旅と鉄道の定期購読・バックナンバー・最新号

旅と鉄道の定期購読・バックナンバー・最新号

旅と鉄道の定期購読・バックナンバー・最新号

の詳細を表示しています。バックナンバーがないものもあります。在庫状況は公式ページでご確認下さい。

旅と鉄道の詳細です。


旅と鉄道の定期購読 公式サイトへ
雑誌、冊子名 旅と鉄道
雑誌・冊子の内容 1971年創刊の伝説の“乗り鉄マガジン”「旅と鉄道」が2011年に復刊しました! 鉄道旅行の魅力と楽しみ方をご紹介するとともに、食、歴史、自然などなど旅の醍醐味を伝える記事を多数収録! 読者のみなさんの知的好奇心と冒険心をくすぐる充実の内容です。もちろん、プラン作成の参考になる情報も多数掲載するなど実用的情報も満載! さらに、四季折々の風景を走る珠玉の鉄道写真や希少性の高い鉄道資料も多数掲載! コアな鉄道ファンの方にもお楽しみ頂ける充実の内容です。
詳細内容 特集は 「夏の絶景鉄道100」。ルポでは海の絶景旅として山陰本線の旅に鉄旅タレントの木村裕子さんが挑みます。山の絶景を中央本線・大糸線の旅を紹介。また、鉄道カメラマン7人による、おすすめの絶景鉄道BEST10を一挙公開!  気になる絶景駅特集もあり、この夏の旅で、ぜひ楽しんでほしい絶景スポットが満載です。 新連載として、駅や線路端で見かけたかわいいネコたちの写真劇場「ねこ鉄」がスタートします。

巻頭ルポに鉄旅タレントの木村裕子さんが登場! 
海の絶景を探して、餘部、東浜、境港、東萩、仙崎へと旅をしつつ、おいしい沿線グルメも堪能する食べまくり!! 山陰本線完乗!? をめざす旅へと挑戦しています。車窓の絶景だけでなく、絶景レストラン、絶景の温泉宿、絶景の道路橋に、絶景の足湯、絶景遊覧船と、この夏の旅におすすめの絶景づくしの旅をお送りします。

山の絶景を探す旅は、中央本線と大糸線の旅へ
山の絶景ルポでは、南アルプスや八ヶ岳、北アルプスなど山並みを楽しむ旅と森林鉄道の旅へと案内しています。

鉄道カメラマン7人が選ぶ絶景、テーマ別「絶景Best10」を掲載!
プロの鉄道カメラマン7人にテーマ別の絶景路線ベスト10を選んでいただきました。合計で70もの絶景シーンを紹介しています。
●坪内政美×波打ち際すれすれ路線
●松尾 諭×どこまでも海、海、海海が続く海岸路線
●佐々倉 実×ふるさと富士を望む絶景路線
●長根広和×雄大な山並み路線
●牧野和人×渓谷美に迫る路線
●山﨑友也×日没前後の情景が素晴らしい極上路線

ユニークなオンリーワンの絶景駅も特集!
駅の達人! フォトライターの杉﨑行恭さんが選んだ「この夏行ってほしい絶景の駅」を特集。
●途方に暮れるほどなにもない駅
●火口から1.5㎞ 日本一火山に近い駅
●無人駅のホームから湖独り占め
●存在感ありすぎ巨大鉄管から列車登場
などのユニークな切り口で、そこにしかない絶景駅を特集しています。


新連載「ねこ鉄」スタート!
駅前や踏切などで見かけた、かわいいネコ達が登場する写真劇場「ねこ鉄」がスタートします。今後、続々と登場する、鉄道シーンで見つけたネコ達の愛敬あるショットにご期待ください。

目次
新連載 ネコと鉄道の風景 ねこ鉄

特集
車窓に感動! 夏の絶景鉄道100
絶景メソッド感動するほどの、車窓の絶景が見たいっ! 夏編 
海の絶景編 山陰本線、おいしい絶景旅
山の絶景編 中央本線、大糸線で山の絶景へ
鉄道カメラマンが選ぶ絶景Best10
日帰り絶景乗り継ぎ旅 
関東編 相模湾から東京湾へ絶景海の旅
関西編 高野山と六甲山を結ぶ絶景旅
この夏行ってほしい 絶景の駅
夏こそ行きたい絶景“秘境”列車の旅

連載
ぶらり気ままにカメラ紀行 なつかし特急と木造駅舎の富山地方鉄道
ひと目でわかる! JR観光列車運行カレンダー
ひと目でわかる! 私鉄・三セク観光列車運行カレンダー
世界の鉄道途中下車の旅18 ブルガリア国有鉄道
追憶の夜行列車 第七夜 急行玄海
「アニメ×鉄道」舞台めぐり最新トピックスVol.7 「ペンギン・ハイウェイ」「未来のミライ」
バイクで行く 廃駅・廃線めぐりVol.13 神岡鉄道
元祖鉄道アイドル木村裕子の食べるテツには福来たる! 第7食 直江津の巨大卵焼き
車内絵日記Vol.27 伊豆急行
タビテツSelection
イザベラ・バードの足跡を訪ねて 鉄道にっぽん奥地紀行 番外編バードは西へ
鉄道マンたちの青春劇場~電気機関車運転士編~ 第7回
懐かしの鉄道ワンシーン 21回
情報トレイン
私の好きなJRの終着駅(西日本編)ランキング

雑誌番号 1575
出版社 天夢人
出版時期 毎奇月21日
定期購読のお申込み 公式サイトでのご注文はこちら
定期購読紹介のサイトお越し頂きましてありがとうございます。こちらは商品詳細ページです。もっと見やすいように作りたいとは思っていますが現状のままです。リンク先はfujisanという雑誌の定期購読のサイトへのリンクとなっています。fujisanではたくさんの定期購読や年間購読、バックナンバー、最新刊を扱っています。1冊のみでも購入できるのでAmazonの代わりとして使うこともできます。クレジットカードも使えますよ。このように定期購読を薦めるためのサイトを作成しました。これからも更新して使いやすいサイトを目指していきたいと想います。それにしても雑誌の種類はすごいですね1万種類近くあるみたいです。そんなによく雑誌があるなと思いました。サイトを作っているととても専門的なものに出会うことがあり人間とはすごいものに興味を持つんだなとすごく人間とは何かと考えてしまいそうになります。雑誌はもうデジタル化の波が押し寄せてきて、またネットの力で本屋で雑誌が売れなくなってきています。最近は付録付きがほんとに増えましたね。ああすると売れるのでしょうね。デジタル本との違いはやっぱりそこですね。デジタルは印刷配送が要らない分安価で済みますが、サイトにお金を持っていかれてしまうという現状。雑誌の世界これからどうなるのでしょう。