地理の定期購読・バックナンバー・最新号

地理の定期購読・バックナンバー・最新号

地理の定期購読・バックナンバー・最新号

の詳細を表示しています。バックナンバーがないものもあります。在庫状況は公式ページでご確認下さい。

地理の詳細です。


地理の定期購読 公式サイトへ
雑誌、冊子名 地理
雑誌・冊子の内容 1956年の創刊以来、地理ひと筋。「歴史好き」に比べるとマイナーな、しかし心は熱い「地理好き」のための雑誌です。見本誌をご覧いただければわかるように、カラー頁も少なく、ビジュアルではありません。とはいえ、専門性を活かした特集記事や国内外の地域ルポ、教師のためのスキルアップ講座など、他誌ではなかなかお目にかかれない内容がいっぱい。日本各地の「地理好き」からの投稿も毎号掲載しています。
詳細内容 ★特集 北海道:暮らしと産業のいま
地方中枢都市・札幌の現状と課題 平澤亨輔
激変するニセコ地域のスキーリゾート 呉羽正昭
十勝地域における「大規模農業」の軌跡とこれから 吉田国光・渡辺悌二
北海道水産業の量的「衰退」と質的「向上」 篠原秀一
屯田兵村は「碁盤の目のような区画に散村」なのか
 -北海道開拓の集落地理をめぐって- 金森正郎
津波防災と自治体・住民の対応 橋本雄一

★新連載
パラオにみる「南洋」の過去と現在 1
 日本にとってのパラオと南洋 岡本耕平

★寄稿
ジオパークで「持続可能な地域づくり」を学ぶ
 ─地理オリンピック強化研修会 山本隆太・鈴木雄介・新名阿津子
日本の北を旅した人々-ラペルーズ 樺太を描く[前編] 岡本愛子
壱州豆腐の流通・消費と持続可能性 桂 貴洋・北尾夏海・小林直樹

★連載
鳥の目で地形や風景を見てみよう! 12
 草津白根山の2018 年1月23日噴火口 早川由紀夫
新シルクロード紀行 西域南道4000㎞の旅 8
 花土溝から若羌へ 中家惠二・今村遼平ほか
宇宙から見たユネスコ世界遺産 115
 コルドバの歴史地区 田中總太郎
占領期の高校入試の地理 6
 講和への道-独立回復後の課題 神林邦明
システムアプローチで考える地理教育 7
 関係構造図による比較地誌と熱帯雨林の縮小
 -東南アジア・アフリカの熱帯地域- 中村洋介
こうありたい「地理総合」-すべての高校生が学ぶ地理 8
 グローバル 五十嵐和也

★書架
『地層のきほん』(目代邦康・笹岡美穂著)青山雅史
『イランカラプテ アイヌ民族を知っていますか?』
 (秋辺日出男ほか著)荒井正剛
『トランスジェンダーと現代社会』(石井由香理著)荒又美陽
『ブータン』(熊谷誠慈編著) 筒井一伸
『災害史探訪 火山編』(伊藤和明著)中村洋介
『変貌する現代オーストラリアの都市社会』(堤純編著)山下亜紀郎
雑誌番号 1656
出版社 古今書院
出版時期 毎月25日
定期購読のお申込み 公式サイトでのご注文はこちら
定期購読紹介のサイトお越し頂きましてありがとうございます。こちらは商品詳細ページです。もっと見やすいように作りたいとは思っていますが現状のままです。リンク先はfujisanという雑誌の定期購読のサイトへのリンクとなっています。fujisanではたくさんの定期購読や年間購読、バックナンバー、最新刊を扱っています。1冊のみでも購入できるのでAmazonの代わりとして使うこともできます。クレジットカードも使えますよ。このように定期購読を薦めるためのサイトを作成しました。これからも更新して使いやすいサイトを目指していきたいと想います。それにしても雑誌の種類はすごいですね1万種類近くあるみたいです。そんなによく雑誌があるなと思いました。サイトを作っているととても専門的なものに出会うことがあり人間とはすごいものに興味を持つんだなとすごく人間とは何かと考えてしまいそうになります。雑誌はもうデジタル化の波が押し寄せてきて、またネットの力で本屋で雑誌が売れなくなってきています。最近は付録付きがほんとに増えましたね。ああすると売れるのでしょうね。デジタル本との違いはやっぱりそこですね。デジタルは印刷配送が要らない分安価で済みますが、サイトにお金を持っていかれてしまうという現状。雑誌の世界これからどうなるのでしょう。