旅行読売の定期購読・バックナンバー・最新号

旅行読売の定期購読・バックナンバー・最新号

の詳細を表示しています。バックナンバーがないものもあります。在庫状況は公式ページでご確認下さい。

旅行読売の詳細です。


旅行読売の定期購読 公式サイトへ
雑誌、冊子名 旅行読売
雑誌・冊子の内容 1966年(昭和41年)の創刊以来、徹底した現地取材主義と実用性の高い記事内容で、幅広い年齢層の読者から大きな信頼を得て、旅の専門誌のリーディングマガジンとしてゆるぎない地位を確保しております。人気の温泉情報をはじめ、ハイキング、イベントやニューオープンの施設、話題のスポットなど、旅の最新情報が満載!まさに「読んで楽しく、すぐに役立つ」旅の情報誌です。
詳細内容 【第一特集】 
いで湯と絶景 秋色もみじ宿

・谷底で湯けむり上げる八幡平最古の湯宿 
ふけのゆ(秋田、岩手・八幡平温泉郷蒸ノ湯温泉)

・湯船から自噴する白濁湯で秋の渓谷美を 
水戸屋旅館(福島・幕川温泉)

・ほのかな灯りで過ごす山の宿 
ランプの宿 三浦旅館(岩手・湯浜温泉)

・自然に包まれ、川底から湧く湯につかる 
星ヶ岡山荘(群馬・尻焼温泉)

・紅葉に染まる名峰を望む秘湯 
ニセコ五色温泉旅館(北海道・ニセコ五色温泉)

・北アルプス山麓の素朴ないで湯 
髙瀨舘(長野・葛温泉)

・ブナの森に包まれた白濁湯の宿 
燕ハイランドロッジ(新潟・燕温泉)

・合掌造り集落を露天風呂から望む 
白川郷の湯(岐阜・白川郷温泉)

・紅葉に染まる黒部川と北陸の山々 
OSAKEの宿 喜泉(富山・宇奈月温泉)

・吉野山「一目千本」の桜は紅葉も絶景 
湯元 宝の家(奈良・吉野山温泉)

・広大な敷地は秋の気配に包まれて 
こがね山荘(大分・八面山金色温泉)
 
<たびよみ編集部イチオシ!! 忘れられない思い出の紅葉>

<温泉宿のお得なクーポン>

ほか

【第2特集】 
駅からぶらぶら 小京都ひとり旅
 
・小京都マップ

・アンノン族が旅した山陰の小京都へ津和野(島根)
 
・コラム ディスカバー・ジャパンの時代
 
・郡上おどりと湧き水の町 郡上八幡(岐阜)
 
・幻の越美線をつなぐ旅 越前大野(福井)
 
・武家屋敷の黒板塀の家並み 角館(秋田)
 
・江戸の「粋」と京の「雅」が出合う蔵の街 栃木(栃木)


★★★みんなで選ぶ 駅弁総選挙!!★★★

 
■海外特集■
クロアチア アドリア海の真珠、旧市街囲む城壁

・あの歌この街 橋本克彦
「瀬戸の花嫁」(香川・小豆島、沖之島)

・旅する喫茶店
舘/北海道・浦臼町

・にっぽん銘菓紀行 
菓子舗榮太楼の「さなづら」/秋田市

・バリアフリーの温泉宿 
奥の院 ほてるとく川/栃木・日光温泉

・今日もドライブ日和 
朱色に染まるロマンチック街道、金精峠/日光・沼田〈栃木、群馬〉

・鉄道ファンが塗装体験
茨城・ひたちなか海浜鉄道

・駅舎のある風景
【妙見口駅/能勢電鉄妙見線】

・畠山健二の東京回顧録

・たびよみルーペ 
赤平市炭鉱遺産ガイダンス施設/北海道・赤平市

・城LOVE旅
三原城/広島

・駅弁今昔物 
語源の「ますのすし」〈富山〉

<たびよみ情報館>
・観光NEWS 列島たび前線
・旅の本と映画

・旅よみ俳壇

・旬感 旅だより 東北編

・ひらめき脳力クイズ
・おたより広場
 
・編集後記

ほか 
雑誌番号 2782
出版社 旅行読売出版
出版時期 毎月28日
定期購読のお申込み 公式サイトでのご注文はこちら
定期購読紹介のサイトお越し頂きましてありがとうございます。こちらは商品詳細ページです。もっと見やすいように作りたいとは思っていますが現状のままです。リンク先はfujisanという雑誌の定期購読のサイトへのリンクとなっています。fujisanではたくさんの定期購読や年間購読、バックナンバー、最新刊を扱っています。1冊のみでも購入できるのでAmazonの代わりとして使うこともできます。クレジットカードも使えますよ。このように定期購読を薦めるためのサイトを作成しました。これからも更新して使いやすいサイトを目指していきたいと想います。それにしても雑誌の種類はすごいですね1万種類近くあるみたいです。そんなによく雑誌があるなと思いました。サイトを作っているととても専門的なものに出会うことがあり人間とはすごいものに興味を持つんだなとすごく人間とは何かと考えてしまいそうになります。雑誌はもうデジタル化の波が押し寄せてきて、またネットの力で本屋で雑誌が売れなくなってきています。最近は付録付きがほんとに増えましたね。ああすると売れるのでしょうね。デジタル本との違いはやっぱりそこですね。デジタルは印刷配送が要らない分安価で済みますが、サイトにお金を持っていかれてしまうという現状。雑誌の世界これからどうなるのでしょう。