WWD BEAUTYの定期購読・バックナンバー・最新号

WWD BEAUTYの定期購読・バックナンバー・最新号

WWD BEAUTYの定期購読・バックナンバー・最新号

の詳細を表示しています。バックナンバーがないものもあります。在庫状況は公式ページでご確認下さい。

WWD BEAUTYの詳細です。


WWD BEAUTYの定期購読 公式サイトへ
雑誌、冊子名 WWD BEAUTY
雑誌・冊子の内容 ファッション週刊紙「WWDジャパン」の姉妹版となるビューティ週刊紙「WWDビューティ」。パリ、ミラノ、ニューヨーク・コレクションの最新ヘア&メイク・トレンドに加え、ファッション・トレンドも網羅。まさに今、美容業界でその必要性がますます高まっている“トータル・ビューティ”を提案していきます。また、百貨店の化粧品ブランドを中心としたコスメ情報から、プロフェッショナル用ヘアブランドを含めたヘアサロンの最新情報まで、今、ビューティ業界に何が起こっているのかが、手に取るようにわかります。“美”に携わる企業のトップから百貨店の化粧品カウンターのビューティーアドバイザーやサロンの美容師まで、“ビューティのプロ”に欠かせない週刊誌です。
詳細内容 「WWDビューティ」8月16日号では、2018-19年秋冬のカラー、ベースメイクを特集します。表紙と中面には日本でも人気の韓国ガールズグループBLACKPINKが登場。撮り下ろした彼女たちのメイクに注目です。全体のトレンドとしては一時の艶肌ブームが終息し、よりリアルな肌作りへとシフトしているベースメイクは艶っぽすぎず、マットすぎず、潤いに満ちた“究極の素肌感”を実現するセミマットのファンデーションが豊作。また手軽さや使い勝手の良さが特徴のクッションファンデの人気は継続中です。
 口元は、インクのような鮮やかな発色と付け心地の良さを実現したマットリップ、少し艶を残したセミマットなリップに注目。一見すると春夏のカラーと見間違えるほどカラフルなアイメイクや、秋冬の定番ともいえるダークカラー、目元・口元・指先と全方位的に取り入れられるパープルを、ランウェイのバックステージトレンドと共に紹介します。
 ニュース面では、ナチュラルなボリュームがありながら、しっかりカールすることで印象的な目元に仕上げてくれる注目のマスカラ、エスティ・ローダー(Estee Lauder)の孫娘、エアリン・ローダー(Aerin Lauder)が手掛ける香水「エアリン(AERIN)」、グローバルアンバサダーに女子フィギュアスケーターのアリーナ・ザギトワ(Alina Zagitova)選手を起用した「SHISEIDO」を取り上げます。
 いずれも中国を主としたアジアの需要拡大に乗り、利益増となった国内大手3社の2018年1~6月期決算を解説するほか、コスメブランド「ジルスチュアート(JILLSTUART)」から派生したライフスタイル提案ブランド「フローラノーティス ジルスチュアート(Flora Notis JILLSTUART)」、東京・原宿にコンセプトショップ「ポール&ジョーキャットストリート」をオープンさせた「ポール&ジョー ボーテ(PAUL & JOE BEAUTE)」の取材リポートもお伝えします。
 ちふれホールディングスのグループ会社である光未来が9月1日に発売する藤原紀香をミューズに迎えた新ブランド「ヒカリミライ(HIKARIMIRAI)」、10月23日にエイジングケアの「オルビスユー(ORBIS U)」シリーズをリニューアルするオルビス(ORBIS)、8月8日にリニューアルオープンし、「ピエール・エルメ・パリ(PIERRE HERME PARIS)」とコラボしたカフェを併設するロクシタン渋谷店にも注目です。
雑誌番号 1281682256
出版社 INFASパブリケーションズ
出版時期 第1木曜日
定期購読のお申込み 公式サイトでのご注文はこちら
定期購読紹介のサイトお越し頂きましてありがとうございます。こちらは商品詳細ページです。もっと見やすいように作りたいとは思っていますが現状のままです。リンク先はfujisanという雑誌の定期購読のサイトへのリンクとなっています。fujisanではたくさんの定期購読や年間購読、バックナンバー、最新刊を扱っています。1冊のみでも購入できるのでAmazonの代わりとして使うこともできます。クレジットカードも使えますよ。このように定期購読を薦めるためのサイトを作成しました。これからも更新して使いやすいサイトを目指していきたいと想います。それにしても雑誌の種類はすごいですね1万種類近くあるみたいです。そんなによく雑誌があるなと思いました。サイトを作っているととても専門的なものに出会うことがあり人間とはすごいものに興味を持つんだなとすごく人間とは何かと考えてしまいそうになります。雑誌はもうデジタル化の波が押し寄せてきて、またネットの力で本屋で雑誌が売れなくなってきています。最近は付録付きがほんとに増えましたね。ああすると売れるのでしょうね。デジタル本との違いはやっぱりそこですね。デジタルは印刷配送が要らない分安価で済みますが、サイトにお金を持っていかれてしまうという現状。雑誌の世界これからどうなるのでしょう。