人民中国の定期購読・バックナンバー・最新号

人民中国の定期購読・バックナンバー・最新号

の詳細を表示しています。バックナンバーがないものもあります。在庫状況は公式ページでご確認下さい。

人民中国の詳細です。


人民中国の定期購読 公式サイトへ
雑誌、冊子名 人民中国
雑誌・冊子の内容 「中国」のある一面を見ただけで、あなたは「中国」を判断していませんか?『人民中国』は「中国」をトータルに伝えます。中国は21世紀に入ってからもなお経済発展をつづけ、世界の工場・市場になりつつありますが、それだけが「中国」ではありません。中国は深く広く、最先端技術と4000年の伝統とが隣り合って内在しています。中国を一面だけでとらえることなく、トータルにみつめることが必要です。本誌では中国を幅広く捉えた情報を読者に伝えます。その内容は、例えば、13億の生活革命、家庭料理、ビジネスマンたちの夢、生きた中国語講座、中国のC-pop、歴史と旅、地理と遺跡、数多くの世界遺産、56の少数民族の人々、中国政府の正確な動向、雑誌・書籍などの文化情報、メディアの話題、日本への提言などなど。どれもが中国なのです。中国の現地スタッフたちが地の利を生かして中国各地を取材して得た、ほかでは見られない情報をお届けします。1953年の創刊以来、本誌は常に中国の「今」を伝えてきました。今後も、4000年を凝縮した中国の「今」を伝えていきます。
詳細内容 ■特別企画 特集 改革開放40年 成功の歩み 繁栄へ加速
  PART1 世界と共に未来築く輸入博
  PART2 深圳を変えた3分野の革新
  PART3 都市部で新生活送る遊牧民
  PART4 ブランドが地域経済けん引
  PART5 子ども服で豊かな生活実現
  PART6 40年間の変化を振り返って  文:劉徳有
  PART7 日本の協力が大きな支えに  文:張雲方
  PART8 さらなる発展に向けた提言  瀬口清之(談)

■時事・経済
  この人に聞く 鈴木英敬 三重県知事
    三重の特色生かし未来志向の交流を
  up-to-date NEWS
    習主席 民営企業座談会で重要演説/李総理 アジア・欧州の3カ国訪問
    第4回中日企業家および元政府高官対話/松山バレエ団が青島で「白毛女」公演
    第5回世界インターネット大会が開催/航空博で最新の宇宙船公開
    トピックス/キーワード/中日関係にひと言
  中国新時代(最終回) 中国が強国時代を開く基盤  文:胡鞍鋼、王洪川
  チャイナ・パワーを読み解くPartⅡ
    消費拡大と輸入促進に尽力 世界経済への貢献度高まる  文:江原規由
  中日経済のいま
    開放の深化で商機拡大 「ボアオ」から「輸入博」 一貫する主旋律  文:陳言

■社会・民生
  躍動と感動 13億人のものがたり
    ボクの職場は故宮です!――考古学の視点で修繕  文:蒋肖斌/写真:王丹丹
  report 山西省左権県 ソーラー発電で貧困脱却へ

■文化・観光
  秘話・中日交流体験談(最終回)
    小説『楼蘭』は未完結?  文:劉徳有
  美しい中国 迪慶
    三つの大河育む大銀嶺 高原民族 こころの理想郷
  report 追憶の長谷川テル 人、ドラマ、平和の尊さ
  report 伝統・創造・未来 中日の3人 響き合う作品
  時のひと▼芸術大家
    芸術創作で生活への回帰を目指す 油絵画家 遅群氏  文:王金晶

■インフォ・コーナー
  report 「悟空杯」中国国際漫画コンテスト2018が開幕
    ~手塚治虫氏を記念し、国際交流を推進~
  対訳 世相小説
    停在八楼的公共汽車 8階に停まったバス
  節気と花:俳句の中国語訳
    大雪 冬至
  新語ネット語
    顔値能打/錦鯉/外脳/合乘公交
  交流&イベント
  インフォボックス
  マンガキャラ 中国の諸民族
    シュイ族  イラスト・文:李昀
  快楽学唱中文歌♪ 毛不易『従無到有』  孟群、向田和弘

  VOICE・編集後記

〔とじ込みページ〕
  中国の切手 港珠澳大橋
  グラフィティ by 本誌社員
  読者アンケート

【特別付録】
  2019年カレンダー
  『人民中国』2018年度総目次
雑誌番号 1385
出版社 東方書店
出版時期 毎月10日
定期購読のお申込み 公式サイトでのご注文はこちら
定期購読紹介のサイトお越し頂きましてありがとうございます。こちらは商品詳細ページです。もっと見やすいように作りたいとは思っていますが現状のままです。リンク先はfujisanという雑誌の定期購読のサイトへのリンクとなっています。fujisanではたくさんの定期購読や年間購読、バックナンバー、最新刊を扱っています。1冊のみでも購入できるのでAmazonの代わりとして使うこともできます。クレジットカードも使えますよ。このように定期購読を薦めるためのサイトを作成しました。これからも更新して使いやすいサイトを目指していきたいと想います。それにしても雑誌の種類はすごいですね1万種類近くあるみたいです。そんなによく雑誌があるなと思いました。サイトを作っているととても専門的なものに出会うことがあり人間とはすごいものに興味を持つんだなとすごく人間とは何かと考えてしまいそうになります。雑誌はもうデジタル化の波が押し寄せてきて、またネットの力で本屋で雑誌が売れなくなってきています。最近は付録付きがほんとに増えましたね。ああすると売れるのでしょうね。デジタル本との違いはやっぱりそこですね。デジタルは印刷配送が要らない分安価で済みますが、サイトにお金を持っていかれてしまうという現状。雑誌の世界これからどうなるのでしょう。