月刊クーヨンの定期購読・バックナンバー・最新号

月刊クーヨンの定期購読・バックナンバー・最新号

の詳細を表示しています。バックナンバーがないものもあります。在庫状況は公式ページでご確認下さい。

月刊クーヨンの詳細です。


月刊クーヨンの定期購読 公式サイトへ
雑誌、冊子名 月刊クーヨン
雑誌・冊子の内容 子どもも大人も、みんな違ってみんないい!子どもの自然な育ちをせかさずに、家族の時間をゆっくりたのしめば、たいていのことは大丈夫……そんなスタンスの育児雑誌です。0~6歳の子育てをたのしんでいる家族や先輩家族がたくさん登場する、タイムリーな特集のほか、子どもも大人もラクになるシンプルでオーガニックな「食事」や「あそび」、「世界の幼児教育」や「自然療法」のこと、子どもの本専門店・クレヨンハウスならではの「絵本」情報もたっぷり。話題の発酵食レシピ、自然派医師により健康ガイド、気になる子のためのわらべうたあそびなど連載も充実です。また、子育て中に知っておきたい国内外のニュースを豊富にお届け。大人の育自(自分も育っていこう!)も大事に考えています。
詳細内容 *特集

イライラ、ぐずぐず飛んでいけ!

「砂糖なし育児」

すぐにはじめてください。


白砂糖のとりすぎが、からだによくないことはわかっていても
甘いものの誘惑から逃れるのは、なかなかたいへん。
一方、脳の活動のためには糖質が欠かせないとも言われます。
大人の世界では「糖質制限」が流行中。
子どもはいったいどうやって「糖」と付き合ったらいいの?
今回は、子どものための糖質「選択」について考えます。


ビーガニック給食室へようこそ

*五十嵐廣子さん(ビーガニック料理研究家)

…穀物を多めに摂れば、子どもが健康に育つのに十分な糖質がまかなえる、と五十嵐さん。そこで、和洋中それぞれに1食分のイメージがわくよう、「給食」風のレシピをおしえてもらいました。


砂糖を使わないお手軽おやつ

*山田奈美さん(国際中医薬膳師)

…5歳になるお子さんのために、砂糖を使わない生活を送る山田さん。おやつも野菜や穀物を、のどごしも見た目もよく仕上げれば子どものお気に入りに! これからの季節に合った砂糖なしおやつを紹介します。


砂糖とさよならする暮らし方

*伊達伯欣さん(医師・音楽家)

…連載でもおなじみの伊達さんは、東洋医学の観点から、砂糖の摂りすぎが血液の質を下げ、アレルギーやイライラ、病気の原因になると指摘します。そうならないための、バランスのとり方をお聞きします。



砂糖を摂りすぎない暮らし3代目です!

*中島安海さん(学生)

…マクロビオティック料理研究家・中島デコさんのお子さんである安海さん。幼児期は家では砂糖なし。そのせいか、大きな病気もせず、先日ご自身の出産も、とても楽だったと言います。砂糖なしで育つよさについて聞きました。


虫歯にしない糖分づきあい

*内野博行さん(歯科医)

…虫歯が進む原因を知ると、糖分との付き合い方がわかります。糖分ゼロではなく、コントロールすればよし、と考える歯科医の内野さん。おやつの予定表をつくりながら、家族で糖分コントロールを進めましょう!





【 好 評 連 載 】
●「母」を、新しく生きる 3回目ゲスト 田房永子さん
●子どもの居場所・つくるひと
 「かぷかぷ山のようちえん」
●寺田聡美さんのおなかを育てる発酵食レシピ「酒粕玉ねぎ味噌のおむすび」
●「気になる子」のためのわらべうた「今月の動きは[からだに触れる]」/山下直樹
●ぼくたちの子育て時評/西田亮介さん
●Dr.ミュージシャン・パパの 子どもの医療を選べる親になる「中医学で考えるかぜは少なくとも5種類ある」/伊達伯欣
●イエスとノーと、そのあいだ「泣きかたをわすれていた」/落合恵子

梅雨が来る前に、
からだをスッキリ整えると、
グズグズが減っていきます。
砂糖なし、ぜひご家族でお試しください!

編集長 戸来祐子
雑誌番号 578
出版社 クレヨンハウス
出版時期 毎月3日
定期購読のお申込み 公式サイトでのご注文はこちら
定期購読紹介のサイトお越し頂きましてありがとうございます。こちらは商品詳細ページです。もっと見やすいように作りたいとは思っていますが現状のままです。リンク先はfujisanという雑誌の定期購読のサイトへのリンクとなっています。fujisanではたくさんの定期購読や年間購読、バックナンバー、最新刊を扱っています。1冊のみでも購入できるのでAmazonの代わりとして使うこともできます。クレジットカードも使えますよ。このように定期購読を薦めるためのサイトを作成しました。これからも更新して使いやすいサイトを目指していきたいと想います。それにしても雑誌の種類はすごいですね1万種類近くあるみたいです。そんなによく雑誌があるなと思いました。サイトを作っているととても専門的なものに出会うことがあり人間とはすごいものに興味を持つんだなとすごく人間とは何かと考えてしまいそうになります。雑誌はもうデジタル化の波が押し寄せてきて、またネットの力で本屋で雑誌が売れなくなってきています。最近は付録付きがほんとに増えましたね。ああすると売れるのでしょうね。デジタル本との違いはやっぱりそこですね。デジタルは印刷配送が要らない分安価で済みますが、サイトにお金を持っていかれてしまうという現状。雑誌の世界これからどうなるのでしょう。