月刊リフォームの定期購読・バックナンバー・最新号

月刊リフォームの定期購読・バックナンバー・最新号

の詳細を表示しています。バックナンバーがないものもあります。在庫状況は公式ページでご確認下さい。

月刊リフォームの詳細です。


月刊リフォームの定期購読 公式サイトへ
雑誌、冊子名 月刊リフォーム
雑誌・冊子の内容 建築物に対する長期修繕計画や維持管理の必要性は,社会資本の保全,居住生活環境の確保・向上という意味からいまや社会的要請となってきております。建物については,その用途,構造,規模,経過年数を勘案して,悪いものを捨てて,良いものは保存・補修して良好な状態で残すことを考えなければなりませんが,建物の性能の中でも焦眉の課題となっているのが耐震性の再検討です。昭和56年に新耐震基準法が施行される以前に建てられた建物は約2400万棟ありますが,その中で耐震面で現在の要求性能を満足しない建物はどれ位あるかというと,建設省の試算では住宅1200万棟,非住宅200万棟,合計1400万棟といわれています。まことに膨大な数ですが,こうしたストック対策,すなわち建築のリフォーム活動をあずかっているのが,まぎれもなく現在の建設業なのです。本誌は,こうしたニーズに応え,関係各位にとって役立つ総合改修情報誌としてご好評いただいております。拡大するリフォーム&リニューアル市場の中で,発展を期す施工,材料メーカー,管理,設計各分野の方々にご購読をおすすめします。
詳細内容 特集: 輻射暖冷房を考える


・放射(輻射)暖冷房 その理論と効用

 坊垣和明(東京都市大学 名誉教授/(一社)輻射冷暖房普及促進協会 会長)



・「実践」事例

 北田たくみ(のるすく 一級建築士事務所 代表取締役)


・「除湿型放射冷暖房 PS HR-C」について

 篠原繁則(ピーエス㈱)


・輻射パネルエコウィンの概要と設置事例

 内川克幸(㈱アイラム)


・安全・安心-省エネ・健康のためのストック再生 Part Ⅶ

 伝統的集落・慣習的建築形式の知恵を「環境シミュレーション」で観察して学ぶ

 川島範久(東京工業大学/川島範久建築設計事務所)


・連載:JASO発 暮らしつづける町へ<第18回>

 小規模鉄骨造建築物の耐震化に向けた取組

 伊藤正利(NPO耐震総合安全機構)


・日本建築仕上学会 2018年大会発表論文

 -その4 塗料・仕上塗材Ⅱ・Ⅲ、調査・計画-

 環境保全に配慮した焼付け塗装仕様の検討

 その31 粉体塗装仕様の標準化に関する基本的な考え方と概要

 近藤照夫(ものつくり大学名誉教授 博士(工学))

 鈴木 誠(㈱LIXIL)

 北川将司(大日本塗料㈱)

 後藤善光(㈱マルシン)


 陽極酸化皮膜処理アルミニウム合金

 材料に対する塗装改修仕様の検討 その2

 古泉雅史/島岡 宏(大日本塗料㈱)

 近藤照夫(ものつくり大学 名誉教授 博士(工学))


 長期修繕計画における修繕周期の見直しに関する研究

 曽我裕希(芝浦工業大学)

 新岡輝雄(LC 総合サービス)

 渡辺一弘/石田和雄(日本総合住生活)

 濱崎 仁(芝浦工業大学 教授)


 ドローンと赤外線技術を用いた外壁劣化診断技術に関する研究

 坊垣和明(東京都市大学)

 松川忠文/石塚宏和(日本総合住生活㈱)

 吉田 正/内川克幸(㈱アイラム)


トピックス

・断熱改修等による居住者の健康への影響調査 中間報告(第3回)

 国土交通省


・リフォーム新製品NEWS


・リフォームアイ


頁 数:98頁


発行日:2019年2月


雑誌番号 1281680318
出版社 テツアドー出版
出版時期 毎月10日
定期購読のお申込み 公式サイトでのご注文はこちら
定期購読紹介のサイトお越し頂きましてありがとうございます。こちらは商品詳細ページです。もっと見やすいように作りたいとは思っていますが現状のままです。リンク先はfujisanという雑誌の定期購読のサイトへのリンクとなっています。fujisanではたくさんの定期購読や年間購読、バックナンバー、最新刊を扱っています。1冊のみでも購入できるのでAmazonの代わりとして使うこともできます。クレジットカードも使えますよ。このように定期購読を薦めるためのサイトを作成しました。これからも更新して使いやすいサイトを目指していきたいと想います。それにしても雑誌の種類はすごいですね1万種類近くあるみたいです。そんなによく雑誌があるなと思いました。サイトを作っているととても専門的なものに出会うことがあり人間とはすごいものに興味を持つんだなとすごく人間とは何かと考えてしまいそうになります。雑誌はもうデジタル化の波が押し寄せてきて、またネットの力で本屋で雑誌が売れなくなってきています。最近は付録付きがほんとに増えましたね。ああすると売れるのでしょうね。デジタル本との違いはやっぱりそこですね。デジタルは印刷配送が要らない分安価で済みますが、サイトにお金を持っていかれてしまうという現状。雑誌の世界これからどうなるのでしょう。