月刊専門料理の定期購読・バックナンバー・最新号

月刊専門料理の定期購読・バックナンバー・最新号

の詳細を表示しています。バックナンバーがないものもあります。在庫状況は公式ページでご確認下さい。

月刊専門料理の詳細です。


月刊専門料理の定期購読 公式サイトへ
雑誌、冊子名 月刊専門料理
雑誌・冊子の内容 創刊から約40年。本誌の基本テーマは一流の調理技術を惜しみなく、初心者の方にもわかりやすく解説するということです。毎号数多く登場する調理師さんは第一線で活躍する実力者ばかり。日本料理、フランス料理、イタリア料理、中国料理、その他各国料理の情報について、日本国内はもとより、海外の料理界の記事も満載です。また、毎号の特集は“完全保存版”の内容ですので永くご活用いただけます。細かいプロセス写真で見せる調理技術、徹底的に掘り下げて取材する食材に関する記事は、料理人の方からグルメの方まで厚く支持をいただいております。近年、関心が高まっている素材の動向、食材生産地の現状もフォロー。
詳細内容 《特集》火入れのバリエーション
一口に「火入れ」と言っても、種類はさまざま。焼くのか、煮るのか、揚げるのか、蒸すのか。素材は肉か、魚か。熱源は何か??。もちろん、めざす仕上がりが違えば、そこへ行き着くまでの調理工程も多種多彩。そのバリエーションはまさに無限大と言えるでしょう。
3月号は、料理人の腕の見せ場である「火入れ」を総特集。気鋭シェフによる加熱技術を徹底紹介します。


気鋭シェフの加熱技術
―― 最新ルセット28
● 川田智也(茶禅華)
● 篠塚 大(レ・ザンファン・ルージュ)
● 北野智一(ル・ヴァンキャトル)
● 音羽 創(シエル エ ソル)
● 前田 元(MOTOÏ)
● 高柳好孝(アガペ)
● 井上清彦(中国菜 火ノ鳥)
● 東 鉄雄(アカ)
● 原島忠士(アリエ)
● 福島隆幸(Fukushima)
● 加藤順一(スブリム)
● 酒井 涼(アルドアック)
● 古屋賢介(フルヤ オーガストロノム)
● 内藤隆乃介(ペルティナンス)

「火入れありきの時代はもう終わり」
“火入れの話”の最終章
高田裕介(ラ・シーム)× 川手寛康(フロリレージュ)

包丁を研ぐということ
包丁研ぎ師・藤原将志

HAJIME 米田 肇氏インタビュー

ほか
雑誌番号 757
出版社 柴田書店
出版時期 毎月19日
定期購読のお申込み 公式サイトでのご注文はこちら
定期購読紹介のサイトお越し頂きましてありがとうございます。こちらは商品詳細ページです。もっと見やすいように作りたいとは思っていますが現状のままです。リンク先はfujisanという雑誌の定期購読のサイトへのリンクとなっています。fujisanではたくさんの定期購読や年間購読、バックナンバー、最新刊を扱っています。1冊のみでも購入できるのでAmazonの代わりとして使うこともできます。クレジットカードも使えますよ。このように定期購読を薦めるためのサイトを作成しました。これからも更新して使いやすいサイトを目指していきたいと想います。それにしても雑誌の種類はすごいですね1万種類近くあるみたいです。そんなによく雑誌があるなと思いました。サイトを作っているととても専門的なものに出会うことがあり人間とはすごいものに興味を持つんだなとすごく人間とは何かと考えてしまいそうになります。雑誌はもうデジタル化の波が押し寄せてきて、またネットの力で本屋で雑誌が売れなくなってきています。最近は付録付きがほんとに増えましたね。ああすると売れるのでしょうね。デジタル本との違いはやっぱりそこですね。デジタルは印刷配送が要らない分安価で済みますが、サイトにお金を持っていかれてしまうという現状。雑誌の世界これからどうなるのでしょう。