Pen(ペン)の定期購読・バックナンバー・最新号

Pen(ペン)の定期購読・バックナンバー・最新号

Pen(ペン)の定期購読・バックナンバー・最新号

の詳細を表示しています。バックナンバーがないものもあります。在庫状況は公式ページでご確認下さい。

Pen(ペン)の詳細です。


Pen(ペン)の定期購読 公式サイトへ
雑誌、冊子名 Pen(ペン)
雑誌・冊子の内容 モノ、ファッション、スポーツ、クルマ……毎号ひとつのテーマをpen独自の切り口から徹底的に掘り下げる。洗練された表紙から始まる芸術的ともいえる特集。そのテーマの初心者も拒まない懐の深さから多くの読者に愛されています。Penがあなたの知識欲を刺激します。
詳細内容 【特集】
いま最も知りたい国
中国最新案内。

中国のいまの変化を、どれだけの人が想像できただろうか。
モバイル決済が当たり前になり、10億ものSNSアカウントがつくられ、
電気自動車市場が活況を呈する。上司が中国人という人もいるはずだ。
13億以上の人々が暮らす大国で、なにが起きているのか――。
Penは話題の都市、深セン、北京、杭州で、それぞれの魅力を探り、
クリエイティブ・シーンを牽引する人々の話を聞いた。
興味深いのは、先進性と文化を尊ぶ意識とが両輪となって動いていること。
我々が見たものは、もちろんごく一部だ。しかし確かに感じられた、
この国に流れる柔軟でポジティブな「気」を、今回紹介したいと思う。

13億人が暮らす大国の変化を、数字で読み解く。
世界地図で示した、中国の影響力。
Q&Aで学び直す、押さえておきたい基礎知識。

いま、最も話題の都市「深セン」へ!
海岸に立つ文化・芸術の場が、街の新しい顔に。
漁村が先進都市へ、40年で衝撃の発展を遂げた。
トップシェアを誇る、ドローンメーカーの未来。
「MUJI HOTEL」が、日本に先駆けて誕生。
クリエイティブな気分に沸く、注目の2エリア

首都「北京」で慈しまれた美を、改めて訪ねる。
胡同にひっそりと佇む、「四合院」に見る美しさ。
歴史ある住まいを、次世代へ継ぐリノベーションの意義。
服飾デザイナーが伝え始めた、手仕事の魅力。
優れたアートスペースも、ここで育まれてきた。

新しいデザインが生まれる街、「杭州」。
土地にふさわしい形をつくる、建築家・ワンシュウ。
デザインと工芸、2つの博物館がキャンパス内に。
気鋭のクリエイターがつくった、新しい茶館へ。
杭州を拠点に、ユニークなデザインを発信中!

新クリエイティブ・リーダーが、中国を動かす。
ARCHITECTURE/多彩な個性がしのぎを削る、中国の最新建築。
PRODUCT/世界に通じる、中国プロダクトのデザイン力。
AUTO MOBILE/世界が熱い視線を注ぐ、中国車の現在と未来。
BOOK STORE/いま熱く盛り上がる、「リアル書店の春」の理由。
LIFESTYLE/消費動向の変化が続く、ライフスタイル革命。
歴史/基本の中国史を、王朝の興亡を軸につかもう。
書画/日本伝来の名品で、中国書画の神髄を知る。
陶磁/国の繁栄の歴史を象徴してきた、陶磁の変遷。
思想/中国人のマインドの根底にある、孔子の思想。

その他、連載など
雑誌番号 1220627
出版社 CCCメディアハウス
出版時期 毎月1,15日
定期購読のお申込み 公式サイトでのご注文はこちら
定期購読紹介のサイトお越し頂きましてありがとうございます。こちらは商品詳細ページです。もっと見やすいように作りたいとは思っていますが現状のままです。リンク先はfujisanという雑誌の定期購読のサイトへのリンクとなっています。fujisanではたくさんの定期購読や年間購読、バックナンバー、最新刊を扱っています。1冊のみでも購入できるのでAmazonの代わりとして使うこともできます。クレジットカードも使えますよ。このように定期購読を薦めるためのサイトを作成しました。これからも更新して使いやすいサイトを目指していきたいと想います。それにしても雑誌の種類はすごいですね1万種類近くあるみたいです。そんなによく雑誌があるなと思いました。サイトを作っているととても専門的なものに出会うことがあり人間とはすごいものに興味を持つんだなとすごく人間とは何かと考えてしまいそうになります。雑誌はもうデジタル化の波が押し寄せてきて、またネットの力で本屋で雑誌が売れなくなってきています。最近は付録付きがほんとに増えましたね。ああすると売れるのでしょうね。デジタル本との違いはやっぱりそこですね。デジタルは印刷配送が要らない分安価で済みますが、サイトにお金を持っていかれてしまうという現状。雑誌の世界これからどうなるのでしょう。