本(ほん)の定期購読・バックナンバー・最新号

本(ほん)の定期購読・バックナンバー・最新号

本(ほん)の定期購読・バックナンバー・最新号

の詳細を表示しています。バックナンバーがないものもあります。在庫状況は公式ページでご確認下さい。

本(ほん)の詳細です。


本(ほん)の定期購読 公式サイトへ
雑誌、冊子名 本(ほん)
雑誌・冊子の内容 読書人のための月刊情報誌「本」。 講談社発行の新刊書籍のガイド、著者自身によるPRエッセイをはじめ、文学やアート、社会科学やサイエンス、スポーツに至るまで、幅広い話題を提供しています。ノンフィクション、学術のジャンルから文芸、科学、哲学・思想まで知的好奇心を縦横にかきたてる読み物が毎号満載。カルチャー最前線のエッセンスがぎっしり詰まっています。
詳細内容 ■巻頭
三戸政和:サラリーマンこそ経営すべし ”退職金の使い方”でベストセラー!
特別企画:熟練校閲者からの挑戦状 講談社校閲部
■新刊エッセイ
高橋源一郎:『今夜はひとりぼっちかい』(もしくは『日本文学盛衰史 戦後文学篇』の作られ方)
本谷有希子:なぜ毎度、二年空くのだろう
倉本一宏:戦乱は民衆にとって何だったのか
早島大祐:「大風呂敷」の理由
蒲生俊敬:深海にそびえ立つ海山と、超深海へ落ち込む海溝と
神田千里:「立ち帰り」キリシタンと潜伏キリシタン
千田嘉博:もっとかっこいい城好きに
■連載
斉藤斎藤:自由が丘 スキマ通信9
平田オリザ:未来の大学入試(2) 22世紀を見る君たちへ3
原 武史:四十年ぶりの夕張再訪 鉄道ひとつばなし272
池上 彰:企画書は、読み手の頭に映像が浮かぶように 伝える仕事6
中屋敷均:縄文人と弥生人 科学と非科学その間にあるもの9
水原紫苑:百人一首うたものがたり 9
青山拓央:それは、だれかのせいなのか 心と時間 その哲学と科学16
二宮清純:広島カープ「走る野球」の原点 古葉竹識回顧録① 新日本野球紀行160
大澤真幸:子を食う 社会性の起原57
滝口悠生:窓目クン、酔う 長い一日6
■表紙画
今日マチ子
■デザイン
緒方修一
雑誌番号 2451
出版社 講談社
出版時期 毎月25日
定期購読のお申込み 公式サイトでのご注文はこちら
定期購読紹介のサイトお越し頂きましてありがとうございます。こちらは商品詳細ページです。もっと見やすいように作りたいとは思っていますが現状のままです。リンク先はfujisanという雑誌の定期購読のサイトへのリンクとなっています。fujisanではたくさんの定期購読や年間購読、バックナンバー、最新刊を扱っています。1冊のみでも購入できるのでAmazonの代わりとして使うこともできます。クレジットカードも使えますよ。このように定期購読を薦めるためのサイトを作成しました。これからも更新して使いやすいサイトを目指していきたいと想います。それにしても雑誌の種類はすごいですね1万種類近くあるみたいです。そんなによく雑誌があるなと思いました。サイトを作っているととても専門的なものに出会うことがあり人間とはすごいものに興味を持つんだなとすごく人間とは何かと考えてしまいそうになります。雑誌はもうデジタル化の波が押し寄せてきて、またネットの力で本屋で雑誌が売れなくなってきています。最近は付録付きがほんとに増えましたね。ああすると売れるのでしょうね。デジタル本との違いはやっぱりそこですね。デジタルは印刷配送が要らない分安価で済みますが、サイトにお金を持っていかれてしまうという現状。雑誌の世界これからどうなるのでしょう。