人民中国の定期購読・バックナンバー・最新号

人民中国の定期購読・バックナンバー・最新号

の詳細を表示しています。バックナンバーがないものもあります。在庫状況は公式ページでご確認下さい。

人民中国の詳細です。


人民中国の定期購読 公式サイトへ
雑誌、冊子名 人民中国
雑誌・冊子の内容 「中国」のある一面を見ただけで、あなたは「中国」を判断していませんか?『人民中国』は「中国」をトータルに伝えます。中国は21世紀に入ってからもなお経済発展をつづけ、世界の工場・市場になりつつありますが、それだけが「中国」ではありません。中国は深く広く、最先端技術と4000年の伝統とが隣り合って内在しています。中国を一面だけでとらえることなく、トータルにみつめることが必要です。本誌では中国を幅広く捉えた情報を読者に伝えます。その内容は、例えば、13億の生活革命、家庭料理、ビジネスマンたちの夢、生きた中国語講座、中国のC-pop、歴史と旅、地理と遺跡、数多くの世界遺産、56の少数民族の人々、中国政府の正確な動向、雑誌・書籍などの文化情報、メディアの話題、日本への提言などなど。どれもが中国なのです。中国の現地スタッフたちが地の利を生かして中国各地を取材して得た、ほかでは見られない情報をお届けします。1953年の創刊以来、本誌は常に中国の「今」を伝えてきました。今後も、4000年を凝縮した中国の「今」を伝えていきます。
詳細内容 ■特別企画
■ Special Report 上半期経済は安定し良好  文:左琳

■特集 伸びる民営 強まる経済
  音声とAIで世界の先進  文:陳君
  「世界の工場」奮闘記  文:矯楓
  西部の小工場から世界企業へ  文:馬力
  産学協同で飛躍成長  文:馬慧園
  農民工から世界の女性富豪に  文:李媛
  新時代の民営企業の底力  文:陳言

■文化・観光
  ESSAY・楽しい異文化の旅(9)
    わび さび ものの哀れ  文:劉徳有
  美しい中国 赤峰
    笑顔あふれる草原の暮らし 玉龍輝く古代文明を訪ねて
  report 未来志向のPanda杯が新時代の中日友好の場をつくる
  report 私が見た中国の成長
  時のひと 芸術大家
    貧しい村から努力で大成 書道家 張文氏  文:王金晶

■社会・民生
  弁護士が見る 時代と歩む中国法(9)
    「皇帝の娘」も嫁ぎ先を心配  文:鮑栄振
  躍動と感動 13億人のものがたり
    日本のイチゴ栽培技術携え 中国農村を豊かにするため  文:朱新法
  report「東京-北京フォーラム」15年目に思う
    民間対話で両国関係あと押し 言論NPO理事長 工藤泰志

■時事・経済
  Scope 中日は実務協力を進めよう  中国社会科学院日本研究所所長  文:楊伯江
  up-to-date NEWS
    習総書記 内蒙古を視察「美しい中国を構築しよう」
    李総理が上海視察、さらなる改革開放を強調
    無人ソーラー機「墨子Ⅱ型」が初飛行
    世界最大の回転斜張橋が接合成功
    アジア初 李娜が国際テニス殿堂入り
    国産アニメ映画『[口那][口宅-ウ]』が大ヒット
    珍しい! 同日に双子パンダ2組が誕生
    トピックス
    キーワード
    中日関係にひと言
  チャイナ・パワーを読み解くPartⅡ
    「中国経済の国際化」から「世界経済の中国化」時代  文:江原規由
  中日経済のいま
    中日企業は提携拡大の好機 中米貿易戦争の陰で伸びる外資  文:陳言

■インフォコーナー
  対訳 世相小説
    手机来電 電話が来た
  節気と花:俳句の中国語訳
    白露 秋分
  新語ネット語
    文創産品 沈浸式 発好人[上/下-一] 云養猫
  交流&イベント
  インフォボックス
  @Japanわたしと中国
    「未知とものさし」  文:後藤翔
  快楽学唱中文歌♪  孟群 森雅継
    徐千雅『天耀中華』
  VOICE・編集後記

〔とじ込みページ〕
  中国の切手 [番β]陽湖
  グラフィティ by 本誌社員
  読者アンケート
雑誌番号 1385
出版社 東方書店
出版時期 毎月10日
定期購読のお申込み 公式サイトでのご注文はこちら
定期購読紹介のサイトお越し頂きましてありがとうございます。こちらは商品詳細ページです。もっと見やすいように作りたいとは思っていますが現状のままです。リンク先はfujisanという雑誌の定期購読のサイトへのリンクとなっています。fujisanではたくさんの定期購読や年間購読、バックナンバー、最新刊を扱っています。1冊のみでも購入できるのでAmazonの代わりとして使うこともできます。クレジットカードも使えますよ。このように定期購読を薦めるためのサイトを作成しました。これからも更新して使いやすいサイトを目指していきたいと想います。それにしても雑誌の種類はすごいですね1万種類近くあるみたいです。そんなによく雑誌があるなと思いました。サイトを作っているととても専門的なものに出会うことがあり人間とはすごいものに興味を持つんだなとすごく人間とは何かと考えてしまいそうになります。雑誌はもうデジタル化の波が押し寄せてきて、またネットの力で本屋で雑誌が売れなくなってきています。最近は付録付きがほんとに増えましたね。ああすると売れるのでしょうね。デジタル本との違いはやっぱりそこですね。デジタルは印刷配送が要らない分安価で済みますが、サイトにお金を持っていかれてしまうという現状。雑誌の世界これからどうなるのでしょう。