愛犬の友の定期購読・バックナンバー・最新号

愛犬の友の定期購読・バックナンバー・最新号

愛犬の友の定期購読・バックナンバー・最新号

の詳細を表示しています。バックナンバーがないものもあります。在庫状況は公式ページでご確認下さい。

愛犬の友の詳細です。


愛犬の友の定期購読 公式サイトへ
雑誌、冊子名 愛犬の友
雑誌・冊子の内容 愛犬と豊かな時間を過ごしたい人のためのペット誌。毎号ひとつの犬種やトピックにスポットをあて、犬種の知識やしつけのコツなど、関連情報をわかりやすく丁寧に解説します。 また、遊びやおしゃれの情報はもちろん、海外事情や動物福祉、ドッグショーなどの、ちょっとマニアな最新情報も充実。創刊より65年、老舗だけれど新しい、長く飼い主の皆さんに支持し続けられてきた雑誌です。
詳細内容 【特集】ペキニーズ特集

個性が光るペキニーズグッズや、みんなのペキ生活、ペキニーズの哲学(歴史)と美学(理想の容姿)、暮らしのコツ、子犬育ての5か条、お手入れテクニック、ペキを目の病気から守るには?、全国のペキイベント紹介など盛りだくさんでお届けします。

ほか、今月号は日本最大規模のドッグショー「ジャパンインター」そして「四国インター」「近畿インター」のグループトップ以上の受賞犬を掲載。
お見逃しなく!

●愛ペキDIARY なにげない日常が、愛ペキと私の心地よい空間
●ペキニーズ グッズ特選
●「2ペキ×2ネコ」似たもの同士のまったりシェア生活
●ペキ飼いの あるある詰まった 「ぺキカルタ」 “愛あるネガキャン”に込めた思い
●人気ペキニーズ INSTAGRAM
●ペキニーズの哲学
・歴史
・他犬種とのかかわり
●ペキニーズの美学 ペキのボディの魅力を探る!
●ポイントはマイルド&ゆったり! ペキ生活のハッピー術
●Pekingese 子犬の時間
●ペキのパピーがおおらかに育つ5つの秘訣
●ペキニーズあるあるアンケート
●ビューティーアップ! 美活講座
●My Favorite Store! ペキニーズの看板犬がいるお店
●ペキニーズの目を守りたい! 危機回避マニュアル
・愛ペキの目を守るための必須ポイント
・遺伝的な要因で発症する病気
・眼球突出に要注意
●ペキ専門保護団体「ペキニーズ・レスキュー」全国に広がる活動の軌跡
●いろんなぺキ友に会いに行こう ペキニーズオフ会案内
●第13回わんOne day 集まれ!ペキニーズ <愛犬の友撮影会>

【連載】
●わん! ポイントカメラ塾 No.4
「自宅での正しいカメラの収納方法がわかりません!」
●アメリカのアニマル・レスキュー vol.15
「実はアメリカにもある子犬の生体販売ショップ」
●ドッグトレーナー中西がゆく!
「動物園ってすばらしい!」
●もっと犬と仲良くなるレッスン vol.5
「犬に大きな矢印、向けていませんか?」
●アンドリュー・ブレイスの世界犬探訪 vol.11
「ベテランクラスに真剣であれ。」

【その他】
●ペディグリーアワード授賞式
●Dog Show Report
FCIジャパンインターナショナルドッグショー2018
FCI四国インターナショナルドッグショー2018
FCI近畿インターナショナルドッグショー2018
●全国で開催されたドッグイベントをご紹介
アイリッシュ・セターとワイワイ1日楽しもう会
第6回ノーフォークミュージアム、ヨーキーフェス ほか
●トピックス ~これからオープンする施設や新商品の情報をお届け~
●読者プレゼント
●information 編集部からのお知らせ

ほか
雑誌番号 17
出版社 誠文堂新光社
出版時期 毎偶月25日
定期購読のお申込み 公式サイトでのご注文はこちら
定期購読紹介のサイトお越し頂きましてありがとうございます。こちらは商品詳細ページです。もっと見やすいように作りたいとは思っていますが現状のままです。リンク先はfujisanという雑誌の定期購読のサイトへのリンクとなっています。fujisanではたくさんの定期購読や年間購読、バックナンバー、最新刊を扱っています。1冊のみでも購入できるのでAmazonの代わりとして使うこともできます。クレジットカードも使えますよ。このように定期購読を薦めるためのサイトを作成しました。これからも更新して使いやすいサイトを目指していきたいと想います。それにしても雑誌の種類はすごいですね1万種類近くあるみたいです。そんなによく雑誌があるなと思いました。サイトを作っているととても専門的なものに出会うことがあり人間とはすごいものに興味を持つんだなとすごく人間とは何かと考えてしまいそうになります。雑誌はもうデジタル化の波が押し寄せてきて、またネットの力で本屋で雑誌が売れなくなってきています。最近は付録付きがほんとに増えましたね。ああすると売れるのでしょうね。デジタル本との違いはやっぱりそこですね。デジタルは印刷配送が要らない分安価で済みますが、サイトにお金を持っていかれてしまうという現状。雑誌の世界これからどうなるのでしょう。