FLY FISHER(フライフィッシャー)の定期購読・バックナンバー・最新号

FLY FISHER(フライフィッシャー)の定期購読・バックナンバー・最新号

の詳細を表示しています。バックナンバーがないものもあります。在庫状況は公式ページでご確認下さい。

FLY FISHER(フライフィッシャー)の詳細です。


FLY FISHER(フライフィッシャー)の定期購読 公式サイトへ
雑誌、冊子名 FLY FISHER(フライフィッシャー)
雑誌・冊子の内容 やすらぎが求められる今日、フライフィッシングは自然にローインパクトな付き合いのできる奥の深い趣味として多くの人々に支持されています。『FlyFisher』 は全国誌として、高い支持を得ているフライフィッシング専門誌です。最先端のテクニックはもちろん、目が覚めるような自然の一瞬の美を切り取った写真の数々が読者を魅了します。
詳細内容 CONTENTS

008 BACK CAST

014
開拓者を導く旗
津留崎 健=写真

024
最北の大河、天塩川
18フィートで求める至宝
西井堅二=文と写真

034
瀬戸際の渓魚たち…Special Topics 01
イワナたちが山を越えるとき
佐藤成史=文と写真

042
フィールドに合わせたダブルハンドの選び方
西井堅二=文と写真

046
Fish & Ride
シンプルさゆえの特別
山崎一宣=文

050
テイリングをねらうリーダーについて

053
名手を知る
渋谷直人=文と写真

056
下田郷をより楽しむための仕掛けづくり

060
特集
共鳴するウエットフライ
エキスパートが実践していること

061
実は魚に気づかれてないのでは?
同じポイントを繰り返し流して学んだスイングと縦のターンの違い
遠藤岳雄=解説

066
本流のライズフィッシングが変貌した
マッチング・ザ・ハッチの視点からウエットフライに開眼したきっかけ
カディスピューパというカギ
森村義博=解説

072
できるだけ魚の着き場に近づいて
スイングの釣りと直線的に流す釣りの両方を使い分ける
菅野施公詞=解説

078
ドライとウエット両方やって気づいたこと
ラインが受ける水の抵抗を軽減したら、フッキングが改善した
稲田秀彦=解説

083
スクールで学んでわかった
ドリフトからスイング中のウエットフライは合わせない
金子 新=解説

088
スイングで釣れる気がしません
魚の居場所を予測してフライ先行で送り込んでいく流し方で釣れるようになりました
井草宣一=解説

094
ウエットフライの釣りはスイングとナチュラルドリフトに分けて考える。
安田龍司=文

100
ライトラインと極小フライとナチュラルドリフトで広がる
渓流ウエットの可能性
田村大介=解説

106
「スイングの釣り」という考え方
仲野 靖=解説

108
最初はダウン&アクロスでやればいいんです
気楽なウエットの始め方。実釣とタイイング
工藤 淳=解説

116
いかにして日本へ伝播したか。その経緯をひも解く
ウエットフライはもともとどんな釣りだったのか。
鈴木俊一=解説

122
INFLUENCE
メル・クリーガーが残してくれたもの
ティム・レイジェフ/スティーブ・レイジェフ/ゲーリー・ボーガー/ブルース・リチャーズ/ファニー・クリーガー/東 知憲

138
【連載】オホーツク通信
Vol.13 
北海スパイダーもしくは北海バグ
当社ぶっちぎりベストセラー・ドライフライにまつわるエトセトラ。
備前 貢=文と写真

148
里見栄正
スタンダードを追求したひとつの到達点 
中根淳一=文、写真、イラスト

160
Snow Peak × Foxfire
「駅直結のフライショップ」オープン!

161 次号予告














雑誌番号 2306
出版社 つり人社
出版時期 1,4,7,10月の22日
定期購読のお申込み 公式サイトでのご注文はこちら
定期購読紹介のサイトお越し頂きましてありがとうございます。こちらは商品詳細ページです。もっと見やすいように作りたいとは思っていますが現状のままです。リンク先はfujisanという雑誌の定期購読のサイトへのリンクとなっています。fujisanではたくさんの定期購読や年間購読、バックナンバー、最新刊を扱っています。1冊のみでも購入できるのでAmazonの代わりとして使うこともできます。クレジットカードも使えますよ。このように定期購読を薦めるためのサイトを作成しました。これからも更新して使いやすいサイトを目指していきたいと想います。それにしても雑誌の種類はすごいですね1万種類近くあるみたいです。そんなによく雑誌があるなと思いました。サイトを作っているととても専門的なものに出会うことがあり人間とはすごいものに興味を持つんだなとすごく人間とは何かと考えてしまいそうになります。雑誌はもうデジタル化の波が押し寄せてきて、またネットの力で本屋で雑誌が売れなくなってきています。最近は付録付きがほんとに増えましたね。ああすると売れるのでしょうね。デジタル本との違いはやっぱりそこですね。デジタルは印刷配送が要らない分安価で済みますが、サイトにお金を持っていかれてしまうという現状。雑誌の世界これからどうなるのでしょう。