Newton(ニュートン)の定期購読・バックナンバー・最新号

Newton(ニュートン)の定期購読・バックナンバー・最新号

の詳細を表示しています。バックナンバーがないものもあります。在庫状況は公式ページでご確認下さい。

Newton(ニュートン)の詳細です。


Newton(ニュートン)の定期購読 公式サイトへ
雑誌、冊子名 Newton(ニュートン)
雑誌・冊子の内容 科学雑誌Newton(ニュートン)は1981年の創刊以来、多くの方々に御愛読いただいております。ページ全面に展開するスーパーイラストレーションや美しくダイナミックな写真の数々、そして第一線の研究者に取材した正確でわかりやすいレポートがNewton(ニュートン)の特長です。Newton(ニュートン)は国際的にも高い評価を得ており、台湾版、韓国版、イタリア版、スペイン版、中国版も刊行されています。IT革命によって、私たちの周辺のメディアは驚くべきスピードでデジタル化しはじめています。ニュートンプレスではNewton(ニュートン)の編集を通じて蓄積された膨大な情報をデータベース化し、ネットワークや多様なデジタルメディアを通じて発信していきます。
詳細内容 創刊450号 記念大特集
サピエンス

人類・文明・科学はどのように誕生し,そして発展してきたのか
Part1 人類の誕生
協力 篠田謙一
執筆 板倉 龍(編集部)
約700万年前に誕生した初期人類は,いかにしてサピエンスとなったのか。脳を増大させ,火と出会い,世界へと拡散するまでの壮大な道のりをたどる。

Part2 文明の芽生え
協力 門脇誠二/小泉龍人/池田 潤
執筆 福田伊佐央(編集部)
農耕の開始により,サピエンスは繁栄への第一歩をふみだした。信仰やお酒,都市や文字・数字など,現代文明につながる,さまざまな物事の起源にせまる。

Part3 科学の躍進
協力 有賀暢迪/國吉康夫/小林武彦/橋本毅彦
執筆 三ツ村崇志(編集部)
現代社会は,科学技術なくして語ることはできない。蒸気機関の発明から,人工知能の開発にいたるまで,科学はサピエンスに何をもたらしてきたのだろう。

資料編 
担当 福田大展(編集部)

FOCUS
Astronomy
太陽系外で巨大な“月”を発見!?
協力 成田憲保
執筆 尾崎太一
Space Exploration
ソユーズロケットが有人での打ち上げ失敗
協力 的川泰宣 
執筆 荒舩良孝
Biology
雄の遺伝情報をもつ細胞のみから
マウスが誕生
協力 河野友宏 
執筆 山田久美

世界の絶景
ボロブドゥール寺院/
エルタ・アレ火山の溶岩湖
編集部
 
Cosmic Wonder
カメラが写した宇宙の光【試し読み】
グリニッジ天文台天体写真コンテスト2018
協力 協力 藤井 旭
執筆 中野太郎

Nature View
キタキツネ【試し読み】
親子愛に満ちたキツネの姿
写真・文 久保敬親

トップランナー
新しい材料で革命に挑む【試し読み】
ディスプレイに超伝導,アンモニア合成と,次々に常識をくつがえす成果をあげた
協力 細野秀雄 
執筆 福田大展(編集部)

身近な"?"の科学
血糖値
協力 三五一憲
執筆 大嶋絵理奈

Basics of Science
地層
協力 成瀬 元
執筆 小野寺佑紀

from Miraikan
アルマ望遠鏡がとらえた!
星の進化と誕生
日本科学未来館

【新連載】パズルなひととき
ラッシュアワー
執筆 山田力志
雑誌番号 1991
出版社 ニュートンプレス.
出版時期 毎月26日
定期購読のお申込み 公式サイトでのご注文はこちら
定期購読紹介のサイトお越し頂きましてありがとうございます。こちらは商品詳細ページです。もっと見やすいように作りたいとは思っていますが現状のままです。リンク先はfujisanという雑誌の定期購読のサイトへのリンクとなっています。fujisanではたくさんの定期購読や年間購読、バックナンバー、最新刊を扱っています。1冊のみでも購入できるのでAmazonの代わりとして使うこともできます。クレジットカードも使えますよ。このように定期購読を薦めるためのサイトを作成しました。これからも更新して使いやすいサイトを目指していきたいと想います。それにしても雑誌の種類はすごいですね1万種類近くあるみたいです。そんなによく雑誌があるなと思いました。サイトを作っているととても専門的なものに出会うことがあり人間とはすごいものに興味を持つんだなとすごく人間とは何かと考えてしまいそうになります。雑誌はもうデジタル化の波が押し寄せてきて、またネットの力で本屋で雑誌が売れなくなってきています。最近は付録付きがほんとに増えましたね。ああすると売れるのでしょうね。デジタル本との違いはやっぱりそこですね。デジタルは印刷配送が要らない分安価で済みますが、サイトにお金を持っていかれてしまうという現状。雑誌の世界これからどうなるのでしょう。