ナショナル ジオグラフィック日本版の定期購読・バックナンバー・最新号

ナショナル ジオグラフィック日本版の定期購読・バックナンバー・最新号

の詳細を表示しています。バックナンバーがないものもあります。在庫状況は公式ページでご確認下さい。

ナショナル ジオグラフィック日本版の詳細です。


ナショナル ジオグラフィック日本版の定期購読 公式サイトへ
雑誌、冊子名 ナショナル ジオグラフィック日本版
雑誌・冊子の内容 世界最大規模の会員制・非営利団体ナショナル ジオグラフィック協会は、1888年の創設以来、世界中で約8,000件以上の探検や調査プロジェクトを支援し、古代遺跡の発見や大自然の脅威と神秘、未知の世界に挑んだ冒険や探検など、数々の歴史的なプロジェクトを誌面で紹介してきました。会員誌として1世紀以上、米国の家庭で読み継がれ、地球が丸いことを証明した写真、海中撮影や空中撮影の写真を最初に掲載した雑誌として高く評価され、今では世界180カ国、850万人以上の読者を擁する世界最大級のクオリティマガジンと位置付けられています。「ナショナル ジオグラフィック日本版」は、1995年に世界初の外国語版として創刊しました。地球とそこに生きるすべての生き物の営みを、世界の一流写真家が撮りおろす美しく迫力に富んだオリジナル写真と、正確で臨場感あふれる記事で紹介しています。日本版は英語版の面白さと美しさを正確にわかりやすく日本語化すると同時に、日本の読者向けに独自の解説やコラムを加え、オールカラーで英語版と同月発行でお届けしています。
詳細内容 【特集】
●乱される現代人の睡眠:
夜でも光があふれる現代社会。健全な夜の睡眠とはどんなものか、そして明るすぎる照明がいかに眠りを乱しているのかを解説しよう。寝ている間に脳は休んでいるわけではなく、実は活発に働いている。覚醒時とは活動の仕方が異なることが、研究でわかってきた。

●毒殺される野生動物:
家畜を食い荒らされた報復に、野生動物を殺すマサイの人々。“武器”は、安価ながら毒性の高い農薬だ。

●チョウを捕まえる人々:
その美しさで昔から人々を魅了してきたチョウ。捕獲の現場から収集家の手に渡るまでの取引を追った。

シリーズ 鳥たちの地球
●インコとオウムの苦境:
賢くて芸達者、長寿で知られるインコやオウム。ペットとしての高い人気がオウム目の鳥を脅かしている。

●イエメンの医療危機:
内戦で崩壊する医療システム。武力攻撃と感染病に苦しみながら、十分な治療を受けられない人々がいる。


【コラム】
●PROOF 世界を見る
 「希少な動物を守る第一歩」:私たちは見たこともないような動物を守りたいと思うだろうか?絶滅のおそれのある鳥たちを写真を通して知ってもらい、愛着を抱いてもらう。それが保護活動の出発点かもしれない。
●EMBARK 未知への一歩
 「ウーパールーパーに学ぶ再生医療」
 「氷のドームで火星暮らし」
 「ぐんぐん伸びるキノコ」:ベニテングタケの成長をとらえた写真のマジック。
 「都市交通を格付け」
●EXPLORE 探求するココロ
 「サンゴの危機」
 「アルマジロの恋」
 「死にゆくクマの真実」:餓死寸前のホッキョクグマを撮影した写真家。地球の未来の姿を伝える一枚が撮れたと喜んだが、「気候変動が原因」と決めつける報道の広まりに、真意を伝える難しさを痛感する。
●日本だけの翼:「アマミヤマシギ」
●読者の声
●もっと、ナショジオ
●テレビでナショジオ
●次号予告
●日本の百年 「米国人青年、いきなり富士登山」


●今月の表紙:スウェーデンに暮らす7歳のウィル・ウェンマンは電気をつけたまま眠るのが好きだ。彼の父親で写真家のマグナスは世界各地で人間と眠りにまつわる写真を撮影した。
雑誌番号 1281679756
出版社 日経ナショナル ジオグラフィック社
出版時期 毎月1日
定期購読のお申込み 公式サイトでのご注文はこちら
定期購読紹介のサイトお越し頂きましてありがとうございます。こちらは商品詳細ページです。もっと見やすいように作りたいとは思っていますが現状のままです。リンク先はfujisanという雑誌の定期購読のサイトへのリンクとなっています。fujisanではたくさんの定期購読や年間購読、バックナンバー、最新刊を扱っています。1冊のみでも購入できるのでAmazonの代わりとして使うこともできます。クレジットカードも使えますよ。このように定期購読を薦めるためのサイトを作成しました。これからも更新して使いやすいサイトを目指していきたいと想います。それにしても雑誌の種類はすごいですね1万種類近くあるみたいです。そんなによく雑誌があるなと思いました。サイトを作っているととても専門的なものに出会うことがあり人間とはすごいものに興味を持つんだなとすごく人間とは何かと考えてしまいそうになります。雑誌はもうデジタル化の波が押し寄せてきて、またネットの力で本屋で雑誌が売れなくなってきています。最近は付録付きがほんとに増えましたね。ああすると売れるのでしょうね。デジタル本との違いはやっぱりそこですね。デジタルは印刷配送が要らない分安価で済みますが、サイトにお金を持っていかれてしまうという現状。雑誌の世界これからどうなるのでしょう。