訪問看護と介護の定期購読・バックナンバー・最新号

訪問看護と介護の定期購読・バックナンバー・最新号

の詳細を表示しています。バックナンバーがないものもあります。在庫状況は公式ページでご確認下さい。

訪問看護と介護の詳細です。


訪問看護と介護の定期購読 公式サイトへ
雑誌、冊子名 訪問看護と介護
雑誌・冊子の内容 「在宅」の時代に現場の視点を重視した情報を精選して紹介する、専門職による専門職のための専門誌。訪問看護や介護に携わるすべての方に。
詳細内容 ■特集 「面」で支える子どもの暮らし 看護職はいかに連携することができるのか■
「面」で支えることがなぜ必要なのか?(谷口 由紀子)
看護職は伴走者であり、支援の中心的な存在だ(米山 明)
□それぞれの暮らしの場の看護
(1)NICU(新生児集中治療室)の看護(原田 純子)
(2)訪問看護(田中 道子)
(3)特別支援学校および小・中学校の看護(勝田 仁美)
(4)児童発達支援の看護(熊田 明子)
(5)短期入所の看護(池畑 久美子)
□地域で「面」をつくる試み
(1)兵庫県姫路市で、医療的ケアの手技を統一する(宮田 広善)
(2)通所事業所看護管理者が中心となった仕組みづくり(大野 真如)
(3)日頃の問題意識から生まれたつながり(大久保 夏樹)
(4)空白地域へのサテライト開設で、子ども・家族に選択肢を(鈴木 郁子)
□「面」で支える看護職を育てる仕掛け
(1)医療機関と地域の看護職が知識共有を進めるには工夫が必要だ(谷口 由紀子)
(2)ケアの場、つながりづくりと人材育成を連動させて(石山 光枝)
(3)日本小児看護学会の「人材養成研修プログラム」(奈良間 美保)
「乳幼児の発達支援」から看護職の連携を思う(梶原 厚子)


□特集座談会
他職種は、どのような「看護職の連携」を期待しているか
 (津川 周一、丸箸 圭子、横田 信也、[司会]及川 郁子)


●在宅ケア もっとやさしく、もっと自由に!・108
『人生フルーツ』といわさきちひろ展 記憶がよみがえるとき(秋山 正子)

●認知症の人とその家族から学んだこと・17
日常性の世界を豊かにするケアのかたち・4(中島 紀惠子)

●どう読む!? 在宅医療・看護・介護政策・33
医師の働き方改革の議論を再開(社会保険旬報編集部)

●シンソツきらきら・21
意思決定支援は誰のため?(小瀬 文彰)
雑誌番号 2428
出版社 医学書院
出版時期 毎月15日
定期購読のお申込み 公式サイトでのご注文はこちら
定期購読紹介のサイトお越し頂きましてありがとうございます。こちらは商品詳細ページです。もっと見やすいように作りたいとは思っていますが現状のままです。リンク先はfujisanという雑誌の定期購読のサイトへのリンクとなっています。fujisanではたくさんの定期購読や年間購読、バックナンバー、最新刊を扱っています。1冊のみでも購入できるのでAmazonの代わりとして使うこともできます。クレジットカードも使えますよ。このように定期購読を薦めるためのサイトを作成しました。これからも更新して使いやすいサイトを目指していきたいと想います。それにしても雑誌の種類はすごいですね1万種類近くあるみたいです。そんなによく雑誌があるなと思いました。サイトを作っているととても専門的なものに出会うことがあり人間とはすごいものに興味を持つんだなとすごく人間とは何かと考えてしまいそうになります。雑誌はもうデジタル化の波が押し寄せてきて、またネットの力で本屋で雑誌が売れなくなってきています。最近は付録付きがほんとに増えましたね。ああすると売れるのでしょうね。デジタル本との違いはやっぱりそこですね。デジタルは印刷配送が要らない分安価で済みますが、サイトにお金を持っていかれてしまうという現状。雑誌の世界これからどうなるのでしょう。