人民中国の定期購読・バックナンバー・最新号

人民中国の定期購読・バックナンバー・最新号

の詳細を表示しています。バックナンバーがないものもあります。在庫状況は公式ページでご確認下さい。

人民中国の詳細です。


人民中国の定期購読 公式サイトへ
雑誌、冊子名 人民中国
雑誌・冊子の内容 「中国」のある一面を見ただけで、あなたは「中国」を判断していませんか?『人民中国』は「中国」をトータルに伝えます。中国は21世紀に入ってからもなお経済発展をつづけ、世界の工場・市場になりつつありますが、それだけが「中国」ではありません。中国は深く広く、最先端技術と4000年の伝統とが隣り合って内在しています。中国を一面だけでとらえることなく、トータルにみつめることが必要です。本誌では中国を幅広く捉えた情報を読者に伝えます。その内容は、例えば、13億の生活革命、家庭料理、ビジネスマンたちの夢、生きた中国語講座、中国のC-pop、歴史と旅、地理と遺跡、数多くの世界遺産、56の少数民族の人々、中国政府の正確な動向、雑誌・書籍などの文化情報、メディアの話題、日本への提言などなど。どれもが中国なのです。中国の現地スタッフたちが地の利を生かして中国各地を取材して得た、ほかでは見られない情報をお届けします。1953年の創刊以来、本誌は常に中国の「今」を伝えてきました。今後も、4000年を凝縮した中国の「今」を伝えていきます。
詳細内容 ■特別企画 特集 中部地方で進む中日交流
  PART1 ピンポン外交から続く友好
  PART2 春節祭で中国との距離縮め
  PART3 地方に熱い視線送る訪日客
  PART4 中国進出し世界へ事業展開
  PART5 学術交流で未来と人つくる

■時事・経済
  up-to-date NEWS
    習主席が新年あいさつ「素晴らしい未来のために努力する」
    習主席が安倍首相と会見、「発展のチャンス」強調
    習主席「香港・マカオと大陸部はますます繁栄」
    中日韓首脳会議で李総理「3カ国協力さらに強化」
    トピックス
    キーワード
    中日関係にひと言
  『習近平 国政運営を語る』を読み解く(中)  文:木村知義
    「一帯一路」提唱とこれからの世界
  チャイナ・パワーを読み解くPartⅡ  文:江原規由
    中米貿易摩擦緩和の兆し 子年のキーワードは「穏」
  中日経済のいま  文:陳言
    中日韓の協力深化が鍵 結束し「経済寒流」に立ち向かおう
  トップインタビュー 本間哲朗 パナソニック中国・北東アジア社社長
    組織改革で中国の速さ実現

■社会・民生
  弁護士が見る 時代と歩む中国法(14)  文:鮑栄振
    手続き簡素化で訴え容易に
  躍動と感動 13億人のものがたり  文・写真:秦斌
    海と宇宙つなぐ観測船で 激務果たし日常送る船員
  複眼で見る中国  文・写真提供:[刑β-リ]菲
    会いたくて千里も走る
  第二の人生は北京で 第2回  文・写真:馬場公彦
    海淀区の朝――庭園都市に暮らす
  report
    荒れ山からモデル樹林へ――内蒙古・旺業甸営林場の苦闘60年  文:周晨亮

■文化・観光
  ESSAY・ことばの散歩道(2)  文:劉徳有
    人気・職場・超うれしい「プレママ」
  美しい中国 重慶(下)
    三峽で漢詩の世界に浸る 三国の逸話伝わる白帝城
  「あの人」を語る 文:劉檸
    谷崎潤一郎 異国趣味への憧憬
  report
    漢字のルーツを伝える 甲骨文字発見120年  文:李霞、黄麗巍
  report
    遼寧で唐文化に再び出会う  文:莫倩 写真:段[山/威]

■インフォコーナー
  ノンフィクション漫画 第4回
    血と心 元日本人解放軍兵士・砂原恵の波乱万丈の人生
  対訳 世相小説
    停電真好 停電って素晴らしい
  節気と花:俳句の中国語訳
    立春 雨水
  新語ネット語
    我太難了 下沈市場 動態清零
  交流&イベント
  インフォボックス/中日ブックレビュー
  @japanわたしと中国  文:田頭尚大
    三毛猫の近所付き合い
  快楽学唱中文歌♪  孟群 森雅継
    阿冗『[イ尓]的答案』
VOICE・編集後記
〔とじ込みページ〕
  中国の切手 庚子の年
  グラフィティ by本誌社員
  読者アンケート
雑誌番号 1385
出版社 東方書店
出版時期 毎月10日
定期購読のお申込み 公式サイトでのご注文はこちら
定期購読紹介のサイトお越し頂きましてありがとうございます。こちらは商品詳細ページです。もっと見やすいように作りたいとは思っていますが現状のままです。リンク先はfujisanという雑誌の定期購読のサイトへのリンクとなっています。fujisanではたくさんの定期購読や年間購読、バックナンバー、最新刊を扱っています。1冊のみでも購入できるのでAmazonの代わりとして使うこともできます。クレジットカードも使えますよ。このように定期購読を薦めるためのサイトを作成しました。これからも更新して使いやすいサイトを目指していきたいと想います。それにしても雑誌の種類はすごいですね1万種類近くあるみたいです。そんなによく雑誌があるなと思いました。サイトを作っているととても専門的なものに出会うことがあり人間とはすごいものに興味を持つんだなとすごく人間とは何かと考えてしまいそうになります。雑誌はもうデジタル化の波が押し寄せてきて、またネットの力で本屋で雑誌が売れなくなってきています。最近は付録付きがほんとに増えましたね。ああすると売れるのでしょうね。デジタル本との違いはやっぱりそこですね。デジタルは印刷配送が要らない分安価で済みますが、サイトにお金を持っていかれてしまうという現状。雑誌の世界これからどうなるのでしょう。