WWDジャパンの定期購読・バックナンバー・最新号

WWDジャパンの定期購読・バックナンバー・最新号

の詳細を表示しています。バックナンバーがないものもあります。在庫状況は公式ページでご確認下さい。

WWDジャパンの詳細です。


WWDジャパンの定期購読 公式サイトへ
雑誌、冊子名 WWDジャパン
雑誌・冊子の内容 コレクション情報をはじめ、各シーズン毎のファッション、ビューティ、ジュエリー、ビジネス、芸能などのニュースを総まとめ!“ファッションの今”がわかりやすく詰まっています。普段WWD JAPAN.comをチェックしているけれど情報量に物足りなさを感じている、ファッションやビューティのビジネスをより深く知りたいけれどどうしたら良いか分からない、「WWDジャパン」は市場の動きを踏まえた分析で業界の動向を掘り下げ、皆さんのそうした悩みを解決します。経営者やデザイナーの生の声など紙面でしか読むことのできないコンテンツも盛りたくさん。
詳細内容 3月18日号の「WWDジャパン」の特集は「渋谷ファッションバレー現象を追え!」です。サイバーエージェントやGMOインターネット、DeNAなどの有力IT企業が拠点を置き、“渋谷ビットバレー”とも言われる渋谷ですが、実はファッションを主戦場とするスタートアップ企業、いわゆるファッションテック企業が急増しています。
 今回の特集では、渋谷に集結したファッションテック31社を地図上で一挙に紹介。彼ら/彼女らの新しいテクノロジーからワークスタイル、考え方、さらには行きつけのカフェまで、その生態に迫るため、原宿にあるウィーワーク(WeWork)icebergなど3カ所のコワーキングスペースにスタートアップ企業を集めて座談会を実施。ファッションテック企業と知り合うには?といった素朴な疑問や資金調達の仕方、仲のいい経営者など聞いています。
 ニュースでは、ストリートからロリータ、アニメなどのさまざまなブランドが入り交じるラフォーレ原宿の館長を直撃取材。都内の有力なファッションビルでも月坪(1坪あたりの月間売上高)が70万円を超える店舗は大変優秀だとされていますが、ラフォーレ原宿には100万円超えの店舗がゴロゴロ。そうした背景も含め、ラフォーレ原宿の進化の秘密に迫ります。
 今号ではロンドン・コレクションにもフォーカス。リカルド・ティッシ(Riccardo Tisci)
が手掛けることになって2シーズン目の「バーバリー(BURBERRY)」を詳報。若手デザイナーの街ロンドンの「シモーン ロシャ(SIMONE ROCHA)」「モリー ゴダード(MOLLY GODDARD)」など若手のガーリー系ブランドを紹介する一方、「ジェイ ダブリュー アンダーソン(JW ANDERSON)」など現在増加中のシックな大人向けブランドにも光を当てています。
 ファッションパトロールは「ブシュロン(BOUCHERON)」「ティファニー(TIFFANY)」「ヴァン クリーフ&アーペル(VAN CLEEF & ARPELS)」の高級ジュエリーブランドと「動物占い」が(勝手に)夢の共演。美しくそして心をわしづかみにされるキュートなジュエリーをキャラクターやエピソードとともに紹介します。
雑誌番号 1135
出版社 INFASパブリケーションズ
出版時期 毎週月曜日
定期購読のお申込み 公式サイトでのご注文はこちら
定期購読紹介のサイトお越し頂きましてありがとうございます。こちらは商品詳細ページです。もっと見やすいように作りたいとは思っていますが現状のままです。リンク先はfujisanという雑誌の定期購読のサイトへのリンクとなっています。fujisanではたくさんの定期購読や年間購読、バックナンバー、最新刊を扱っています。1冊のみでも購入できるのでAmazonの代わりとして使うこともできます。クレジットカードも使えますよ。このように定期購読を薦めるためのサイトを作成しました。これからも更新して使いやすいサイトを目指していきたいと想います。それにしても雑誌の種類はすごいですね1万種類近くあるみたいです。そんなによく雑誌があるなと思いました。サイトを作っているととても専門的なものに出会うことがあり人間とはすごいものに興味を持つんだなとすごく人間とは何かと考えてしまいそうになります。雑誌はもうデジタル化の波が押し寄せてきて、またネットの力で本屋で雑誌が売れなくなってきています。最近は付録付きがほんとに増えましたね。ああすると売れるのでしょうね。デジタル本との違いはやっぱりそこですね。デジタルは印刷配送が要らない分安価で済みますが、サイトにお金を持っていかれてしまうという現状。雑誌の世界これからどうなるのでしょう。