油空圧技術の定期購読・バックナンバー・最新号

油空圧技術の定期購読・バックナンバー・最新号

の詳細を表示しています。バックナンバーがないものもあります。在庫状況は公式ページでご確認下さい。

油空圧技術の詳細です。


油空圧技術の定期購読 公式サイトへ
雑誌、冊子名 油空圧技術
雑誌・冊子の内容 油圧技術と空気圧技術は、ともに流体のエネルギーを利用する動力伝達に関する技術です。油圧技術の本格的な導入は1950年以降で、この優れた生産性と経済性はあらゆる産業において注目され、その領域も広げてきました。空気圧技術は、経済性と機能性に優れた技術で、今日では生産ラインにおいて不可欠な技術であり、宇宙開発、海洋開発、医療、レジャー産業から工具まで幅広く利用されています。本誌は、この油圧・空気圧は勿論、電子技術、真空技術を含めた流体応用技術の専門誌として、実務面の解説、システムの設計、研究開発、機器の選定、メンテナンス、経済効率、技術資料等を提供します。対象読者は生産技術関係、設計者を中心に、開発、管理部門まで読者層の広がりがあり、30歳代を中心に安定した読者層を持っております
詳細内容 ■特集:平成におけるコンプレッサ
○〔巻頭言〕平成のコンプレッサと新時代への課題/東京電機大学/藤田壽憲
スクリューコンプレッサの普及や開発された省エネルギー技術など平成の30年間のエアコンプレッサの技術について振り返るとともに、次の時代にも技術的な進展を遂げるために必要と考えられる技術的課題について言及した。

○新しい時代を創るスマートエアソリューション/アトラスコプコ㈱/吉次優子
当社は1873年、スウェーデンのストックホルムに設立以来、今では世界180か国で事業を展開している。創業以来145年に渡って、サステイナブルな生産性を提供し続けている。当社は常に省エネをコンセプトとしてコンプレッサの製造販売を行ってきた。本稿では、当社が、2018年5月に発表した最大35%の省エネ効果を実現するZR90-160VSD+シリーズについて紹介する。

○平成30年間におけるケーザー社の製品開発事例/ケーザーコンプレッサー㈱/河合 仁
圧縮空気の費用を最小化することを主眼にコンプレッサーをはじめ、ドライヤ、フィルタ、台数制御盤といった周辺機器も開発している。予防診断に代表されるIoT技術を導入することで享受できるメリットを最大限に生かすため、圧縮空気販売というビジネスモデルや保守サービスの拡充も開発テーマとしている。

○完全回転バランス型シリンダー装置/㈲ケイ・アールアンドデイ/小松文人
レシプロ方式の空圧機器は低回転でも高い圧力が発生する事ができる利点は有るが最大の欠点は作動時の振動・騒音、が激しい上に電力消費効率も低いと言う点に有る、本稿で紹介した完全回転バランス型シリンダー装置はこれ等らの欠点を解消する事が可能と成る。

○新型KOBELIONシリーズと、クラウド監視サービスKobelink/㈱神戸製鋼所/黒田耕平
昨今の圧縮機開発においては「耐環境性」「省エネ性」「IoTクラウドサービス対応」等が重要なキーワードである。その中で、2018年2月より当社が世界戦略機として販売開始した油冷式汎用圧縮機「KOBELIONⅣ型」が如何なる進化を遂げたのか、本稿にて紹介する。

○圧縮空気清浄化機器の変遷および関連機器/㈱セイロアジアネット/岡 俊彦
過去30年の出来事の中で、誰もが一番に思い出すのが1990年初頭に起こった「バブル崩壊」であろう。本稿では、当社「圧縮空気清浄化機器」の変遷、その時代背景と新提案の「除湿ユニット搭載小型コンプレッサ」及び「空圧式振動発生機:エアバイブレータ」を紹介する。

○平成における三井精機コンプレッサ/三井精機工業㈱/深澤弘行
当社コンプレッサは平成初期から多いもので7回のモデルチェンジを行い、省エネ性、環境性を改善してきた。いかに効率が良く無駄な電力を省くと同時に産業廃棄物も少なく、地球環境保全に貢献するコンプレッサを紹介する。

○各社のコンプレッサ
アネスト岩田㈱/CKD㈱/東芝産業機器システム㈱/ベコテクノロジーズ㈱/㈱前田シェルサービス/オリオン機械㈱/東亜潜水機㈱/㈱フクハラ/北越工業㈱/㈱明治機械製作所

■インタビュー
○アルキメデスに恋して:第4回 ㈱コガネイ 宮崎 みどり氏/インタビュー・構成:㈱ハイダック/関戸麻紀子

■連載
○ゴルフパロディ百人一首(第7回)/北川楊篤

■H&P情報
○油空圧機器出荷統計
○建設機械出荷金額統計

■製品ガイド
○空気圧フィルタ
雑誌番号 2698
出版社 日本工業出版
出版時期 毎月1日
定期購読のお申込み 公式サイトでのご注文はこちら
定期購読紹介のサイトお越し頂きましてありがとうございます。こちらは商品詳細ページです。もっと見やすいように作りたいとは思っていますが現状のままです。リンク先はfujisanという雑誌の定期購読のサイトへのリンクとなっています。fujisanではたくさんの定期購読や年間購読、バックナンバー、最新刊を扱っています。1冊のみでも購入できるのでAmazonの代わりとして使うこともできます。クレジットカードも使えますよ。このように定期購読を薦めるためのサイトを作成しました。これからも更新して使いやすいサイトを目指していきたいと想います。それにしても雑誌の種類はすごいですね1万種類近くあるみたいです。そんなによく雑誌があるなと思いました。サイトを作っているととても専門的なものに出会うことがあり人間とはすごいものに興味を持つんだなとすごく人間とは何かと考えてしまいそうになります。雑誌はもうデジタル化の波が押し寄せてきて、またネットの力で本屋で雑誌が売れなくなってきています。最近は付録付きがほんとに増えましたね。ああすると売れるのでしょうね。デジタル本との違いはやっぱりそこですね。デジタルは印刷配送が要らない分安価で済みますが、サイトにお金を持っていかれてしまうという現状。雑誌の世界これからどうなるのでしょう。