GT-R Magazine(GTRマガジン)の定期購読・バックナンバー・最新号

GT-R Magazine(GTRマガジン)の定期購読・バックナンバー・最新号

の詳細を表示しています。バックナンバーがないものもあります。在庫状況は公式ページでご確認下さい。

GT-R Magazine(GTRマガジン)の詳細です。


GT-R Magazine(GTRマガジン)の定期購読 公式サイトへ
雑誌、冊子名 GT-R Magazine(GTRマガジン)
雑誌・冊子の内容 スカイラインGT-Rのためだけに存在する究極のクラスマガジンです。GT-Rオーナー&オーナー予備軍、レースファン、スカイラインオーナー、そして日産車ユーザーに向けて様々な情報を提供。チューニング、モータースポーツ、日常のメンテナンス、中古車、新製品などダイレクトな話題から、GT-Rを軸とした音楽や模型などの趣味を含めたライフスタイルマガジンとしても機能します。
詳細内容 昨今の第2世代GT-R(R32/R33/R34)の中古車相場の異常な値上がりや、純正部品の製廃&価格高騰などの影響もあり、これまでよりもGT-Rを大事にするオーナーが増えています。もう二度と新車では手に入らないクルマだけに、「温存」したくなる気持ちもよくわかります。しかし、GT-Rというクルマは「走る」ことを最優先に考えて生まれた希代の名車です。車庫にしまっておくだけではなく、たまには愛車と一緒に長距離ドライブに出掛けたいものです。
今号の巻頭特集は、「Rと共に走る」というタイトルで、本誌スタッフカーのR32 V-specⅡ/R34 V-specⅡ Nur/R35を連れ出し、編集部員とプロカメラマンのコンビでロングツーリングを敢行しました。ただ目的地まで移動するだけではなく、一般道/高速道路/ワインディングなど、その道中で存分にGT-Rと対話し、全国各地の美しい景色とRを写真に収める。それが今回の特集のテーマです。
本誌153号では「Rと共に生きる」という特集をお届けしましたが、今回の巻頭はその第2弾企画でもあります。まだまだコロナ禍で大変な状況が続きますが、GT-Rが傍らにいれば幸せになれる。最愛の相棒と最高の思い出を作りましょう!

【主な内容】
●名機RB26DETTを作る日産工機の現在・過去・未来
●「R’s Meeting 2020 愛車撮影会SPL」開催告知
●HKS RB26 2.8L HIGH RESPONSE 公道初試乗
●AUTOBACS SUPER GT 2020 2年ぶりのGT-Rの勝利に歓喜
●BCNR33生誕25周年記念 闘いの記憶
●平成チューニング 調律の系譜
雑誌番号 1286
出版社 交通タイムス社
出版時期 毎偶月1日
定期購読のお申込み 公式サイトでのご注文はこちら
定期購読紹介のサイトお越し頂きましてありがとうございます。こちらは商品詳細ページです。もっと見やすいように作りたいとは思っていますが現状のままです。リンク先はfujisanという雑誌の定期購読のサイトへのリンクとなっています。fujisanではたくさんの定期購読や年間購読、バックナンバー、最新刊を扱っています。1冊のみでも購入できるのでAmazonの代わりとして使うこともできます。クレジットカードも使えますよ。このように定期購読を薦めるためのサイトを作成しました。これからも更新して使いやすいサイトを目指していきたいと想います。それにしても雑誌の種類はすごいですね1万種類近くあるみたいです。そんなによく雑誌があるなと思いました。サイトを作っているととても専門的なものに出会うことがあり人間とはすごいものに興味を持つんだなとすごく人間とは何かと考えてしまいそうになります。雑誌はもうデジタル化の波が押し寄せてきて、またネットの力で本屋で雑誌が売れなくなってきています。最近は付録付きがほんとに増えましたね。ああすると売れるのでしょうね。デジタル本との違いはやっぱりそこですね。デジタルは印刷配送が要らない分安価で済みますが、サイトにお金を持っていかれてしまうという現状。雑誌の世界これからどうなるのでしょう。