The Flute (ザフルート)の定期購読・バックナンバー・最新号

The Flute (ザフルート)の定期購読・バックナンバー・最新号

の詳細を表示しています。バックナンバーがないものもあります。在庫状況は公式ページでご確認下さい。

The Flute (ザフルート)の詳細です。


The Flute (ザフルート)の定期購読 公式サイトへ
雑誌、冊子名 The Flute (ザフルート)
雑誌・冊子の内容 全国のフルート愛好家、初級者や独学者から音大生や全国の指導者、専門家2万人に親しまれる唯一のフルート専門雑誌・レッスン上達情報誌。ザ・フルートはあなたの充実したフルートライフを支えていきます。 ザ・フルート別冊シリーズは毎回様々なアンサンブルを特集、選曲、名プレイヤーによるアナリーゼ楽譜と模範演奏+カラオケCDが大好評!
詳細内容 About it|商品解説
表紙は、東京交響楽団のフルートセクションの皆さん。メンバー同士、そして他セクションともとても良好な関係を築いている4人――甲藤さちさん、相澤政宏さん、高野成之さん、濱崎麻里子さん。全員そろってのインタビューでも和気あいあい、いろんなエピソードが次々に飛び出すサービス精神を発揮していただきました。
今号では、特集も含めてオーケストラにクローズアップした内容をお送りします。リハーサルやゲネプロを経てコンサート本番を迎えるまでの流れ、そこでプロたちがいかに音楽を作り上げていくか。バックステージに編集部が密着、オーケストラ奏者という仕事に迫ります!

今年で活動終了から35年を迎えたカーペンターズを取り上げる特別企画は、前回に引き続き後編です。掲載楽譜『Yesterday Once More』にまつわる逸話や、演奏アドバイス・楽曲解説なども掲載。定期会員になると入手できる模範演奏&カラオケ伴奏音源(10月下旬リリース予定)とも連動しますので、そちらもお楽しみに!
楽譜は星野源『アイデア』が登場! NHKの朝ドラ「半分、青い。」が終了し、“ロス”に陥っている人もいるかもしれません。伴奏なしのデュエットバージョンなので、フルート仲間と、または自分で片方のパートを録音して合わせることもできますよ♪ ほか“ペールギュントの『朝』”やドヴォルザーク『家路』など、特集と連動したオーケストラ名旋律の楽譜(演奏アドバイス付き)も収載しています。

ほか、新連載の『アレクサンダー・テクニークですっきり!フルート』は、フルーティストでアレクサンダー・テクニーク教師でもある大熊克実さんによる、動画連動企画です。誌面と動画、ダブルでご活用ください。




 
Cover Story
「指揮者と共に作曲家の世界観を実現させる」 
東京交響楽団 フルートセクション
終戦翌年の1946年に設立された歴史あるオーケストラ、東京交響楽団。現在はミューザ川崎シンフォニーホールを拠点に、リハーサルから演奏会までを行なっている。フルートセクションは4人。12月に行なわれる定期演奏会では、首席奏者の甲藤さちさんがソリストを務める。多忙なスケジュールの合間に、4人揃ってのインタビューをお願いした。
 
 
特集
 VIVA! オーケストラ
◆華麗なる!知られざる? オーケストラの世界
密着!舞台裏におじゃまします/対談 首席奏者✕マエストロ
◆アマチュアオーケストラをたずねて
Column 世界のオーケストラから
◆吹いてみたい!憧れのオケサウンド


 
特別企画
活動終了から35年 カーペンターズを味わう ―後編―
 
 
特別連載
テオバルト・ベームの子孫からの伝言
⟨第6回 フルーティストとしてのキャリア⟩ 岩下智子
 

Special Interview
ペーター=ルーカス・グラーフ
“「正しくはない」けれど「悪くはない」” 自由で柔軟な考えと、音楽への感動と
この夏に開催されたマスタークラスやコンサート出演のために来日したグラーフ氏。御年89歳、その年齢を感じさせない佇まいは、驚異的ですらある。本誌で「録ってもデュエッツ」を連載中の齋藤寛さんが、今回インタビュアを務めた。かつて師事していた敬愛する師へのインタビューは、齋藤さんにとっても忘れられない出来事になったという。


 
Close-up
東京フルートアンサンブルアカデミー
フルートオーケストラの“あけぼの”に
今年創設45周年を迎えた、東京フルートアンサンブル・アカデミー。
1974年、武蔵野音楽大学フルート科で教鞭をとっていた、播博、植村泰一、斎藤賀雄、佐伯隆夫、佐野悦郎、青木明の各氏が、共通の友人であった野口龍氏ほか仲間や門下生などとともに立ち上げたフルートオーケストラだ。まだ日本ではフルートオーケストラという存在があまり知られていなかった時代からの活動、作曲家であり盟友でもあった廣瀬量平との交流――この11月にメモリアルコンサートを行なうメンバーたちを代表して、播博氏と青木明氏に話を聞いた。



アンドレアス・アリン(ロイヤル・ストックホルム・フィルハーモニー管弦楽団首席奏者)
ソノリテに夢中になった少年時代
日本とスウェーデンの外交関係樹立150周年を記念して開催されたコンサートのため、ロイヤル・ストックホルム・フィルハーモニー管弦楽団が来日。『運命』『巨人』『第九』といった壮大なシンフォニーがプログラムされ、またピアノ協奏曲『皇帝』では、ピアニスト・辻井伸行との共演も実現した。コンサート直前に訪ねた首席奏者のアンドレアス・アリンさんに、オーケストラでの活動を中心に話を聞いた。
 
 
Pick-up
伊藤優里
コンクールの結果は意識せず、目標とする演奏に近づけるように
今年8月に行なわれた、日本管打楽器コンクールのフルート部門で優勝した伊藤優里さん。東京藝術大学を卒業後、ソロやアンサンブルなどの分野で活発にコンサート活動をしながら、様々なコンクールにも挑戦を続けている。ふんわりとしたイメージながら芯の強さを持つ新星――そんな彼女に話を聞いた。



連載

【新連載】
アレクサンダー・テクニークで すっきり!フルート 大熊克実
日常生活全般に使える、アレクサンダー・テクニーク。フルートの練習や演奏についての悩み解消にも役立ちます!

新・国産フルート物語 THE FLUTE編集部
日本のフルートとそれを創り支えてきた人々の足跡を記すべく紡ぐ、新たな“フルート物語”





録ってもデュエッツ 齋藤寛
スタジオジブリの曲をテーマに、セルフレコーディングしながら上手になる、ユニークなレッスン法を伝授します
第1回課題曲『ハトと少年』

 
キホンの手前!~いつまでも上達し続けたい人のための~ 古川仁美

フルートのレッスンに関する読者からの質問に答え、掘り下げる!「今さらこんなこと聞いていいの?」
という質問こそ、大歓迎です
 
 
 
全国のフルートアンサンブル紹介
アンサンブルにおじゃまします!

全国のフルートアンサンブルが、毎号登場します! フルートアンサンブルに所属する皆さんからのご応募も、お待ちしています!
 
 
動画でレッスン
名曲をもっと素敵に  Series04  
『リベルタンゴ』PART3
講師:深澤美香(島村楽器イオンモール日の出店 フルートインストラクター)
 
 
>

リレーエッセイ|奥本華菜子

あらためて自分に言い聞かせる、大切なこと
“今日からできる、おすすめキソレン” リレーエッセイに登場した奏者が、とっておきの基礎練習法やウォーミングアップ術をそっと教えます!
 
 
笛吹き漫遊紀行| 西川浩平
悠久なる笛の音・龍笛は超現代だ!
 
 
>

さかはし矢波のつれづれ放送局| さかはし矢波
必要は発明の母!?、知らぬはオヤジばかりなり、重大インシデントだったけど……
 
 
 
Score
『アイデア』(2Fl)
星野源歌
『Yesterday Once More』(Flソロ)
カーペンターズ歌


『ペール・ギュント 第1組曲「朝」』(Flソロ)
グリーグ作曲 


『交響曲第9番「新世界より」第2楽章
『家路』(Flソロ)
ドヴォルザーク作曲




雑誌番号 1281681031
出版社 アルソ出版
出版時期 毎偶月10日
定期購読のお申込み 公式サイトでのご注文はこちら
定期購読紹介のサイトお越し頂きましてありがとうございます。こちらは商品詳細ページです。もっと見やすいように作りたいとは思っていますが現状のままです。リンク先はfujisanという雑誌の定期購読のサイトへのリンクとなっています。fujisanではたくさんの定期購読や年間購読、バックナンバー、最新刊を扱っています。1冊のみでも購入できるのでAmazonの代わりとして使うこともできます。クレジットカードも使えますよ。このように定期購読を薦めるためのサイトを作成しました。これからも更新して使いやすいサイトを目指していきたいと想います。それにしても雑誌の種類はすごいですね1万種類近くあるみたいです。そんなによく雑誌があるなと思いました。サイトを作っているととても専門的なものに出会うことがあり人間とはすごいものに興味を持つんだなとすごく人間とは何かと考えてしまいそうになります。雑誌はもうデジタル化の波が押し寄せてきて、またネットの力で本屋で雑誌が売れなくなってきています。最近は付録付きがほんとに増えましたね。ああすると売れるのでしょうね。デジタル本との違いはやっぱりそこですね。デジタルは印刷配送が要らない分安価で済みますが、サイトにお金を持っていかれてしまうという現状。雑誌の世界これからどうなるのでしょう。