週刊東洋経済の定期購読・バックナンバー・最新号

週刊東洋経済の定期購読・バックナンバー・最新号

の詳細を表示しています。バックナンバーがないものもあります。在庫状況は公式ページでご確認下さい。

週刊東洋経済の詳細です。


週刊東洋経済の定期購読 公式サイトへ
雑誌、冊子名 週刊東洋経済
雑誌・冊子の内容 1895(明治28)に創刊されてから日本経済の見えない部分を徹底的に報道し続けてきた週刊東洋経済。溢れる情報を鋭く分析し、重要なニュースを読者に届けます。日本経済を動かしているのは何なのか?敏腕ライターが為替情報からエンターテイメントまで市場を読み解く。不安定な日本のビジネスシーンの最先端で働く方にお勧めします。週刊東洋経済で周りよりも一歩先を行くための視点を手に入れてください!学生~社会人まで、今の社会がよくわかる!!
詳細内容 目次
【第1特集】
 ライフ・シフト 学び直し編 100年人生に備える大人の勉強ガイド

 根付かない4つの課題も解決の兆し

 PART1 広がる社会人の学び直し
  続々登場、大人の学び場
  私の学び直し (1)内多勝康 (2)菊池桃子
  ゼロから学べる リカレント学校
  首都圏・Web 学び場リスト
  私の学び直し (3)石川康晴

 PART2 働きながら学び直す
  会社を辞めずに異職種体験
   他社留学/レンタル移籍/海外仕事留学/ワンデイ仕事留学/他社会議
  副業こそ最大の学び直しだ
  活躍の場は地方企業にあり
  INTERVIEW│小城武彦●日本人材機構社長
  “第四新卒”で変わる老舗│森下仁丹
  企業が促す社員の自己変革│大日本住友製薬/ソニー/キヤノン
  ライフ・シフトを妨げる 3大リスクへの対処法 介護/メンタル/教育費

 PART3 ライフ・シフトの第一歩
  学びを支える最強アプリ8選
  何を「学び直す」べきかがわかる 自分棚卸しシート
  リカレント教育実践のカギ 高橋俊介/諏訪康雄
  [転職編] 学び直しから実践へ 情報収集術/職務経歴書


【第2特集】
 大反対押し切り新ルール導入 暴走する監査法人
  経団連も憤る 大手監査法人の傍若無人
  有償ストックオプション新ルール 会社法や税へも影響大
  得をするのは監査法人ばかり 狭まる企業の選択の幅


産業リポート
 地方百貨店の活路を示す 高崎高島屋の売り場革命

深層リポート
 期待のインフルワクチン 「埼玉株」見送りの悲劇


ニュース深掘り
 楽天、EC改革で狙う新金脈
 続投・黒田総裁の前に茨の道
 日産、米国で値引き販売のツケ
 株 レンゴー、段ボールに託す成長
 自動運転車の事故 誰が責任を負うのか


連載
|経済を見る眼|英女性参政権100年に思う/苅谷剛彦
|Hot Issue|子宮頸がんワクチン|藤井知行●日本産科婦人科学会理事長
|トップに直撃|垣見祐二●JERA社長
|マネー潮流|金融緩和という麻薬への依存/森田長太郎
|少数異見|求む、現実主義者の安全保障「脱米」論
|US Affairs|保守思想家カークに学ぶマルクス思想復権の意味/会田弘継
|中国動態|急拡大のカーシェア市場 中国ならではの課題/田中信彦
|グローバルアイ|象牙の塔が混乱すれば経済効果は絶大/ケネス・ロゴフ
|フォーカス政治|復興政策マンネリ化 課題達成の誇示は尚早/牧原 出
|知の技法 出世の作法|川喜田二郎の発想法で表現法を学ぶ(9)/佐藤 優
|歴史の論理|東洋文庫の創設と図書館のあり方/岡本隆司
|非常時の組織論|負けてよかった 戦争経験者の意外な振り返り/伊藤祐靖
|人が集まる街 逃げる街|空・海・陸から人を集める求心力|福岡市/牧野知弘
|サラリーマン弾丸紀行|ウーバーで渋滞地獄にはまる/橋賀秀紀
|ブックス&トレンズ|『働く女子のキャリア格差』を書いた国保祥子氏に聞く
|平成経済の証言|小泉政権は増税から逃避/石 弘光
|Readers&Editors|読者の手紙、編集部から
雑誌番号 5828
出版社 東洋経済新報社
出版時期 毎週月曜日
定期購読のお申込み 公式サイトでのご注文はこちら
定期購読紹介のサイトお越し頂きましてありがとうございます。こちらは商品詳細ページです。もっと見やすいように作りたいとは思っていますが現状のままです。リンク先はfujisanという雑誌の定期購読のサイトへのリンクとなっています。fujisanではたくさんの定期購読や年間購読、バックナンバー、最新刊を扱っています。1冊のみでも購入できるのでAmazonの代わりとして使うこともできます。クレジットカードも使えますよ。このように定期購読を薦めるためのサイトを作成しました。これからも更新して使いやすいサイトを目指していきたいと想います。それにしても雑誌の種類はすごいですね1万種類近くあるみたいです。そんなによく雑誌があるなと思いました。サイトを作っているととても専門的なものに出会うことがあり人間とはすごいものに興味を持つんだなとすごく人間とは何かと考えてしまいそうになります。雑誌はもうデジタル化の波が押し寄せてきて、またネットの力で本屋で雑誌が売れなくなってきています。最近は付録付きがほんとに増えましたね。ああすると売れるのでしょうね。デジタル本との違いはやっぱりそこですね。デジタルは印刷配送が要らない分安価で済みますが、サイトにお金を持っていかれてしまうという現状。雑誌の世界これからどうなるのでしょう。