作業療法ジャーナルの定期購読・バックナンバー・最新号

作業療法ジャーナルの定期購読・バックナンバー・最新号

の詳細を表示しています。バックナンバーがないものもあります。在庫状況は公式ページでご確認下さい。

作業療法ジャーナルの詳細です。


作業療法ジャーナルの定期購読 公式サイトへ
雑誌、冊子名 作業療法ジャーナル
雑誌・冊子の内容 作業療法士、作業療法学生を中心にリハビリテーション専門職に読まれてきた本誌は、学術的・実践的な研鑽の材料と、多岐にわたる関連情報の提供を担っている。通常号では、まず「特集」にて臨床に直結する具体的でトピカルなテーマを多彩な執筆陣によって解説する。臨床経験者向けには厳選されたテーマの「講座」や、若い作業療法士の臨床能力向上に寄与するための本格的連載コラム、さらに、さまざまな分野での臨床を紹介する「私のOT日誌」、「覗いてみたい?!先輩OTの頭の中」などのコラムや、当事者によるエッセイも豊富に揃えている。さらに、年に1回発行する増刊号では、特に注目すべきテーマについてさまざまな切り口から解説している。
詳細内容 ■特集
障害者の芸術文化活動

総論 障害者の芸術文化活動・・・木村伊津子
対談 : ネームレス・アートの魅力―曖昧な領域に価値を見いだせるということ・・・北山 修×木村伊津子
言葉の少ない人たちとのコラボレーション・・・田島征三
作業療法士と芸術のかかわり・・・東出陽平
障害児者の芸術活動を通じた社会参加支援の両義性―大城組の小さな巨匠たちの作品展を通じて・・・佐々木千穂
旭川荘ミュージックアカデミーの活動と作業療法の介入・・・宮崎明美

■講座 作業療法士が知っておくべき栄養学 第1回
作業療法士が知っておくべきリハビリテーション栄養・・・西岡心大

■講座 自助具知識のupdate 最終回
片麻痺に対する自助具活用の情報提供―「片手の生活アイデア集」の紹介・・・石川哲也

■連載 下肢慢性創傷への作業療法 第2回
下肢慢性創傷の集学的治療における看護師と作業療法士の協働・・・麻生百花, 古川雅英

■連載 ユーモアと笑い 第9回
日常生活とユーモア・・・柏木哲夫

■連載 作業療法を深める 第18回
子ども食堂・・・金子淳子

■研究
慢性閉塞性肺疾患患者の在宅生活状況調査―不安と日常生活との関係・・・田代大祐, 松本健太郎, 有久勝彦, 原口健三

■症例報告
超音波診断装置を用いたバイオフィードバック療法が奏功した橈骨神経損傷の1例・・・石田尚久, 髙橋宣成

■わたしの大切な作業 第2回
指が動かない理由・・・土屋賢二

■提言
あきらめない心と作業療法・・・柴田八衣子

■あなたにとって作業療法とは何ですか ? 第41回・・・西上忠臣

■多職種を交えたリハビリ事例検討会 第18回
内科的リスクが高く, 病識が低下した方の活動内容の模索・・・〔事例提供者〕川又恵里佳, 布施智行, 〔司会〕川越雅弘

■学会長・議長・学術集会長の言葉
第52回日本作業療法学会開催にあたって・・・宮口英樹
第53回日本理学療法学術大会開催にあたって・・・網本 和
第19回日本言語聴覚学会開催にあたって・・・中野 徹
第55回日本リハビリテーション医学会学術集会開催にあたって・・・浅見豊子

■お知らせ
広島県循環型認知症医療・介護連携システム推進事業におけるOTを中心とする認知症食事動作リハビリテーション手技開発

■ひとをおもう 第2回
循環を支援する・・・齋藤佑樹

■昭和の暮らし 第17回
カレーライスにまつわる思い出・・・市橋芳則
雑誌番号 988
出版社 三輪書店
出版時期 毎月25日
定期購読のお申込み 公式サイトでのご注文はこちら
定期購読紹介のサイトお越し頂きましてありがとうございます。こちらは商品詳細ページです。もっと見やすいように作りたいとは思っていますが現状のままです。リンク先はfujisanという雑誌の定期購読のサイトへのリンクとなっています。fujisanではたくさんの定期購読や年間購読、バックナンバー、最新刊を扱っています。1冊のみでも購入できるのでAmazonの代わりとして使うこともできます。クレジットカードも使えますよ。このように定期購読を薦めるためのサイトを作成しました。これからも更新して使いやすいサイトを目指していきたいと想います。それにしても雑誌の種類はすごいですね1万種類近くあるみたいです。そんなによく雑誌があるなと思いました。サイトを作っているととても専門的なものに出会うことがあり人間とはすごいものに興味を持つんだなとすごく人間とは何かと考えてしまいそうになります。雑誌はもうデジタル化の波が押し寄せてきて、またネットの力で本屋で雑誌が売れなくなってきています。最近は付録付きがほんとに増えましたね。ああすると売れるのでしょうね。デジタル本との違いはやっぱりそこですね。デジタルは印刷配送が要らない分安価で済みますが、サイトにお金を持っていかれてしまうという現状。雑誌の世界これからどうなるのでしょう。