レジデントノートの定期購読・バックナンバー・最新号

レジデントノートの定期購読・バックナンバー・最新号

レジデントノートの定期購読・バックナンバー・最新号

の詳細を表示しています。バックナンバーがないものもあります。在庫状況は公式ページでご確認下さい。

レジデントノートの詳細です。


レジデントノートの定期購読 公式サイトへ
雑誌、冊子名 レジデントノート
雑誌・冊子の内容 研修医の方を主な読者対象とした、実用的で実践に即役に立つ雑誌です。臨床研修で最初に必要となる事柄、研修中に身に付けておくべき事柄について、第一線で活躍の臨床医がわかりやすく執筆。特にプライマリケア、救急疾患への対応を中心に取り上げます。研修医に必要な事柄はそのまますべての医師に必要となりますので、若手医師を中心に向上を目指すすべての医師に愛読していただける雑誌を目指しております。もちろん、学生の方の臨床実習にも役立ちます。
詳細内容 目次
第1章 感染症
1.入院中の発熱で呼ばれた.貴方ならどうする?【西口 潤】
2.肺炎診療におけるChoosing Wisely【福盛勇介】
3.その尿路感染(腎盂腎炎)の診断は本当に正しいですか?【赤坂義矢】
4.ショック患者にどの薬を使う?【島 惇】
第2章 循環器
1.心不全と戦うにはどうしたらいいですか?【竹山脩平】
2.上室性頻拍に慌てて動悸を起こさないために【三野大地】
3.深部静脈血栓症(DVT)の予防と治療【西村康裕】
第3章 呼吸器
1.喘息発作・COPD急性増悪【阿部昌文】
2.胸水について知りたい? それならRichard W Light先生を訪ねなさい【大江将史】
第4章 内分泌・代謝
1.脱水・高ナトリウム血症にはどうアプローチする?【三浦知晃】
2.ほどよい低ナトリウム血症の補正とは?【丸山 尊】
3.恐ろしいカリウムの低下に適切に対処するためにすべきことは?【長野広之】
4.症候性の高カルシウム血症を発見したらまずは生理食塩水補液!【井川京子】
5.病棟での血糖コントロールは甘くない!?【丸山 尊】
第5章 腎臓・泌尿器
1.尿管結石のマネジメントはどう考える?~若き医師よ,多石(たいし)を砕け【溝畑宏一】
2.尿閉の扉を開こう!【坂 正明】
第6章 消化器
1.胃腸炎では培養より病歴をとろう【福盛勇介】
2.吐血の対応はどうする?【西口 潤】
3.下血にはどうやってアプローチする?【島 惇】
4.腸閉塞の診断とマネジメントの流れはどう押さえる?【山下恵実】
第7章 その他
1.貧血を見逃さないようにするには【竹山脩平】
2.その偽痛風は本当に偽痛風か?【西村康裕】
3.せん妄を制するものは病棟管理を制する!!【阿部昌文】
4.あなたが止める! ドクターショッピングさせない不定愁訴の診かた【井本博之】
5.高齢者食思不振の苦手意識を払拭するために【三野大地】
雑誌番号 1281679806
出版社 羊土社
出版時期 毎月10日
定期購読のお申込み 公式サイトでのご注文はこちら
定期購読紹介のサイトお越し頂きましてありがとうございます。こちらは商品詳細ページです。もっと見やすいように作りたいとは思っていますが現状のままです。リンク先はfujisanという雑誌の定期購読のサイトへのリンクとなっています。fujisanではたくさんの定期購読や年間購読、バックナンバー、最新刊を扱っています。1冊のみでも購入できるのでAmazonの代わりとして使うこともできます。クレジットカードも使えますよ。このように定期購読を薦めるためのサイトを作成しました。これからも更新して使いやすいサイトを目指していきたいと想います。それにしても雑誌の種類はすごいですね1万種類近くあるみたいです。そんなによく雑誌があるなと思いました。サイトを作っているととても専門的なものに出会うことがあり人間とはすごいものに興味を持つんだなとすごく人間とは何かと考えてしまいそうになります。雑誌はもうデジタル化の波が押し寄せてきて、またネットの力で本屋で雑誌が売れなくなってきています。最近は付録付きがほんとに増えましたね。ああすると売れるのでしょうね。デジタル本との違いはやっぱりそこですね。デジタルは印刷配送が要らない分安価で済みますが、サイトにお金を持っていかれてしまうという現状。雑誌の世界これからどうなるのでしょう。