記念労働科学研究所
出版時期 毎月1日
定期購読のお申込み 公式サイトでのご注文はこちら
定期購読紹介のサイトお越し頂きましてありがとうございます。こちらは商品詳細ページです。もっと見やすいように作りたいとは思っていますが現状のままです。リンク先はfujisanという雑誌の定期購読のサイトへのリンクとなっています。fujisanではたくさんの定期購読や年間購読、バックナンバー、最新刊を扱っています。1冊のみでも購入できるのでAmazonの代わりとして使うこともできます。クレジットカードも使えますよ。このように定期購読を薦めるためのサイトを作成しました。これからも更新して使いやすいサイトを目指していきたいと想います。それにしても雑誌の種類はすごいですね1万種類近くあるみたいです。そんなによく雑誌があるなと思いました。サイトを作っているととても専門的なものに出会うことがあり人間とはすごいものに興味を持つんだなとすごく人間とは何かと考えてしまいそうになります。雑誌はもうデジタル化の波が押し寄せてきて、またネットの力で本屋で雑誌が売れなくなってきています。最近は付録付きがほんとに増えましたね。ああすると売れるのでしょうね。デジタル本との違いはやっぱりそこですね。デジタルは印刷配送が要らない分安価で済みますが、サイトにお金を持っていかれてしまうという現状。雑誌の世界これからどうなるのでしょう。