月刊クーヨンの定期購読・バックナンバー・最新号

月刊クーヨンの定期購読・バックナンバー・最新号

の詳細を表示しています。バックナンバーがないものもあります。在庫状況は公式ページでご確認下さい。

月刊クーヨンの詳細です。


月刊クーヨンの定期購読 公式サイトへ
雑誌、冊子名 月刊クーヨン
雑誌・冊子の内容 子どもも大人も、みんな違ってみんないい!子どもの自然な育ちをせかさずに、家族の時間をゆっくりたのしめば、たいていのことは大丈夫……そんなスタンスの育児雑誌です。0~6歳の子育てをたのしんでいる家族や先輩家族がたくさん登場する、タイムリーな特集のほか、子どもも大人もラクになるシンプルでオーガニックな「食事」や「あそび」、「世界の幼児教育」や「自然療法」のこと、子どもの本専門店・クレヨンハウスならではの「絵本」情報もたっぷり。日登美さん、カヒミ カリイさん、整体やからだにやさしいおやつレシピなど連載も充実です。また、子育て中に知っておきたい国内外のニュースを豊富にお届け。大人の育自(自分も育っていこう!)も大事に考えています。
詳細内容 *特集



新入園・入学はチャンスです

子育ての不安をすっきりリセット!



新入園、新入学を前に、ワクワクしながらちょっと不安も見え隠れ。

そんなこころもちになるのは、もしかしたら子どもより親のほうかもしれませんね。

また、あたらしい環境に不安を抱きがちの子どもたちにとっては、

この季節が苦手、ということも。

そこで、新生活にスムーズに入っていけるウォーミングアップをご紹介します。

発達の不安がある場合、また生活リズムがちょっと乱れがちという場合も、

ぜひこの機会に、「大丈夫」と自信をもてるようにしていきましょう!







いまからでも間に合う!

生活習慣を身につける工夫

*伊藤由香さん(葉の庭学舎)

…着替え、片付け、食事、トイレ。こうした基本的な生活習慣に不安があるなら

うまくいくための環境づくりと声掛けをしてみましょう。ちょっとした工夫で

子どもが自分でできるようになります。



落ち着きがない、手先が不器用……

不安な子のためのからだあそび

*木村順さん(作業療法士)

…落ち着きのなさや手先の不器用さのある子どもは、「自分はできない」「おこられてばっかり」

という経験から、新しい環境に不安を抱きがちです。でも、落ち着きの無さや手先の不器用さは、

周囲のサポートでぐんと変わっていくもの。あそびを通して身につける方法です。





字の読み書きが苦手なのは目の使い方のせい?

脳とからだをリンクするブレインジム

*神田誠一郎さん(ブレインジムインストラクター)

…絵本は好きだけど、読むのは苦手。字や絵を描くのに苦手感がある。そんな場合、もしかしたら

目の使い方にちょっとした偏りがある場合が。目の動きと右脳、左脳の働きをつなげる体操「ブレインジム」で、

ウォーミングアップしてみましょう。



「数的感覚」が弱いかな?と心配なとき

算数力ってなんですか?

*長谷川直美さん(東京賢治シュタイナー学校教諭)岩月美代子さん(同・幼児部たんぽぽこどもの園園長) 

…ちかごろは、幼児期の算数教育が当たり前になってきていますが、そのまえに身に着けたいのが

「数的感覚」。分け合う、人数分お皿を配るなどの生活スキルは、数的感覚に支えられています。

これらは生活経験からしか身につきません。ではどうやって? にお答えします。 





できることからはじめる!

子ども見守り手帳 3-6歳編

*立野由美子さん(モンテッソーリ治療教育家)

…[クーヨン]1月号特集でとりあげた「子ども見守り手帳0-2歳編」の続きです。

3-6歳の、入園・入学を迎える年齢を軸に、それまでにできるようになったことを

親子で振り返ってみましょう。そのうえで、大人がこの年齢の子どもの何を見守ればよいのか

を考える手がかりを見つけられる手帳です。







【 好 評 連 載 】

●坂本美雨の子育てさんぽ・最終回「瀧波ユカリさんに会いに」

●子どもの居場所・つくるひと

 「つちのこや」

●「わたし」に戻る素肌時間/桜乃まゆこさん

●「気になる子」のためのわらべうた「今月の動きは[つまむ]」

/山下直樹

●Dr.ミュージシャン・パパの 子どもの医療を選べる親になる「正解がないことを知ること」/伊達伯欣

●イエスとノーと、そのあいだ「忘れることを禁ず」/落合恵子



間もなく節分。

つい子どもに怒ってしまう「わたしのなかの鬼」も

豆と一緒にどこかに飛ばしてしまいましょう!



編集長 戸来祐子

雑誌番号 578
出版社 クレヨンハウス
出版時期 毎月3日
定期購読のお申込み 公式サイトでのご注文はこちら
定期購読紹介のサイトお越し頂きましてありがとうございます。こちらは商品詳細ページです。もっと見やすいように作りたいとは思っていますが現状のままです。リンク先はfujisanという雑誌の定期購読のサイトへのリンクとなっています。fujisanではたくさんの定期購読や年間購読、バックナンバー、最新刊を扱っています。1冊のみでも購入できるのでAmazonの代わりとして使うこともできます。クレジットカードも使えますよ。このように定期購読を薦めるためのサイトを作成しました。これからも更新して使いやすいサイトを目指していきたいと想います。それにしても雑誌の種類はすごいですね1万種類近くあるみたいです。そんなによく雑誌があるなと思いました。サイトを作っているととても専門的なものに出会うことがあり人間とはすごいものに興味を持つんだなとすごく人間とは何かと考えてしまいそうになります。雑誌はもうデジタル化の波が押し寄せてきて、またネットの力で本屋で雑誌が売れなくなってきています。最近は付録付きがほんとに増えましたね。ああすると売れるのでしょうね。デジタル本との違いはやっぱりそこですね。デジタルは印刷配送が要らない分安価で済みますが、サイトにお金を持っていかれてしまうという現状。雑誌の世界これからどうなるのでしょう。