臨床麻酔の定期購読・バックナンバー・最新号

臨床麻酔の定期購読・バックナンバー・最新号

臨床麻酔の定期購読・バックナンバー・最新号

の詳細を表示しています。バックナンバーがないものもあります。在庫状況は公式ページでご確認下さい。

臨床麻酔の詳細です。


臨床麻酔の定期購読 公式サイトへ
雑誌、冊子名 臨床麻酔
雑誌・冊子の内容 日常の麻酔の臨床に役立つ(関連する)テーマを“特集/総説/原著/症例/講座/関連領域と話題/誌上抄読会/質疑応答/くすり/機器製品紹介/アイデアコーナー/ブリーフレポート”等々で常時掲載.研究の成果や最新知見など、研究室からベテランまで麻酔科医が『今知りたい』ことを解説.定評の臨床医学雑誌.毎年3月に「臨時増刊号」(臨床麻酔誌上セミナー)を発行
詳細内容 「臨床麻酔誌上セミナー’18」に寄せて …齋藤 繁

1.大動脈弁狭窄症における低侵襲治療 …山田徳洪
BAV,TAVR,Minimally invasive AVR

2.小児肺移植手術の麻酔 …小林 求・他
小児肺移植,麻酔管理,人工心肺

3.Difficult Airway Management UpToDate …中川雅史
気道管理ガイドライン,マスク換気,声門上エアウェイ

4.産科危機的出血への対応 …照井克生
産科出血,ガイドライン,輸血

5.人工膵臓の最前線 …蓑田直治・他
人工膵臓,クロズドループシステム,血糖管理

6.術中脊髄モニタリング -誘発電位の種類と疾患別,高位別の主力誘発電位の選択と実際- …山本直也・他
Intraoperative spinal cord monitoring,Motor evoked potential,Spinal cord evoked potential

7.麻酔関連薬物とアナフィラキシー …高澤知規
筋弛緩薬,スガマデクス,抗菌薬,Neuromuscular blocking agents,Sugammadex,Antimicrobial agents

8.神経ブロックを用いた小児術後鎮痛 …宮澤典子
超音波ガイド下,神経ブロック,多様式鎮痛法

9.脳保護のための最新医療機器 …武田吉正
自己心拍再開,体温管理療法,低体温療法

10.重症患者の栄養療法 …江木盛時
経腸栄養,経静脈栄養,侵襲早期

11.中枢ならびに末梢に局在する μ-オピオイド受容体の生理的役割の違いからオピオイド製剤の選択や併用を考える …葛巻直子・他
μ-オピオイド受容体,中枢神経,末梢組織

12.慢性疼痛の認知行動療法 …田代佳代子・他
身体症状症,破局的思考,感情

13.当院における周術期センターの試み(チーム医療の実践) …寺田享志・他
チーム医療,術後疼痛管理,術後せん妄予防

14.市民から信頼される臨床試験のために必要なものは …佐藤恵子・他
医師主導臨床試験,信頼,プロフェッショナリズム

15.区域麻酔・神経ブロックにおける抗血小板薬と抗凝固薬の取扱い …小川 覚・他
抗血小板薬,抗凝固薬,区域麻酔,神経ブロック,診療ガイドライン
雑誌番号 2805
出版社 真興交易医書出版部
出版時期 毎月20日
定期購読のお申込み 公式サイトでのご注文はこちら
定期購読紹介のサイトお越し頂きましてありがとうございます。こちらは商品詳細ページです。もっと見やすいように作りたいとは思っていますが現状のままです。リンク先はfujisanという雑誌の定期購読のサイトへのリンクとなっています。fujisanではたくさんの定期購読や年間購読、バックナンバー、最新刊を扱っています。1冊のみでも購入できるのでAmazonの代わりとして使うこともできます。クレジットカードも使えますよ。このように定期購読を薦めるためのサイトを作成しました。これからも更新して使いやすいサイトを目指していきたいと想います。それにしても雑誌の種類はすごいですね1万種類近くあるみたいです。そんなによく雑誌があるなと思いました。サイトを作っているととても専門的なものに出会うことがあり人間とはすごいものに興味を持つんだなとすごく人間とは何かと考えてしまいそうになります。雑誌はもうデジタル化の波が押し寄せてきて、またネットの力で本屋で雑誌が売れなくなってきています。最近は付録付きがほんとに増えましたね。ああすると売れるのでしょうね。デジタル本との違いはやっぱりそこですね。デジタルは印刷配送が要らない分安価で済みますが、サイトにお金を持っていかれてしまうという現状。雑誌の世界これからどうなるのでしょう。