税務事例の定期購読・バックナンバー・最新号

税務事例の定期購読・バックナンバー・最新号

の詳細を表示しています。バックナンバーがないものもあります。在庫状況は公式ページでご確認下さい。

税務事例の詳細です。


税務事例の定期購読 公式サイトへ
雑誌、冊子名 税務事例
雑誌・冊子の内容 税務に関する裁判例・裁決事例など、主として実務事例を詳細に分析・解説する専門誌として昭和44年に創刊。実務に精通した専門家や研究者等によって執筆された内容は、税理士、公認会計士、税務職員や研究者に高い評価を得ている。特に、「租税判例研究」や「特集」のコーナーは、最新の重要な裁判例、裁決事例を取り上げ、実務を処理する上での判断の基準や法律的意義を徹底的に解説するなど、他に類を見ない「月刊 税務事例」独自の特徴となっている。
詳細内容 ■税務論文
 権利確定主義の事実上の終焉か(下)―法人税法上のグランドルールとしての債務確定基準と権利確定主義―/酒井 克彦
 相続税法の先進性と後進性/岸田 貞夫 
 特例容積率適用地区における固定資産税評価について―東京地裁平成29年9 月14日判決を題材として―/田島 秀則

■租税判例研究
 受贈者による贈与税の申告が贈与者の死亡後であっても,贈与者の相続人は贈与税の連帯納付義務を承継するとした事例
―相続税法34条4項,国税通則法5条1項の解釈適用を中心として/佐藤 孝一 

●年頭所感
 新年の御挨拶を申し上げます  国税庁長官 藤井 健志
 新年を迎えて  国税不服審判所長 脇  博 人

■仮想通貨実務家協会における議論 【第5回】
 相続財産としての仮想通貨の「取得」(上)―秘密鍵の継承なき場合における相続税法上の「取得」該当性―/酒井 克彦

■租税訴訟学会
 税制改正による不利益遡及判決と違憲審査/山口敬三郎
 個人事業に係る必要経費の直接性要件/長島 弘

■アコード租税総合研究所報告(第98回)
 仮想通貨に対する所得税法60条の2  国外転出時課税制度の適用可能性/酒井 春花

■重要判例解説
 不動産流動化実務指針が法人税法22条4項にいう公正処理基準には当たらないとされた事例/多賀谷博康
 弁護士会が会員弁護士から徴収した受任事件負担金の対価性が問題になった事件の第二次訴訟/芹澤 光春

■国際課税コーナー
 【国際課税トピックス】
 米国税制改革法におけるBEAT について/矢内 一好
 【国際課税のケース・スタディ】
 米国のCFC税制改正の日本企業への影/高山 政信

■事例の検討・税務判断のポイント
 【法人税】
 ●過大利子支払税制/山本 守之
 【資産税】
 ●非居住者等から不動産を購入したと/八ッ尾順一

■税理士のための重要商事判例(第48回)
 「正当な理由」のない代表取締役社長の解任と損害賠償請求/大久保拓也

■戦後税制史を探る
 税務会計と企業会計 その4/矢内 一好

■海外重要租税判例
 EU非加盟国によって間接支配されている会社に支払われた配当は源泉免除の対象にならないとした仏当局の課税処分が取り消された事例
―ECJ2017年9月7日判決(C-6/16 Eqiom, and Enka case EU:C:2017:641)/川田 剛

●税と経済学の交差点(第160回)(土居 丈朗)
 平成31年度税制改正大綱での自動車関連税

●租税法余説(第42回)(酒井 克彦)
 リアルな租税法教育と租税法の支援

租税訴訟学会ニュース
(社)アコード租税総合研究所からのお知らせ
雑誌番号 1281680754
出版社 財経詳報社
出版時期 毎月1日
定期購読のお申込み 公式サイトでのご注文はこちら
定期購読紹介のサイトお越し頂きましてありがとうございます。こちらは商品詳細ページです。もっと見やすいように作りたいとは思っていますが現状のままです。リンク先はfujisanという雑誌の定期購読のサイトへのリンクとなっています。fujisanではたくさんの定期購読や年間購読、バックナンバー、最新刊を扱っています。1冊のみでも購入できるのでAmazonの代わりとして使うこともできます。クレジットカードも使えますよ。このように定期購読を薦めるためのサイトを作成しました。これからも更新して使いやすいサイトを目指していきたいと想います。それにしても雑誌の種類はすごいですね1万種類近くあるみたいです。そんなによく雑誌があるなと思いました。サイトを作っているととても専門的なものに出会うことがあり人間とはすごいものに興味を持つんだなとすごく人間とは何かと考えてしまいそうになります。雑誌はもうデジタル化の波が押し寄せてきて、またネットの力で本屋で雑誌が売れなくなってきています。最近は付録付きがほんとに増えましたね。ああすると売れるのでしょうね。デジタル本との違いはやっぱりそこですね。デジタルは印刷配送が要らない分安価で済みますが、サイトにお金を持っていかれてしまうという現状。雑誌の世界これからどうなるのでしょう。