月刊体育施設の定期購読・バックナンバー・最新号

月刊体育施設の定期購読・バックナンバー・最新号

の詳細を表示しています。バックナンバーがないものもあります。在庫状況は公式ページでご確認下さい。

月刊体育施設の詳細です。


月刊体育施設の定期購読 公式サイトへ
雑誌、冊子名 月刊体育施設
雑誌・冊子の内容 スポーツ施設の動向をいち早く取り入れ、新設スポーツ施設の情報をはじめ、施設計画や管理運営に役立つタイムリーな情報を毎月お届けします。内容は体育館、水泳プール、陸上競技場、サッカー場などの各種施設別の整備や維持管理・運営のあり方。全国で建設される最新の施設やリニューアル・リフレッシュされた施設や海外の主要施設等の紹介、効果的な管理・運営を実現している施設や利用者に好評な施設をピックアップする事例紹介等です。「日本唯一のスポーツ施設専門誌」として、どこにも負けない専門性と情報量を携え、望ましい施設へのアプローチを続けています。
詳細内容 ■MAKE A SPURT!
・新国立競技場整備 完成まで4カ月

■Sports Event Topics
・東京2020オリンヒック1年前セレモニー

■特集
いきいき茨城ゆめ国体・いきいき茨城ゆめ大会
競技会場ピックアップ

・大会の概要と施設整備の特長
・施設紹介
笠松運動公園陸上競技場/山新スイミングアリーナ(笠松運動公園屋内プール兼アイススケート場)/ノーブルホームスタジアム水戸(水戸市民球場)/J:COMスタジアム土浦(川口運動公園野球場)/千代川運動公園野球場 /柳原球場 /山吹運動公園野球場・運動広場 /鉾田総合公園特設リード競技場、体育館特設ボルダリング競技場 /阿漕ヶ浦公園ホッケー場 /堀原運動公園弓道場 /茨城県営ライフル射撃場 /磯原地区公園テニスコート /神栖海浜庭球場 /水戸市立サッカー・ラグビー場 /ケーズデンキスタジアム水戸(水戸市立競技場)/アダストリアみとアリーナ(東町運動公園体育館)/リリーアリーナMITO(青柳公園市民体育館)/水戸市総合運動公園体育館 /下館総合体育館 /松戸体育館


詳報 第80回全国体育施設研究協議大会in愛媛

「いで湯と城と文学のまち」愛媛県松山市で47年ぶりの開催
第2回スポーツファシリティーズ大賞受賞者
2019年度体育・スポーツ施設功労者

特別講演
「スポーツの力で地域活性化」 二宮 清純(スポーツジャーナリスト)
事例発表Ⅰ 「練習場の歴史と変遷」 真鍋 和人(84ロス五輪重量挙げ銅メダリスト、新居浜市スポーツ協会会長)
事例発表Ⅱ 「地域に密着する総合型地域スポーツクラブが担う施設運営とスポーツ振興」 伊賀上 哲旭(NPO法人今治しまなみスポーツクラブ クラブマネジャー)

施設視察
「愛媛県総合運動公園陸上競技場(ニンジニアスタジアム)」、「愛媛県総合運動公園体育館」、「愛媛県総合運動公園テニスコート」、「愛媛県武道館」

■NEW FACE

アダストリアみとアリーナ(東町運動公園体育館) 茨城県水戸市

■リニューアル施設クローズアップ 

村山市民体育館 山形県村山市

■隔月連載
えっちゃんの世界スタジアム紀行 Vol.61 ブラジル・サンパウロ 
スポーツジャーナリスト 元川 悦子

■COLUMN
・COUNTDOWN TOKYO2020
・スポーツ施設マネジメント質問箱
・ここはどこのアリーナ?
・Photo Gallery
・INFORMATION
・NEWS PLAZA
・日本体育施設協会だより
・たいく堂書店
・recommend BOOK&MOVIE
・LOSSTIME 編集後記
雑誌番号 1281680658
出版社 体育施設出版
出版時期 毎月15日
定期購読のお申込み 公式サイトでのご注文はこちら
定期購読紹介のサイトお越し頂きましてありがとうございます。こちらは商品詳細ページです。もっと見やすいように作りたいとは思っていますが現状のままです。リンク先はfujisanという雑誌の定期購読のサイトへのリンクとなっています。fujisanではたくさんの定期購読や年間購読、バックナンバー、最新刊を扱っています。1冊のみでも購入できるのでAmazonの代わりとして使うこともできます。クレジットカードも使えますよ。このように定期購読を薦めるためのサイトを作成しました。これからも更新して使いやすいサイトを目指していきたいと想います。それにしても雑誌の種類はすごいですね1万種類近くあるみたいです。そんなによく雑誌があるなと思いました。サイトを作っているととても専門的なものに出会うことがあり人間とはすごいものに興味を持つんだなとすごく人間とは何かと考えてしまいそうになります。雑誌はもうデジタル化の波が押し寄せてきて、またネットの力で本屋で雑誌が売れなくなってきています。最近は付録付きがほんとに増えましたね。ああすると売れるのでしょうね。デジタル本との違いはやっぱりそこですね。デジタルは印刷配送が要らない分安価で済みますが、サイトにお金を持っていかれてしまうという現状。雑誌の世界これからどうなるのでしょう。