日経Automotiveの定期購読・バックナンバー・最新号

日経Automotiveの定期購読・バックナンバー・最新号

の詳細を表示しています。バックナンバーがないものもあります。在庫状況は公式ページでご確認下さい。

日経Automotiveの詳細です。


日経Automotiveの定期購読 公式サイトへ
雑誌、冊子名 日経Automotive
雑誌・冊子の内容 近年、安全・環境問題に対する規制の強化や,カーエレクトロニクス技術の発展,グローバル化によるコスト競争の激化などを背景に,自動車技術は大きな転換期を迎えています。こうした情報ニーズに応えるため,月刊誌と毎日Web上で発信するニュースサイトで最新の技術情報を提供してまいります。 最新技術トレンドの分析・予測をますます強化。自動車産業に変革をもたらす3大メガトレンド「市場シフト」「電動・電子化」「モジュール化」を的確に捉え,先手を打つための自動車技術情報をよりタイムリーにお届けします。 自動車技術の明日を読むために。日経Automotiveをぜひご活用ください。◆2015年1月発売号より雑誌名が『日経Automotive Technology』から『日経Automotive』に変わりました。
詳細内容 ▲2018年10月号 no.103 9月11日発行


■Close-up

●日産リーフに脆弱性 電動ブレーキの機能停止(005p)


■VOICE

●CR-V復活は 「ヴェゼルでは物足りない」 から(007p)


■Automotive Report

●電動車は終わる、テスラへの影響大 米燃費規制緩和の衝撃(016p)
●エンジンに大排気量化の新潮流 スバルとスズキが燃費改善(018p)
●新燃費試験のWLTP CO2排出量が大幅増と試算(021p)
●米国が仕掛ける関税引き上げ 完成車1台で66万円のコスト増(022p)
●EV用電池に選択肢拡大の兆し 新構造や新負極で従来品と差異化(024p)
●全固体電池へのSi負極適用に道筋 NIMS、ナノ多孔構造で寿命改善(026p)
●高耐熱キャパシターで補助電源 EPSが高負荷 ・ 電源故障時も作動(028p)
●自動ブレーキ用CMOSカメラ 2020年代初めに800万画素へ(030p)
●ヤマハ発動機のダンパー ボディー剛性感を減衰で高める(032p)
●燃費 ・ 排ガス検査で不適切行為 スズキは49.9%、マツダは3.8%(036p)


■Cover Story チーフエンジニアの葛藤

●チーフエンジニアの葛藤 7人の勇士から見えた三つの課題(042p)
●時代の変化に対応できるか(044p)
●カローラ(トヨタ自動車) ディーゼルを使わない決断(046p)
●N-BOX(ホンダ) 競合車を超える軽量化に挑む(049p)
●クロスビー(スズキ) 「大きいハスラー」 にはしない(052p)
●CX-3(マツダ) トップダウンの意思決定を改める(055p)
●エクリプスクロス(三菱自動車) 不正を乗り越えて開発を指揮(058p)
●インプレッサ(スバル) エンジニアを信じられない(061p)
●ミライース(ダイハツ工業) 過度な燃費競争に終止符(064p)


■Features

●部品を3~6割軽くする樹脂化技術の最前線(068p)


■European Report

●Daimlerの主力モデル 「Cクラス」 最量販車に48V簡易HEVを初適用(076p)


■Disassembly Report

●トヨタ 「レクサスLS」 /テーラードブランクで静粛性確保(078p)


■連載講座 環境規制と計測法

●排出ガス計測の世界標準法 希釈して質量を測れる不思議(082p)


■連載講座 自動車技術者のためのAI入門

●センサーで集めた情報などを基に教師データを効率的に作成(086p)


■連載講座 パワートレーンメカニズム

●駆動モーターの中に変速機を収容 操作機構は要らない(090p)


■News Digest

●起亜が電気自動車 「Niro EV」 を発売、2018年末には欧州でも(093p)


■Market Watch

● 「N-BOX」 が11カ月連続首位、トップ3は軽自動車 「カローラ」 「ヴィッツ」 、安全機能の強化で販売増(096p)


■読者から

●(104p)


■編集室から

●(105p)


■Key Person

●中山 雅 Nakayama Masashi マツダ 商品本部主査 兼 デザイン本部チーフデザイナー本質を守ろうと思ったら、やっぱり変えなければならないところもある(106p)
雑誌番号 1281682075
出版社 日経BP社
出版時期 毎月11日
定期購読のお申込み 公式サイトでのご注文はこちら
定期購読紹介のサイトお越し頂きましてありがとうございます。こちらは商品詳細ページです。もっと見やすいように作りたいとは思っていますが現状のままです。リンク先はfujisanという雑誌の定期購読のサイトへのリンクとなっています。fujisanではたくさんの定期購読や年間購読、バックナンバー、最新刊を扱っています。1冊のみでも購入できるのでAmazonの代わりとして使うこともできます。クレジットカードも使えますよ。このように定期購読を薦めるためのサイトを作成しました。これからも更新して使いやすいサイトを目指していきたいと想います。それにしても雑誌の種類はすごいですね1万種類近くあるみたいです。そんなによく雑誌があるなと思いました。サイトを作っているととても専門的なものに出会うことがあり人間とはすごいものに興味を持つんだなとすごく人間とは何かと考えてしまいそうになります。雑誌はもうデジタル化の波が押し寄せてきて、またネットの力で本屋で雑誌が売れなくなってきています。最近は付録付きがほんとに増えましたね。ああすると売れるのでしょうね。デジタル本との違いはやっぱりそこですね。デジタルは印刷配送が要らない分安価で済みますが、サイトにお金を持っていかれてしまうという現状。雑誌の世界これからどうなるのでしょう。