ワイナート(Winart)の定期購読・バックナンバー・最新号

ワイナート(Winart)の定期購読・バックナンバー・最新号

の詳細を表示しています。バックナンバーがないものもあります。在庫状況は公式ページでご確認下さい。

ワイナート(Winart)の詳細です。


ワイナート(Winart)の定期購読 公式サイトへ
雑誌、冊子名 ワイナート(Winart)
雑誌・冊子の内容 『ワイナート』は、ワインを中心とした豊かな生活を提案する、新しいタイプの雑誌です。フランスやイタリアといった主要ワイン生産地を訪ねる現地取材の特集記事と、個々のワインを100点法による点数付けで評価するテイスティング・コメントは、おいしいワインを知るためには必見の記事。他にも、料理とワインの相性といった、食への探究も『ワイナート』におまかせ下さい。
詳細内容 【特集1】
ブームから文化へ。
産地とともに歩む日本ワイン

Chapter1 岡山・広島編 ブドウ産地からワインリージョンへ
<取材先ワイナリー>
ラ・グランド・コリーヌ・ジャポン/サッポロビール岡山ワイナリー
domaine tetta/広島三次ワイナリー/福山わいん工房

Chapter2 長野編 ワインバレーの取り組みが新たな生産者を生む
玉村豊男が語る、産地形成への展望
バトンを受けた新時代の未来予想図

Chapter3 山梨編 若手醸造家たちの伝統産地での取り組み
<取材先ワイナリー>
勝沼醸造/原茂ワイン/Kisvinワイナリー

Chapter4 品種編 挑戦からスタンダードへ。適地の可能性
<取材先ワイナリー>
フェルミエ(アルバリーニョ)
ココ・ファーム・ワイナリー(プティ・マンサン)
アルプス(シラー)

Chapter5 ビジネス編 川上から川下まで 日本ワインで商売すること
ソムリエからワイナリー経営へ。すべてはワイン普及のために
<取材先ワイナリー>
フジマル醸造所

新潟まで人を呼び込む、兄弟連携の東京進出
<取材先ワイナリー>
カーブドッチ・ワイナリー/バーマン カーブドッチ / アタ

登美の丘レゼルヴスペシャル
本質的な魅力を引き出す13年におよぶ長期熟成

川上善兵衛生誕150周年
善兵衛の挑戦はいまもなお続いている



【特別現地レポート】
グラン・ジュール・ド・ブルゴーニュ 2018


いまこそ、ブルゴーニュワイン
アルベール・ビショーの真価

ジョゼフ・ドルーアンの真髄
名門メゾンが推進する自然との共存

日本限定発売のレアアイテム
キュヴェ・ミレニアム、熟成の極地にふれる

新たなる時代を迎える
ヴーヴ・クリコ ロゼ シャンパーニュ誕生200周年イベント

新生Vマドロン
土地の潜在性と経験がワインを進化させる

ヴェルディッキオ・デイ・カステッリ・デイ・イエージ&
ロッソ・ピチェーノDOC
イタリア・マルケ州の2産地を知る

チリの未来を拓く
セーニャが示すプレミアム・チリ・ワインの実力

新たな審査員が加入!2018年度ANAワインセレクション

   
【巻頭グラビア】
今号のワイン:パイパー・エドシック ブリュット シネマ 2018 エディション N.V.
今号の人:ニコラ・オドベール
今号のレストラン:六本木うかい亭
今号のグッズ:モーゼル、リーデル


【カラー連載】
怒涛の試飲現場に潜入!亜樹直流、一押しワインの法則
第5回

日本酒醸し人、サムライ ブルゴーニュでワインに挑む
第9回 日本酒とワインで目指す酒造り


Sake…Here and There, 日本酒にあそぶ
第17回 小嶋屋 無題 壱
今月の友人:遠藤利三郎

パンとワインの美味しい関係
第29回 カサラ

【モノクロ連載】
造り手を変えた1本
第33回 DeLa Soul 2012 ヒトミワイナリー
今回の造り手:越後屋美和(東京ワイナリー)

飲み手と造り手のためのワイン法講座
第5回 地名表示のむずかしさ 



【レポート】
試飲から見えるヴィン・サントへの情熱 ロッカ・デ・モンテグロッシ

南イタリアの銘醸地 カンパーニア伝統産地の再発見


国際的影響力をつけ、プロ向けへと特化 ヴィニタリー2018


シチリア全土を知るプラネタによる、ネロ・ダヴォラ再発見プロジェクト


ガヤ×リーデル ワインの本質を引き出すグラスの重要性


ブルゴーニュ名門5ドメーヌ 女性ヴィニュロンヌが来日

多様性ある高品質ワインに進化 注目あつまるDOモンサン


現地取材レポート ギリシャワインをひもとく



【ワインガイド】
ポルトガルの白ワイン50本テイスティング
生産者インタビュー
セミナー&試飲会テイスティング
雑誌番号 1281679802
出版社 美術出版社
出版時期 3,6,9,12月の5日
定期購読のお申込み 公式サイトでのご注文はこちら
定期購読紹介のサイトお越し頂きましてありがとうございます。こちらは商品詳細ページです。もっと見やすいように作りたいとは思っていますが現状のままです。リンク先はfujisanという雑誌の定期購読のサイトへのリンクとなっています。fujisanではたくさんの定期購読や年間購読、バックナンバー、最新刊を扱っています。1冊のみでも購入できるのでAmazonの代わりとして使うこともできます。クレジットカードも使えますよ。このように定期購読を薦めるためのサイトを作成しました。これからも更新して使いやすいサイトを目指していきたいと想います。それにしても雑誌の種類はすごいですね1万種類近くあるみたいです。そんなによく雑誌があるなと思いました。サイトを作っているととても専門的なものに出会うことがあり人間とはすごいものに興味を持つんだなとすごく人間とは何かと考えてしまいそうになります。雑誌はもうデジタル化の波が押し寄せてきて、またネットの力で本屋で雑誌が売れなくなってきています。最近は付録付きがほんとに増えましたね。ああすると売れるのでしょうね。デジタル本との違いはやっぱりそこですね。デジタルは印刷配送が要らない分安価で済みますが、サイトにお金を持っていかれてしまうという現状。雑誌の世界これからどうなるのでしょう。