芸術新潮の定期購読・バックナンバー・最新号

芸術新潮の定期購読・バックナンバー・最新号

の詳細を表示しています。バックナンバーがないものもあります。在庫状況は公式ページでご確認下さい。

芸術新潮の詳細です。


芸術新潮の定期購読 公式サイトへ
雑誌、冊子名 芸術新潮
雑誌・冊子の内容 芸術愛好家だけでなく一般大衆にも向けた芸術総合誌です。
詳細内容
 【特集】

 雅びなる愛の讃歌
 肉筆春画 鳥文斎栄之と勝川春章

 第一部
 ウキヨヱ侍、
 鳥文斎栄之が描いた夢の恋人たち

 グラフ
 Erotica, Eishi’s Best

 かんたん年譜
 栄之&春章

 浮世絵黄金時代
 ~絵師相関図~

 Biography
 理想の女性像を歌麿と競った鳥文斎栄之とは何者か?
 文 染谷美穂

 品川、深川、隅田川……
 水上都市フローティング・シティ江戸のエロス百景
 特別折込《江戸十二景春画巻》全部見せ

 時空を超える愛の世界へ《源氏物語春画巻》
 文 染谷美穂

 Eishi+α
 栄之春画は版画も優雅

 第二部
 知られざる巨匠・ 勝川春章
 美人画と春画のあいだ

 グラフ
 春章渾身の大名マター《春宮秘戯図巻》を堪能する

 Biography
 役者似顔絵でブレイクし、肉筆美人画で頂点へ
 勝川春章、花の浮世絵師人生50年
 解説 内藤正人

 グラフ
 勝川チルドレンの肉筆春画ロマンチカ

 役者絵派に美人画派
 弟子たちそれぞれの道
 解説 内藤正人

 Shunshō+α
 君はヤマラノオロチを知っているか
 勝川派の艶本がひどい・・・!

 Epilogue
 春章と栄之
 名作《美人鑑賞図》に交錯する軌跡を見る
 解説 内藤正人

 【Art News exhibition】

 ムラカミとツジ先生と
 ボストン美術館の奇妙な冒険
 文 辻惟雄

 【Art News book】

 仕口のゆくえ
 役目を終え、あらわれた造形美

 眼差しに蒐集された男たち
 野村佐紀子『愛について』
 文 岡田麻美

 【Art News interview】

 諏訪敦彦
 映画の楽しみをレオーとともに
 聞き手 野崎歓

 ・Review

 「無垢と経験の写真 日本の新進作家vol.14」より
 野口哲哉
 「世界を変える美しい本 インド・タラブックスの挑戦」展
 髙田安規子・政子

 ・Global News

 Milano「ルーチョ・フォンタナ:環境」展
 Berlin「梱包すること、しなおすこと
 :ダーレムマ―ゲートゲンス・ヒルシュによる豊かな展望」展
 London「ウィニー・ザ・プー:古典を探る」展
 New York「ゴンサーロ・フォンセカの彫刻」展

 【Regular Features】

 ちょっといいで書?〈10〉
 ストリートで見つけた気になる字
 選・文 中澤希水

 Goods & Shop

 時と光の美術館〈10〉
 ハリー・ウィンストン

 [連載]

 海外アートStudy最前線〈33〉
 文 前橋重二

 定形外郵便〈45〉
 文 堀江敏幸

 原田マハ、美のパイオニアに会いに行く〈18〉
 藤森照信

 フィリップ・ワイズベッカーの郷土玩具
 十二支めぐり〈5〉[辰]

 千 宗屋の飲みたい茶碗、 点てたい茶碗〈43〉

 [PICK UP]

 movie 野崎歓

 book 諏訪敦

 recommend  編集部のおすすめ!

 成相肇の やっかい もっかい てんらんかい〈22〉

 exhibition 全国展覧会情報

雑誌番号 692
出版社 新潮社
出版時期 毎月25日
定期購読のお申込み 公式サイトでのご注文はこちら
定期購読紹介のサイトお越し頂きましてありがとうございます。こちらは商品詳細ページです。もっと見やすいように作りたいとは思っていますが現状のままです。リンク先はfujisanという雑誌の定期購読のサイトへのリンクとなっています。fujisanではたくさんの定期購読や年間購読、バックナンバー、最新刊を扱っています。1冊のみでも購入できるのでAmazonの代わりとして使うこともできます。クレジットカードも使えますよ。このように定期購読を薦めるためのサイトを作成しました。これからも更新して使いやすいサイトを目指していきたいと想います。それにしても雑誌の種類はすごいですね1万種類近くあるみたいです。そんなによく雑誌があるなと思いました。サイトを作っているととても専門的なものに出会うことがあり人間とはすごいものに興味を持つんだなとすごく人間とは何かと考えてしまいそうになります。雑誌はもうデジタル化の波が押し寄せてきて、またネットの力で本屋で雑誌が売れなくなってきています。最近は付録付きがほんとに増えましたね。ああすると売れるのでしょうね。デジタル本との違いはやっぱりそこですね。デジタルは印刷配送が要らない分安価で済みますが、サイトにお金を持っていかれてしまうという現状。雑誌の世界これからどうなるのでしょう。