週刊女性自身の定期購読・バックナンバー・最新号

週刊女性自身の定期購読・バックナンバー・最新号

週刊女性自身の定期購読・バックナンバー・最新号

の詳細を表示しています。バックナンバーがないものもあります。在庫状況は公式ページでご確認下さい。

週刊女性自身の詳細です。


週刊女性自身の定期購読 公式サイトへ
雑誌、冊子名 週刊女性自身
雑誌・冊子の内容 全国の女性の「見たい!知りたい!」に応え続けて約半世紀。好奇心旺盛で柔軟性のある女性をターゲットに、芸能エンタテインメントから皇室ニュース、健康、教育、料理などさまざまなテーマの記事を提供する“No.1国民的週刊誌”です。
詳細内容 専属トレーナー 菊池晃さん初告白 
平昌五輪の衝撃真実「立つのがやっとの捻挫と激痛でした」
羽生結弦「奇跡の金メダルだった!!」

雅子さま「ダイアナ元妃を目指す!」
描く次世代計画は「愛の国際平和活動」

前田敦子「玉の輿」だった!「夫の実家は資産7億円」

小林麻耶引退決めた「海老蔵の言葉」



雑誌番号 1136
出版社 光文社
出版時期 毎週火曜日
定期購読のお申込み 公式サイトでのご注文はこちら
定期購読紹介のサイトお越し頂きましてありがとうございます。こちらは商品詳細ページです。もっと見やすいように作りたいとは思っていますが現状のままです。リンク先はfujisanという雑誌の定期購読のサイトへのリンクとなっています。fujisanではたくさんの定期購読や年間購読、バックナンバー、最新刊を扱っています。1冊のみでも購入できるのでAmazonの代わりとして使うこともできます。クレジットカードも使えますよ。このように定期購読を薦めるためのサイトを作成しました。これからも更新して使いやすいサイトを目指していきたいと想います。それにしても雑誌の種類はすごいですね1万種類近くあるみたいです。そんなによく雑誌があるなと思いました。サイトを作っているととても専門的なものに出会うことがあり人間とはすごいものに興味を持つんだなとすごく人間とは何かと考えてしまいそうになります。雑誌はもうデジタル化の波が押し寄せてきて、またネットの力で本屋で雑誌が売れなくなってきています。最近は付録付きがほんとに増えましたね。ああすると売れるのでしょうね。デジタル本との違いはやっぱりそこですね。デジタルは印刷配送が要らない分安価で済みますが、サイトにお金を持っていかれてしまうという現状。雑誌の世界これからどうなるのでしょう。