The Flute (ザフルート)の定期購読・バックナンバー・最新号

The Flute (ザフルート)の定期購読・バックナンバー・最新号

の詳細を表示しています。バックナンバーがないものもあります。在庫状況は公式ページでご確認下さい。

The Flute (ザフルート)の詳細です。


The Flute (ザフルート)の定期購読 公式サイトへ
雑誌、冊子名 The Flute (ザフルート)
雑誌・冊子の内容 全国のフルート愛好家、初級者や独学者から音大生や全国の指導者、専門家2万人に親しまれる唯一のフルート専門雑誌・レッスン上達情報誌。ザ・フルートはあなたの充実したフルートライフを支えていきます。 ザ・フルート別冊シリーズは毎回様々なアンサンブルを特集、選曲、名プレイヤーによるアナリーゼ楽譜と模範演奏+カラオケCDが大好評!
詳細内容 [カバーストーリー]

高木綾子
凛とした美しさの中に気さくな素顔も覗かせる彼女が語ってくれた話は、後進の女性たちにとって大いに参考になるだろう。各方面から注目される、女性として・演奏家としてのあり方や生き方とは――?


[特集]
“いまから”“いまだから”
吹奏楽コンクール

◆知りたい…いまやること、考えること
大熊克実
◆ちょっと待って!その練習
久保田裕美/日野真奈美
◆吹奏楽練習ノート“マーチ編” 
山元康生
◇コラム
知っ得!?吹奏楽


[特別企画]
音楽祭の楽しみ方


[特別連載]
テオバルト・ベームの子孫からの伝言
第4回 フルート製作者ベームとその周辺の人々
―その2―岩下智子


[Close-up]

ガスパール・ホヨス
外へ出よ、音楽を届けよう
ハープ奏者でデュオのパートナーでもある東海林悦子さんとともに、リサイタルを行なった東京公演の当日。リハーサル直前の楽屋にお邪魔した。


ヤン・デ・ヴィンネ
奏者の意志が音楽をつくる
トラヴェルソ奏者であり、パリ国立高等音楽院やブリュッセル王立音楽院の教授を務める傍ら、楽器製作も手がけるヤン・デ・ヴィンネ氏。
トラヴェルソにまつわるあれこれ、そして弟子であり盟友でもある日本人奏者・柴田俊幸さんとの交流などについてお話を聞いた。


[連載]
日常のことばで考える
フルートが10倍楽しくなるトリセツ 中西文子
今回のテーマは「指トレ!」について


キホンの手前!~いつまでも上達し続けたい人のための~ 古川仁美
フルートのレッスンに関する読者からの質問に答え、掘り下げる!「今さらこんなこと聞いていいの?」という質問こそ、大歓迎です


ビギナーだってJAZZは吹ける!【最終回】 松村拓海
~THE FLUTE ONLINEレッスン動画連動企画~
むしろ“ビギナーだからJAZZが吹ける!”
ジャズフルート奏者・松村拓海による、超初心者向けJAZZレッスン


全国のフルートアンサンブル紹介
アンサンブルにおじゃまします!全国のフルートアンサンブルが、毎号登場します!フルートアンサンブルに所属する皆さんからのご応募も、お待ちしています!


動画でレッスン
名曲をもっと素敵に Series04 『リベルタンゴ』PART1
講師:深澤美香(島村楽器イオンモール日の出店 フルートインストラクター)


第52回 リレーエッセイ|森川公美
“特殊なポジション”に感じる、楽しさとやり甲斐
“今日からできる、おすすめキソレン”リレーエッセイに登場した奏者が、とっておきの基礎練習法やウォーミングアップ術をそっと教えます!


笛吹き漫遊紀行| 西川浩平

第88回 さかはし矢波のつれづれ放送局| さかはし矢波



[Score]

『リベルタンゴ』(Flパート譜)
「動画でレッスン 名曲をもっと素敵に」コーナー連動
『エンターテイナー』(2Fl)
S.ジョプリン作曲
『メドレー! 宝島&OMENS OF LOVE』(4Fl)
和泉宏隆作曲
雑誌番号 1281681031
出版社 アルソ出版
出版時期 1,2,4,6,7,8,10,12月の10日
定期購読のお申込み 公式サイトでのご注文はこちら
定期購読紹介のサイトお越し頂きましてありがとうございます。こちらは商品詳細ページです。もっと見やすいように作りたいとは思っていますが現状のままです。リンク先はfujisanという雑誌の定期購読のサイトへのリンクとなっています。fujisanではたくさんの定期購読や年間購読、バックナンバー、最新刊を扱っています。1冊のみでも購入できるのでAmazonの代わりとして使うこともできます。クレジットカードも使えますよ。このように定期購読を薦めるためのサイトを作成しました。これからも更新して使いやすいサイトを目指していきたいと想います。それにしても雑誌の種類はすごいですね1万種類近くあるみたいです。そんなによく雑誌があるなと思いました。サイトを作っているととても専門的なものに出会うことがあり人間とはすごいものに興味を持つんだなとすごく人間とは何かと考えてしまいそうになります。雑誌はもうデジタル化の波が押し寄せてきて、またネットの力で本屋で雑誌が売れなくなってきています。最近は付録付きがほんとに増えましたね。ああすると売れるのでしょうね。デジタル本との違いはやっぱりそこですね。デジタルは印刷配送が要らない分安価で済みますが、サイトにお金を持っていかれてしまうという現状。雑誌の世界これからどうなるのでしょう。