FLY Magazine(フライマガジン)の定期購読・バックナンバー・最新号

FLY Magazine(フライマガジン)の定期購読・バックナンバー・最新号

FLY Magazine(フライマガジン)の定期購読・バックナンバー・最新号

の詳細を表示しています。バックナンバーがないものもあります。在庫状況は公式ページでご確認下さい。

FLY Magazine(フライマガジン)の詳細です。


FLY Magazine(フライマガジン)の定期購読 公式サイトへ
雑誌、冊子名 FLY Magazine(フライマガジン)
雑誌・冊子の内容 圧倒的なビジュアルと斬新な切り口でシーンから高い評価を得ている「ABOVE MAGAZINE」のクルーが手がける、全く新しいバスケットボールメディア「FLY(フライ)」。人気プレーヤーのエクスクルーシブなインタビューや、バスケットボールと関わりが深いスニーカーカルチャーのストーリーなど、バスケットボールの魅力が詰まった格好良いモーメントを追い続けていきます。バスケットボールが競技だけではなく文化として根付き、スポーツの枠にとらわれず限界を越えてさらに空高く飛び上がるように。あなたのライフスタイルを充実させるバスケットボールカルチャーを思う存分発信していきます。
詳細内容 圧倒的なビジュアルと斬新な切り口でシーンから高い評価を得ている全く新しいバスケットボールメディア
FLY Magazine Issue 06。今号では2年目のシーズンを終えたB.LEAGUE CHAMPIONSHIP 2017-18を大特集。
FLY初となるB.LEAGUE選手のカバーが目印 ! 今シーズンのベスト5、比江島慎、田中大貴、富樫勇樹、
金丸晃輔、ニック・ファジーカスと新人賞の馬場雄大が登場 ! !

Issue 06 Features
B.LEAGUE CHAMPIONSHIP 2017-18
レギュラーシーズンでの直接対決では、A 東京が千葉に4勝2敗と勝ち越している。
しかし、ファイナルと同様に1試合で勝ち抜けを決める天皇杯を千葉は2年連続で
優勝するなど、一発勝負に抜群の強さを見せ てきた。それゆえに、千葉優位を
予想する声も大きかった。

しかし、ファイナルの展開は大方の予想とは異なる大差での幕切れとなった。
ファイナルで使用された新品のボール。チャンピオンシップの準決勝までとは異なる、
1試合で勝敗を決めるシステム。さまざまな要因が絡み合ったことで、両チームの
明暗を分けることになった。その背景にあったものは、何だったのか。そして、
新王者アルバルク東京はどんな未来への野望を抱いているのだろうか。

NBA PLAYOFFS 2017-18
ファイナルは4年連続で同じカードとなり、一見すると予定調和の結末となった
2017-18シーズンのNBA。しかし、ウォリアーズ、キャバリアーズ(以下、キャブス)が
カンファレンス・ファイナルでそれぞれ先に王手をかけられたのをはじめ、多くの波乱が
存在した。最終的には底力を見せつける形で頂点に立ったウォリアーズは“ダイナスティ(王朝)"を
開始したのか。今季も 優勝回数を増やせなかったレブロン・ジェームズは再び移籍の道を歩むのか。
惜しくもファイナルに届かなかったセルティックス、ロケッツはこれからどこに向かうのか。
その他、今季のポストシーズンに生まれた様々なドラマとハイライトをここで振り返っていきたい。

3x3 TIMES
オリンピックで3x3がお披露目されるまで、あと2年。世界中が注目する舞台を目指して、
戦いに熱が帯びる。男女ともに出場国は未定であるが、国際大会での勢力図は、その顔ぶれを
予感させるものだ。一方で、日本はようやく代表強化に本腰が入り、 そのべースとなる
国内シーンへ5on5のプロフェッショナルたちが参戦を加速。次世代が台頭する兆しも見せはじめてきた。
レベル高き環境こそが、この競技の将来を形作る。
雑誌番号 1281697673
出版社 トランスワールドジャパン
出版時期 1,4,7,10月の7日
定期購読のお申込み 公式サイトでのご注文はこちら
定期購読紹介のサイトお越し頂きましてありがとうございます。こちらは商品詳細ページです。もっと見やすいように作りたいとは思っていますが現状のままです。リンク先はfujisanという雑誌の定期購読のサイトへのリンクとなっています。fujisanではたくさんの定期購読や年間購読、バックナンバー、最新刊を扱っています。1冊のみでも購入できるのでAmazonの代わりとして使うこともできます。クレジットカードも使えますよ。このように定期購読を薦めるためのサイトを作成しました。これからも更新して使いやすいサイトを目指していきたいと想います。それにしても雑誌の種類はすごいですね1万種類近くあるみたいです。そんなによく雑誌があるなと思いました。サイトを作っているととても専門的なものに出会うことがあり人間とはすごいものに興味を持つんだなとすごく人間とは何かと考えてしまいそうになります。雑誌はもうデジタル化の波が押し寄せてきて、またネットの力で本屋で雑誌が売れなくなってきています。最近は付録付きがほんとに増えましたね。ああすると売れるのでしょうね。デジタル本との違いはやっぱりそこですね。デジタルは印刷配送が要らない分安価で済みますが、サイトにお金を持っていかれてしまうという現状。雑誌の世界これからどうなるのでしょう。