日経コンピュータの定期購読・バックナンバー・最新号

日経コンピュータの定期購読・バックナンバー・最新号

日経コンピュータの定期購読・バックナンバー・最新号

の詳細を表示しています。バックナンバーがないものもあります。在庫状況は公式ページでご確認下さい。

日経コンピュータの詳細です。


日経コンピュータの定期購読 公式サイトへ
雑誌、冊子名 日経コンピュータ
雑誌・冊子の内容 企業改革を支える優れた情報システムの構築には、導入企業と、メーカーやシステム・インテグレータの協力が不可欠です。「日経コンピュータ」は、この両者にとって、真に有益な情報をタイムリーに提供する総合誌です。誌面コンセプトは「わかりやすさ」と「豊富な事例」。導入企業にとってはライバル企業が取り組む情報化の実態、メーカーやシステム・インテグレータにとっては顧客企業のニーズを知る上で、これ以上の情報源はありません。その誌面は、業務でコンピュータやネットワークを活用する6万人のITキーパーソンから高いご支持をいただいております。
詳細内容 ▲2018年8月16日号 no.971 8月16日発行


■特集1 シニアSEの現実

●シニアSEの現実 あなたは 「戦力」 かそれとも 「老害」 か(022p)
●強みあれば定年なし シニア7人のリアル(024p)
●若手不足を補え IT大手、年収7割増も(028p)
● 「年齢差別」 の打開策 自分を知り常に学ぶ(032p)


■特集2 フランスの奇跡

●フランスの奇跡 わずか5年で起業大国に(036p)
●フェイスブックやMSの幹部も訪問(038p)


■特集3 大手30社の実力比較

●大手30社の実力比較 ITサービス企業業績 ・ 給与ランキング2018(056p)


■ニュース&リポート

●特報、日本最大のIT企業が誕生 NTTが新会社、コム ・ データ統括(006p)
●勝負に出たNTTデータ クラウド勘定系、3陣営が争う(007p)
●オンプレ製品や業界特化AI投入 グーグルが戦略転換で巻き返し(008p)
●1400社30万人がテレワーク 見えた3つの壁(010p)
●携帯3社が法人向けIoTで火花 11兆円市場、カギは仲間作り(012p)
●東京ガスがAzureでAPI基盤 200システムを迅速に連携(014p)


■乱反射

●主力事業、11四半期マイナス IBMの道を歩み続ける富士通(015p)


■2weeks from 日経XTECH 7月24日(火)~8月3日(金)

●東京海上が米スタートアップに出資、AIで車の損害額算定(016p)


■データは語る

●ITサービス市場、17年度は横ばい JEITA参加21社、海外が拡大(018p)


■挑戦者

●伊藤 直子 氏 日立ソリューションズ ライフスタイルイノベーション本部 働き方改革エバンジェリスト固定観念、次々と覆す 真の働き方改革を指南(020p)


■インタビュー

●村田製作所 会長兼社長 村田 恒夫 氏IoTは大きな市場機会だ 今後も部品メーカーに徹する(052p)


■ケーススタディ

●JTB 英語でガイド、スマホが添乗員 訪日客向けAIチャットアプリ開発(068p)


■ニッポンIT事件史 2009年―平成21年―

●富士通で社長解任劇 クラウド台頭と重なる(072p)


■動かないコンピュータ

●きらぼし銀行 3行統合の初日に勘定系で3障害 作業漏れ、テスト抜けなどミス重なる(076p)


■極言正論

●DXにも基幹系刷新が必須 IT部門は今こそ声を上げよ(079p)


■キーワード

●チャットボット(Chatbot) (080p)


■AIで劇変! 2030年のオフィスと組織

● 「日本版」 HR Techが進む道 データ活用をAIが促進(082p)


■現場を元気にする組織変革術

●慣れ親しんだ全てが変革を妨げる ウォータフォールの現場に決別(086p)


■なぜなぜ分析でヒューマンエラー撲滅

● 「なぜ? 」 には問題点を書く 状況ばかり並べるのは避ける(090p)


■ザンネン社員が学ぶ デジタルビジネス創成術

●顧客の期待を超えるには 「複合サービス」 設計のコツ(094p)


■2018年の企業IT動向調査

●【最終回】 セキュリティ被害、一部で減少 対策投資の割合も前年より低下(098p)


■社長の疑問に答えるIT専門家の対話術

●夏休みに書籍で学ぶ 全体を把握する方法(104p)


■読者の声

●標的型攻撃(112p)


■編集後記

●(114p)
雑誌番号 1281679714
出版社 日経BP社
出版時期
定期購読のお申込み 公式サイトでのご注文はこちら
定期購読紹介のサイトお越し頂きましてありがとうございます。こちらは商品詳細ページです。もっと見やすいように作りたいとは思っていますが現状のままです。リンク先はfujisanという雑誌の定期購読のサイトへのリンクとなっています。fujisanではたくさんの定期購読や年間購読、バックナンバー、最新刊を扱っています。1冊のみでも購入できるのでAmazonの代わりとして使うこともできます。クレジットカードも使えますよ。このように定期購読を薦めるためのサイトを作成しました。これからも更新して使いやすいサイトを目指していきたいと想います。それにしても雑誌の種類はすごいですね1万種類近くあるみたいです。そんなによく雑誌があるなと思いました。サイトを作っているととても専門的なものに出会うことがあり人間とはすごいものに興味を持つんだなとすごく人間とは何かと考えてしまいそうになります。雑誌はもうデジタル化の波が押し寄せてきて、またネットの力で本屋で雑誌が売れなくなってきています。最近は付録付きがほんとに増えましたね。ああすると売れるのでしょうね。デジタル本との違いはやっぱりそこですね。デジタルは印刷配送が要らない分安価で済みますが、サイトにお金を持っていかれてしまうという現状。雑誌の世界これからどうなるのでしょう。