WWDジャパンの定期購読・バックナンバー・最新号

WWDジャパンの定期購読・バックナンバー・最新号

の詳細を表示しています。バックナンバーがないものもあります。在庫状況は公式ページでご確認下さい。

WWDジャパンの詳細です。


WWDジャパンの定期購読 公式サイトへ
雑誌、冊子名 WWDジャパン
雑誌・冊子の内容 コレクション情報をはじめ、各シーズン毎のファッション、ビューティ、ジュエリー、ビジネス、芸能などのニュースを総まとめ!“ファッションの今”がわかりやすく詰まっています。普段WWD JAPAN.comをチェックしているけれど情報量に物足りなさを感じている、ファッションやビューティのビジネスをより深く知りたいけれどどうしたら良いか分からない、「WWDジャパン」は市場の動きを踏まえた分析で業界の動向を掘り下げ、皆さんのそうした悩みを解決します。経営者やデザイナーの生の声など紙面でしか読むことのできないコンテンツも盛りたくさん。
詳細内容 12月10日号の「WWDジャパン」の特集は「バズった『ディオール』徹底解剖」です。11月30日に東京で開催した「ディオール(DIOR)」メンズ初のプレ・フォールのショーは大きな話題となりました。なぜ空山基とのコラボだったのか?豪華なセレブのSNSパワーとは?「ディオール」とキム・ジョーンズ(Kim Jones)=メンズ アーティスティック・ディレクターの仕掛けを10ページにわたって解き明かします。
 さらに、ショーのために来日したキムのロングインタビューも掲載。キムがインスピレーションを得たというムッシュ・ディオール時代の貴重な写真やデザイン画と共に、彼の頭の中で何が起きているのかを探ります。また、たくさんの仲間を巻き込んで大きなムーブメントを作っていくキムを支える3人のキーパーソンにも話を聞きました。彼らから見た“キム・ジョーンズ”とは?
 ニュース面では「カルバン・クライン(CALVIN KLEIN)」を擁するPVHコープ(PVH CORP)のエマニュエル・キリコ(Emanuel Chirico)会長兼最高経営責任者(CEO)が8~10月期決算で「『カルバン・クライン205W39NYC』への投資に対するリターンが弱いことに失望している」と批判したニュースを検証します。ラフ・シモンズ(Raf Simons)「カルバン・クライン(CALVIN KLEIN)」チーフ・クリエイティブ・オフィサーとの契約更新が危ぶまれるのではという見方も出ている中で、ラフはどうなるのか?
 その他、銀座店を相次いでリニューアルしたコンパニー フィナンシエール リシュモン(COMPAGNIE FINANCIERE RICHEMONT)傘下の「オフィチーネ パネライ(OFFICINE PANERAI)」と「モンブラン(MONTBLANC)」のCEOインタビューや、アダストリア傘下の「グローバルワーク(GLOBAL WORK)」「レプシィム(LEPSIM)」の復調のニュースなどを取り上げます。
 連載「ミステリーショッパーが行く!」はそごう横浜店へ。11月に化粧品売り場を大々的にリニューアルオープンして話題を呼んだが、同館の屋台骨である婦人服売り場の評価はいかに。ファッションパトロールでは密かなトレンド(?)になりそうな内臓モチーフのアイテムにフォーカス。即完売した「シュプリーム(SUPREME)」の透明人体解剖模型から、臓器をモチーフにした話題のゆるキャラなぬいぐるみまで一挙に紹介します。
雑誌番号 1135
出版社 INFASパブリケーションズ
出版時期 毎週月曜日
定期購読のお申込み 公式サイトでのご注文はこちら
定期購読紹介のサイトお越し頂きましてありがとうございます。こちらは商品詳細ページです。もっと見やすいように作りたいとは思っていますが現状のままです。リンク先はfujisanという雑誌の定期購読のサイトへのリンクとなっています。fujisanではたくさんの定期購読や年間購読、バックナンバー、最新刊を扱っています。1冊のみでも購入できるのでAmazonの代わりとして使うこともできます。クレジットカードも使えますよ。このように定期購読を薦めるためのサイトを作成しました。これからも更新して使いやすいサイトを目指していきたいと想います。それにしても雑誌の種類はすごいですね1万種類近くあるみたいです。そんなによく雑誌があるなと思いました。サイトを作っているととても専門的なものに出会うことがあり人間とはすごいものに興味を持つんだなとすごく人間とは何かと考えてしまいそうになります。雑誌はもうデジタル化の波が押し寄せてきて、またネットの力で本屋で雑誌が売れなくなってきています。最近は付録付きがほんとに増えましたね。ああすると売れるのでしょうね。デジタル本との違いはやっぱりそこですね。デジタルは印刷配送が要らない分安価で済みますが、サイトにお金を持っていかれてしまうという現状。雑誌の世界これからどうなるのでしょう。