臨床病理の定期購読・バックナンバー・最新号

臨床病理の定期購読・バックナンバー・最新号

の詳細を表示しています。バックナンバーがないものもあります。在庫状況は公式ページでご確認下さい。

臨床病理の詳細です。


臨床病理の定期購読 公式サイトへ
雑誌、冊子名 臨床病理
雑誌・冊子の内容 日本臨床検査医学会の学会誌として,医師,検査技師,薬剤師,獣医師,歯科医師,看護師,企業の方々といった多くの医療に携わる人々に,最新の医療情報をいち早くお知らせしています。MEDLINEにも収載されており,インターネットでの検索も可能です。
詳細内容 68巻1号

丹羽正治先生のご逝去を悼む
日本臨床検査医学会 第37回臨床検査専門医認定試験実施要領(2020年度) 4
日本臨床検査医学会 第12回臨床検査管理医講習・認定試験実施要領(2020年度)8
■症例
 成虫によると思われる眼症状と末梢血液中にミクロフィラリアを検出したロア糸状虫症の一例 (繁冨明日香)17
■総説
 ICD-11の和訳における日本臨床検査医学会の貢献について (古田 耕)21
■第64回近畿支部例会
 シンポジウム:新たな臨床検査の可能性
 司会のことば (三枝 淳)28
 造血器腫瘍におけるMRD解析【抄録】 (丸岡隼人) 30
 薬剤耐性腸内細菌科細菌のゲノム解析【抄録】 (松村康史) 31
 新たなHDL機能指標としてのコレステロール取り込み能:その臨床性能と実用化に向けた測定法の開発【抄録】 (杜 隆嗣) 32
 特別講演
 がんゲノム医療の期待と不安【抄録】 (南 博信) 33
 私の目指す臨床検査医学研究【抄録】 (矢冨 裕) 34
■第51回東北支部総会
 特別講演
 ガングリオシドGM3分子種による生活習慣病・慢性炎症性疾患等の新規診断・治療法の開発 (狩野裕考) 35
 石戸谷賞受賞講演
 Nocardia属菌の迅速菌種同定法と薬剤感受性試験【抄録】 (大花 昇) 45
 シンポジウム:医療安全
 企画者のことば (高橋伸一郎)46
 消化器内科との連携によるリスクマネジメント~当院のHCV 抗体陽性患者の拾い上げ~(小堺利恵)48
 当院における採血室混雑緩和対策―優先採血の試みについて―【抄録】(行森良一)55 当院(生化免疫血清検査室)におけるパニック値報告の手順【抄録】(佐々木義和)56 当院のAST活動における多職種連携【抄録】(佐藤貴美)57
 抗菌薬適正使用支援チーム:AST活動の実践【抄録】(斎藤紀先)58
 抗菌薬適正使用支援チームにおける臨床微生物検査技師の役割【抄録】(中山麻美)59■資料
 令和元年12月より保険適用の新規保険収載検査項目の解説 60
■日本臨床検査医学会ニュース
 一般社団法人日本臨床検査医学会 臨時社員総会 議事録 62
雑誌番号 2802
出版社 克誠堂出版
出版時期 毎月10日
定期購読のお申込み 公式サイトでのご注文はこちら
定期購読紹介のサイトお越し頂きましてありがとうございます。こちらは商品詳細ページです。もっと見やすいように作りたいとは思っていますが現状のままです。リンク先はfujisanという雑誌の定期購読のサイトへのリンクとなっています。fujisanではたくさんの定期購読や年間購読、バックナンバー、最新刊を扱っています。1冊のみでも購入できるのでAmazonの代わりとして使うこともできます。クレジットカードも使えますよ。このように定期購読を薦めるためのサイトを作成しました。これからも更新して使いやすいサイトを目指していきたいと想います。それにしても雑誌の種類はすごいですね1万種類近くあるみたいです。そんなによく雑誌があるなと思いました。サイトを作っているととても専門的なものに出会うことがあり人間とはすごいものに興味を持つんだなとすごく人間とは何かと考えてしまいそうになります。雑誌はもうデジタル化の波が押し寄せてきて、またネットの力で本屋で雑誌が売れなくなってきています。最近は付録付きがほんとに増えましたね。ああすると売れるのでしょうね。デジタル本との違いはやっぱりそこですね。デジタルは印刷配送が要らない分安価で済みますが、サイトにお金を持っていかれてしまうという現状。雑誌の世界これからどうなるのでしょう。