臨床病理の定期購読・バックナンバー・最新号

臨床病理の定期購読・バックナンバー・最新号

臨床病理の定期購読・バックナンバー・最新号

の詳細を表示しています。バックナンバーがないものもあります。在庫状況は公式ページでご確認下さい。

臨床病理の詳細です。


臨床病理の定期購読 公式サイトへ
雑誌、冊子名 臨床病理
雑誌・冊子の内容 日本臨床検査医学会の学会誌として,医師,検査技師,薬剤師,獣医師,歯科医師,看護師,企業の方々といった多くの医療に携わる人々に,最新の医療情報をいち早くお知らせしています。MEDLINEにも収載されており,インターネットでの検索も可能です。
詳細内容 66巻7号

故 臼井敏明先生のご逝去を悼む  711
■原著
高感度心筋トロポニンI測定の基礎的検討と維持血液透析患者血清における臨床的意義の解析 (旭ななえ)  721
健常小児から成人における強制オシレーション法(MostGraph)測定値の検討 (木戸口 周平)  727
■短報
院内糖尿病ラウンドにおける臨床検査技師による血糖管理の検査スクリーニングの有用性 (内野智章)  734
■症例
心筋トロポニンIが高値を示したが明らかな心筋障害を認めなかった横紋筋融解症の1例 (橋本佳明)  738
■第64回学術集会
WASPaLM/JSLM Joint Opening Ceremony: Keynote Lecture
高齢者に多い疾患に対する先制医療 -特に臨床検査医学の課題を中心に- (井村裕夫)  742
シンポジウム5:10年後に臨床検査室は今のままでいられるのか
-臨床検査の多様化とコスト削減の圧力-
司会のことば (本田孝行)  749
次世代の検体検査に貢献するICT-IoT,AI,ビッグデータの活用- (黒岩正康)  751
オーダーメイド医療そしてプレシジョン・メディシンと検査室 (中谷 中)  756
生理検査室の展望 (松村敬久)  762
検査室のトータルコーディネート-2025年にあるべき臨床検査室について-【抄録】 (瀬戸山 友一)  767
チーム医療シンポジウム:チーム医療における臨床検査異常データ・パニック値の検査室対応
司会のことば (上道文昭)  768
パニック値の運用に関する組織的取り組み (山崎勝巳)  770
慶應義塾大学病院におけるパニック値報告制度改善の取り組み (上蓑義典)  777
検査結果の非共有による医療事故の現状とそれを防ぐための確実なパニック値連絡 (海渡 健)  783
パニック値の過去・現在・未来~その問題点と課題~ (七崎之利)  790
全国パニック値アンケート2017 (上道文昭)  797
■第63回九州地方会
特別講演
心エコーで見る弁膜症の不思議【抄録】 (尾辻 豊)  810
呼吸器領域における臨床検査 (矢寺和博)  811
■資料
平成30年6月より適用の新規保険収載検査項目の解説  820
■日本臨床検査医学会ニュース
日本臨床検査医学会2018年度第1回臨床検査専門医・管理医審議会 議事録  821
雑誌番号 2802
出版社 克誠堂出版
出版時期 毎月10日
定期購読のお申込み 公式サイトでのご注文はこちら
定期購読紹介のサイトお越し頂きましてありがとうございます。こちらは商品詳細ページです。もっと見やすいように作りたいとは思っていますが現状のままです。リンク先はfujisanという雑誌の定期購読のサイトへのリンクとなっています。fujisanではたくさんの定期購読や年間購読、バックナンバー、最新刊を扱っています。1冊のみでも購入できるのでAmazonの代わりとして使うこともできます。クレジットカードも使えますよ。このように定期購読を薦めるためのサイトを作成しました。これからも更新して使いやすいサイトを目指していきたいと想います。それにしても雑誌の種類はすごいですね1万種類近くあるみたいです。そんなによく雑誌があるなと思いました。サイトを作っているととても専門的なものに出会うことがあり人間とはすごいものに興味を持つんだなとすごく人間とは何かと考えてしまいそうになります。雑誌はもうデジタル化の波が押し寄せてきて、またネットの力で本屋で雑誌が売れなくなってきています。最近は付録付きがほんとに増えましたね。ああすると売れるのでしょうね。デジタル本との違いはやっぱりそこですね。デジタルは印刷配送が要らない分安価で済みますが、サイトにお金を持っていかれてしまうという現状。雑誌の世界これからどうなるのでしょう。