月刊ナーシングの定期購読・バックナンバー・最新号

月刊ナーシングの定期購読・バックナンバー・最新号

の詳細を表示しています。バックナンバーがないものもあります。在庫状況は公式ページでご確認下さい。

月刊ナーシングの詳細です。


月刊ナーシングの定期購読 公式サイトへ
雑誌、冊子名 月刊ナーシング
雑誌・冊子の内容 毎月、臨床現場のナースが「今いちばん知りたいケア」を特集。最新のケアとその根拠について、見やすい誌面、豊富なイラストと写真で、最新のトピックスも交えながら、わかりやすく解説しています。特集はもちろん、毎号充実の連載で、ケアの充実はもちろん、臨床判断や疾患、治療にも強くなります。
詳細内容 【特集1】
バリアンスに負けない
重症患者の早期離床マニュアル
監修・執筆:道又元裕

【Part1】
平成30年度診療報酬改定「特定集中治療室管理料:
早期離床・リハビリテーション加算」を踏まえて
早期離床チームづくりと看護師の役割
早期離床プロトコルとは?
早期離床に関する新しいエビデンスと知見
ICUでの早期離床の実際 ①理学療法士の立場から
ICUでの早期離床の実際 ②看護師の立場から

【Part2】
「むずかしい」術後早期離床を「かんたん」に進めるポイント
スクリーニングと対策
実施前の患者評価と環境整備
離床時の観察とアセスメント
身体機能に問題がある場合の注意点
離床進行中の疼痛対策
離床進行中の悪心対策
離床進行中のせん妄対策
離床進行中の環境整備のポイント
離床に対する患者・家族の気持ち・事情への対応のポイント

【特集2】
患者に説明できる!いまはどうなっている?
がん治療における妊孕性温存の実際
監修:がん研究会有明病院 妊孕性温存ワーキンググループ

はじめに
妊孕性温存の現状
がん研究会有明病院妊孕性温存WGの取り組み
妊孕性温存は,正確な情報を適切なタイミングで知ることが大切
多職種でかかわる院内システムの構築に向けて
看護師の役割
妊孕性温存について薬剤師の取り組み
妊孕性温存についての事務の役割
放射線治療の影響
遺伝性腫瘍と妊孕性温存
妊孕性温存の今後
コラム GCLS研究会と妊孕性温存WG

【SERIES】
〔最前線の知識と実践がわかる ナースが知りたい! 認知症のハナシ〕
第19回 抗認知症薬の使い方 
監修:長田 乾 執筆:松村美由起

〔看護師の「教え方」 看護師育成入門〕
第8回 経験から学ぶ力を育てる OJTの取り組みの一例 
監修:関西クリティカルケアコミュニティ 教育工学監修:平岡斉士 
執筆:辻本雄大,政岡祐輝

第25回〔学研の訪問看護 学研ココファン・ナーシング通信〕

第4回〔マンガでわかる はじめての看取りケア〕
監修:平方 眞 原作・執筆:後閑愛実 マンガ:なかもと ゆき

第4回〔周術期のチーム医療〕
執筆:谷口英喜

第4回〔ナースが使える臨床心理の知識・技法〕 
監修:福島哲夫 執筆:山蔦圭輔

第4回〔臨床検査を知って,今よりもっとケアが正確でスムーズになる!〕
執筆:小林真実

第4回〔「いのちのエンジニア」臨床工学技士の活躍〕
執筆:相嶋一登

第4回〔訪問薬剤師のほんとのところ〕
執筆:木村崇史

第4回〔栄養管理の実況中継〕
執筆:本荘谷利子

第3回〔あしたからできる 地域連携〕
執筆:川上加奈子

第4回〔看護部長のひとりごと〕
執筆:道又元裕
雑誌番号 772
出版社 学研プラス
出版時期 毎月20日
定期購読のお申込み 公式サイトでのご注文はこちら
定期購読紹介のサイトお越し頂きましてありがとうございます。こちらは商品詳細ページです。もっと見やすいように作りたいとは思っていますが現状のままです。リンク先はfujisanという雑誌の定期購読のサイトへのリンクとなっています。fujisanではたくさんの定期購読や年間購読、バックナンバー、最新刊を扱っています。1冊のみでも購入できるのでAmazonの代わりとして使うこともできます。クレジットカードも使えますよ。このように定期購読を薦めるためのサイトを作成しました。これからも更新して使いやすいサイトを目指していきたいと想います。それにしても雑誌の種類はすごいですね1万種類近くあるみたいです。そんなによく雑誌があるなと思いました。サイトを作っているととても専門的なものに出会うことがあり人間とはすごいものに興味を持つんだなとすごく人間とは何かと考えてしまいそうになります。雑誌はもうデジタル化の波が押し寄せてきて、またネットの力で本屋で雑誌が売れなくなってきています。最近は付録付きがほんとに増えましたね。ああすると売れるのでしょうね。デジタル本との違いはやっぱりそこですね。デジタルは印刷配送が要らない分安価で済みますが、サイトにお金を持っていかれてしまうという現状。雑誌の世界これからどうなるのでしょう。