建築仕上技術の定期購読・バックナンバー・最新号

建築仕上技術の定期購読・バックナンバー・最新号

の詳細を表示しています。バックナンバーがないものもあります。在庫状況は公式ページでご確認下さい。

建築仕上技術の詳細です。


建築仕上技術の定期購読 公式サイトへ
雑誌、冊子名 建築仕上技術
雑誌・冊子の内容 壁、屋根、床・・・建築物のあらゆる部位を保護し、そして飾る「建築仕上材」とその施工、さらには周辺の情報まで、独自の切り口で紹介する専門雑誌。ホームページでは読み取れない、オリジナルの記事が豊富です。話題の機能性塗料・塗材、工法などの技術レポートを中心に、具体的な施工事例報告も随時掲載。また、毎月のニュース記事や、「優良経営専門工事業者経営健全度ランキング」など、業界の動向を紹介する企画も好評です。
詳細内容 ●特別企画/複合ビルの居ながら耐震・省エネ改修事例詳細報告

東都ビル リニューアル工事報告
~店舗・事務所・住宅・複合ビルの居ながら耐震改修、省エネ改修
=URD・建築再生総合設計協同組合((有)共同設計・五月社一級建築士事務所 三木剛、三木哲・(有)第一構造 朴永周・ミナミ設備設計 小木戸正)、まち建築企画設計サークレット 太田剛寛


●コンパス
覚悟
=古賀 一八(元 福岡大学工学部建築学科教授)

●トピックス
・仕上塗材生産回復傾向。「通年での底打ちに期待」
 ~第53回通常総会で藤井会長
 /日本建築仕上材工業会

・第60回定時総会を神戸で盛大に開催
 ~今後見据え「事業総点検の検討も」と北原会長
 /日本塗装工業会

・創立70周年式典を開催
 ~「自覚と誇りを後継に引き継ぐ」と海老名理事長
 日本塗料商業組合

・日左連、第82回定時総会(近畿ブロック京都大会)を開催
 ~しっくい普及推進プロジェクト始動!中屋敷氏が講演

・東左連が「左官伝統工法を見る講習会」を開催
 ~植田俊彦氏(総合建築植田・親方)が5職人の仕事を解説

・毛利訓士・関西ペイント社長が新会長に就任
 ~遮熱塗料、重防食水性塗料普及など重点項目に
 /日本塗料工業会

・早川ゴム(株)が創業100周年記念式典を挙行
 ~“温故挑戦”をモットーに更なる躍進を誓う

●連載
・建築仕上技術のトレンドを読む「水道配水用ポリエチレン管路の100年寿命」
 =奈良利男((有)奈良研究所 代表・1級建築士)

・建築仕上げニュース「セメントの話(4)―セメントを正しく知ろう―」
 =小俣一夫(NPO法人 湿式仕上技術センター 顧問/日本建築仕上材工業会 顧問)

・コーヒーブレイク「紅茶とわたし」
 =工藤矩弘(工博・技術士)

・私のはんせい記「耐震改修 その3~耐震化に向けた組織内の闘い」
 =三木哲(建築家)

・地方創生つれづれ紀行「町ごと近代化産業遺産― 秋田県小坂町(その2)」
 =佐藤竜一(岩手大学講師)

・感性アップ・ダウン「ミレーの描いた作品群はパリ万国博覧会で大好評」
 =中路則生((株)中路デザイン制作室 代表)

●情報
・インフォメーション(新製品紹介)
・建築仕上オムニバス(ニュース)
・窯業・建材統計確報
・建築着工統計
・業界ウェブサイト探訪
・関東圏における景気動向
・近畿地域における景気動向
・設計価格試料(塗膜防水材・FRP防水材・トーチ工法・シート防水材)
・最近の建築仕上関連特許抄録
・BOOK&DATA
・神田川
・広告索引
雑誌番号 1281683695
出版社 工文社
出版時期 毎月15日
定期購読のお申込み 公式サイトでのご注文はこちら
定期購読紹介のサイトお越し頂きましてありがとうございます。こちらは商品詳細ページです。もっと見やすいように作りたいとは思っていますが現状のままです。リンク先はfujisanという雑誌の定期購読のサイトへのリンクとなっています。fujisanではたくさんの定期購読や年間購読、バックナンバー、最新刊を扱っています。1冊のみでも購入できるのでAmazonの代わりとして使うこともできます。クレジットカードも使えますよ。このように定期購読を薦めるためのサイトを作成しました。これからも更新して使いやすいサイトを目指していきたいと想います。それにしても雑誌の種類はすごいですね1万種類近くあるみたいです。そんなによく雑誌があるなと思いました。サイトを作っているととても専門的なものに出会うことがあり人間とはすごいものに興味を持つんだなとすごく人間とは何かと考えてしまいそうになります。雑誌はもうデジタル化の波が押し寄せてきて、またネットの力で本屋で雑誌が売れなくなってきています。最近は付録付きがほんとに増えましたね。ああすると売れるのでしょうね。デジタル本との違いはやっぱりそこですね。デジタルは印刷配送が要らない分安価で済みますが、サイトにお金を持っていかれてしまうという現状。雑誌の世界これからどうなるのでしょう。