多聴多読マガジンの定期購読・バックナンバー・最新号

多聴多読マガジンの定期購読・バックナンバー・最新号

多聴多読マガジンの定期購読・バックナンバー・最新号

の詳細を表示しています。バックナンバーがないものもあります。在庫状況は公式ページでご確認下さい。

多聴多読マガジンの詳細です。


多聴多読マガジンの定期購読 公式サイトへ
雑誌、冊子名 多聴多読マガジン
雑誌・冊子の内容 ■「多聴」と「多読」が2本柱!■英語がなかなか身につかない理由のひとつに、日ごろから英語に触れる量が少ないということが挙げられるのではないでしょうか。本誌では、「たくさん聞いて」「たくさん読んで」「たくさん口を動かす」という語学学習の王道に沿って、誰でも挫折をせずに継続できる方法、理にかなったより効果の出やすい方法を、学習素材とともに提供。「多聴」といってもただ聞くのではなく、シャドーイングという同時通訳の訓練法によって、口を動かしながらリスニング力やスピーキング力を同時に高めるトレーニングを学びます。■レベル別おすすめ洋書5冊を朗読CD付きで掲載■「多読」では、非常にやさしい絵本からはじめて、段階的にレベルを上げていく「100万語多読」の効果が注目されています。本誌には、レベルの違う5つの洋書が掲載されていますので、初めて英語の本に触れる人でも、自分が快適に読めるレベルの本に出会えます。付録のCDに収録された音声を使えば、音声を流しながら聞き読みをしたり、シャドーイングをしたりと、自分に合った学習が可能です。
詳細内容 ★本誌をご購入いただくと、スマホ、タブレット、PC対応の音声付き電子版が無料でお読みいただけます。

●特集は、「英語で学ぶ! 世界の料理」
英語を学びながら、なにかを楽しもうという人たちから注目されている「英語の料理教室」。場所や日程、目的に合わせて検索できるサイトも登場しています。そこで、調理器具、食材、調理に関する英単語から、各国の食にまつわる洋書、人気料理番組、世界の英語レシピ、料理教室体験レポートまで、カラフルな写真とともにお届けします。
知っておきたい料理の英単語や英会話フレーズ解説を担当するのは、中村学園大学短期大学部食物栄養学科の津田晶子准教授。外国人に和食の作り方を説明するときにも役立ちます。

●やさしい洋書を読み、CDの朗読音声を聞く「快読快聴ライブラリ」
[1] We’re All Wonders
映画化もされたベストセラー児童書『Wonder』の絵本版(邦題『みんな、ワンダー』)から、最初の6ページ分を掲載。
[2] Desert Animals
砂漠ではどんな動物が、どのように生息しているのかを説明するノンフィクション。ネイティブの小学1年生レベルの英語で書かれています。
[Extra] Confectionary from Europe
おもにヨーロッパのお菓子から特にインスタ映えしそうなカラフルなものを選び、その歴史などを紹介します。
[3] Robin Hood
イギリス中世の伝説的英雄『ロビンフッド』を中高生レベルの英語でリライトしたリーダー。第4章までを美しいカラー挿絵もそのままに掲載。
[4] The Presentation
「プレゼンテーション」のスキルが学べるビジネスリーダー。はじめてプレゼンを担当することになった新入社員が、コーチ役の先輩社員から厳しい指摘をビシビシ受けて成長する、ストーリー仕立てです。

●特別記事[VIP VOICE]
(1) トランプ大統領 「米朝会談演説」
(2) ヘンリー王子 「祝賀イベントのスピーチ」
(3) アン・ハサウェイ、ミンディ・カリング 「映画『オーシャンズ8』について」

【映画スターインタビュー】
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』主演のオールデン・エアエンライクが、ハン・ソロ役に抜擢され、ハリソン・フォードにどんなに励まされたかなどを語ります。音声付き。

【スピーチ】
アリババグループの創業者、ジャック・マーが2018年のダボス会議でおこなったスピーチから。恵まれた生い立ちではなかった自身が、どのように人生で勝負してきたかを語ります。音声付き。
雑誌番号 1281681831
出版社 コスモピア
出版時期 毎奇月6日
定期購読のお申込み 公式サイトでのご注文はこちら
定期購読紹介のサイトお越し頂きましてありがとうございます。こちらは商品詳細ページです。もっと見やすいように作りたいとは思っていますが現状のままです。リンク先はfujisanという雑誌の定期購読のサイトへのリンクとなっています。fujisanではたくさんの定期購読や年間購読、バックナンバー、最新刊を扱っています。1冊のみでも購入できるのでAmazonの代わりとして使うこともできます。クレジットカードも使えますよ。このように定期購読を薦めるためのサイトを作成しました。これからも更新して使いやすいサイトを目指していきたいと想います。それにしても雑誌の種類はすごいですね1万種類近くあるみたいです。そんなによく雑誌があるなと思いました。サイトを作っているととても専門的なものに出会うことがあり人間とはすごいものに興味を持つんだなとすごく人間とは何かと考えてしまいそうになります。雑誌はもうデジタル化の波が押し寄せてきて、またネットの力で本屋で雑誌が売れなくなってきています。最近は付録付きがほんとに増えましたね。ああすると売れるのでしょうね。デジタル本との違いはやっぱりそこですね。デジタルは印刷配送が要らない分安価で済みますが、サイトにお金を持っていかれてしまうという現状。雑誌の世界これからどうなるのでしょう。