Newton(ニュートン)の定期購読・バックナンバー・最新号

Newton(ニュートン)の定期購読・バックナンバー・最新号

の詳細を表示しています。バックナンバーがないものもあります。在庫状況は公式ページでご確認下さい。

Newton(ニュートン)の詳細です。


Newton(ニュートン)の定期購読 公式サイトへ
雑誌、冊子名 Newton(ニュートン)
雑誌・冊子の内容 科学雑誌Newton(ニュートン)は1981年の創刊以来、多くの方々に御愛読いただいております。ページ全面に展開するスーパーイラストレーションや美しくダイナミックな写真の数々、そして第一線の研究者に取材した正確でわかりやすいレポートがNewton(ニュートン)の特長です。Newton(ニュートン)は国際的にも高い評価を得ており、台湾版、韓国版、イタリア版、スペイン版、中国版も刊行されています。IT革命によって、私たちの周辺のメディアは驚くべきスピードでデジタル化しはじめています。ニュートンプレスではNewton(ニュートン)の編集を通じて蓄積された膨大な情報をデータベース化し、ネットワークや多様なデジタルメディアを通じて発信していきます。
詳細内容 Newton Special

わかる! 役立つ!
統計と確率

監修 今野紀雄/松原 望
執筆 板倉 龍(編集部),山田久美,福田伊佐央(編集部)
データ社会といわれる現代。「統計と確率」こそ,今を生きるすべての人の必修科目だ。
数字の裏にある真実を見抜き,合理的な選択肢を選ぶための基礎知識を身につけよう。

PART 1 確率
確率1%の「スマホガチャ」。100回まわして全部はずれる確率は?
「20回に1回,全額返金」というキャンペーンに注目が集まる理由は?
私たちの日常にひそむ,確率論の興味深い性質と落とし穴を紹介。

PART 2 統計
私たちはとてつもない重さをもった空気の“底”に暮らしている。
目に見えないが大きな力をもつ気体や熱の性質を明らかにする。

PART 3 ベイズ統計
AI(人工知能)の隆盛で,いま脚光を浴びる「ベイズ統計」。
人間の思考に近い統計学といわれるベイズ統計の基礎となる
「ベイズの定理」と,応用例を解説。

FOCUS
Planetary Science
土星の環はあと1億年で消える?
協力 大槻圭史
執筆 中野太郎
Neuroscience
眠っていた記憶を,
薬を使って呼びさます
協力 野村 洋 
執筆 今井明子
Space Development
中国の無人探査機が
世界ではじめて月の裏側へ着陸
協力 佐伯和人 
執筆 前田 武

世界の絶景
ストラホフ修道院の図書館/ロックアイランド
編集部

Cosmic Wonder
月─人類の憧れた大地【試し読み】
最も身近な天体にひそむ未知の世界
協力 春山純一 
執筆 三ツ村崇志(編集部)

Topic
生命誕生の謎にせまる【試し読み】
はじまりの地は深海か? 陸の温泉か?
協力 高井 研/山岸明彦
執筆 福田大展(編集部)

Topic
かぜとインフルエンザの正しい知識【試し読み】
発症のしくみから,治療・予防法まで徹底解説
監修 岡部信彦
執筆 北原逸美

身近な"?"の科学
酵母
協力 大矢禎一
執筆 大嶋絵理奈

Basics of Science
氷河
協力 岩田修二/幸島司郎
執筆 小野寺佑紀

パズルなひととき
テトラ
執筆 山田力志

宇宙天体百科
おおぐま座M101
執筆 渡部潤一

from Miraikan
がん細胞からの
メッセージを“盗聴”せよ!
日本科学未来館
雑誌番号 1991
出版社 ニュートンプレス.
出版時期 毎月26日
定期購読のお申込み 公式サイトでのご注文はこちら
定期購読紹介のサイトお越し頂きましてありがとうございます。こちらは商品詳細ページです。もっと見やすいように作りたいとは思っていますが現状のままです。リンク先はfujisanという雑誌の定期購読のサイトへのリンクとなっています。fujisanではたくさんの定期購読や年間購読、バックナンバー、最新刊を扱っています。1冊のみでも購入できるのでAmazonの代わりとして使うこともできます。クレジットカードも使えますよ。このように定期購読を薦めるためのサイトを作成しました。これからも更新して使いやすいサイトを目指していきたいと想います。それにしても雑誌の種類はすごいですね1万種類近くあるみたいです。そんなによく雑誌があるなと思いました。サイトを作っているととても専門的なものに出会うことがあり人間とはすごいものに興味を持つんだなとすごく人間とは何かと考えてしまいそうになります。雑誌はもうデジタル化の波が押し寄せてきて、またネットの力で本屋で雑誌が売れなくなってきています。最近は付録付きがほんとに増えましたね。ああすると売れるのでしょうね。デジタル本との違いはやっぱりそこですね。デジタルは印刷配送が要らない分安価で済みますが、サイトにお金を持っていかれてしまうという現状。雑誌の世界これからどうなるのでしょう。