月刊学校教育相談の定期購読・バックナンバー・最新号

月刊学校教育相談の定期購読・バックナンバー・最新号

の詳細を表示しています。バックナンバーがないものもあります。在庫状況は公式ページでご確認下さい。

月刊学校教育相談の詳細です。


月刊学校教育相談の定期購読 公式サイトへ
雑誌、冊子名 月刊学校教育相談
雑誌・冊子の内容 不登校、人づきあいが下手な子、キレやすい子、発達障害のある子、対応の難しい保護者……学校現場が抱える様々な困難に対し、どう理解し、どう対応するかが具体的に紹介されている。すぐ使えるワークシートやコミュニケーションの工夫が毎号掲載されているのも魅力的。子どもや保護者との対応に役立つ心理技法を学ぶコーナーは、読者自身にも役立つだろう。
詳細内容 ―――――――――――――――――――――――――――――――――
★特集1 発達障害のある子を叱るときの留意点
―――――――――――――――――――――――――――――――――
・「叱る」だけでなく「一緒に考える」ことを/阿部利彦
・叱る際の基盤となる子どもとの関係づくりを見直そう/岡田克己
・発達障がいを抱える生徒を〝叱る〟ことへの挑戦/後藤幸洋
・わかりやすく効果的な指導をめざして/江守大子

―――――――――――――――――――――――――――――――――――
★特集2 授業参観・保護者会で「子どものいいところ」を伝える工夫
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
・友達とのかかわりで保護者に安心感を/山口聡
・発達段階を意識して「いいところ」を伝える/八巻寛治
・授業参観の「見どころ」を伝える学級(学年)通信/小笠原淳
・「いいところ」を伝える貴重な機会を大切に/井谷享

◆連載
【教育相談ファシリテーターになろう!】ちょんせいこ
 第3回 不登校について考える クラスを安心で楽しい環境にしよう
【木陰の物語】団 士郎
 第75話 誰が悪いのか
【ポジティブ心理学で学校づくり】菱田準子
 第15回 折れない心の処方箋 その3 ネガティブ感情の底打ち 「気晴らし」編
【実践入門!学校における認知行動療法】嶋田洋徳
 第15回 「チーム」づくりと認知行動療法
【担任の悩みにこたえる 「教育相談だより」】宮内英里子
 第3回 「登校」のことで気になる子どもはいませんか
【“普通”の教員ができる教育相談 のじのじとみっつんの学校教育相談入門】水野行範・野近和夫
 第3回 教師はカウンセラーになれるのか?
【リレー連載 中学生との対話】鈴木文哉
 生徒同士が仲を紡ぐことを支える
【子どもの「社会性」と「感情」をどう育てるか SEL(社会性と情動の学習)の基礎の基礎】
山田洋平
 第3回 自己の感情理解の重要性とその育て方 (2)自己の感情理解の育て方について
◆こらむ
【黒板とチョークでやる気を引き出す 3分間ストーリー】三好真史
 第3回 自転車に乗るステップ 習慣化の段階を考えるストーリー
【相談教師が読みたい今月の1冊】嶋﨑政男
『サイコパス』中野信子/著
【不登校の「君」への手紙 自分一人で「克服」するための道すじ】蔭山昌弘
 第3回 「どうなりたいか」を考えてみよう
【ブックレビュー】
『UDL 学びのユニバーサルデザイン クラス全員の学びを変える授業アプローチ』トレイシー・E・ホール、アン・マイヤー、デイビッド・H・ローズ/編 バーンズ亀山静子 訳
『AIvs.教科書が読めない子どもたち』新井紀子/著
◆いんふぉめーしょん
・日本学校教育相談学会の掲示板
・バックナンバー特集テーマ紹介
雑誌番号 456
出版社 ほんの森出版
出版時期 毎月13日
定期購読のお申込み 公式サイトでのご注文はこちら
定期購読紹介のサイトお越し頂きましてありがとうございます。こちらは商品詳細ページです。もっと見やすいように作りたいとは思っていますが現状のままです。リンク先はfujisanという雑誌の定期購読のサイトへのリンクとなっています。fujisanではたくさんの定期購読や年間購読、バックナンバー、最新刊を扱っています。1冊のみでも購入できるのでAmazonの代わりとして使うこともできます。クレジットカードも使えますよ。このように定期購読を薦めるためのサイトを作成しました。これからも更新して使いやすいサイトを目指していきたいと想います。それにしても雑誌の種類はすごいですね1万種類近くあるみたいです。そんなによく雑誌があるなと思いました。サイトを作っているととても専門的なものに出会うことがあり人間とはすごいものに興味を持つんだなとすごく人間とは何かと考えてしまいそうになります。雑誌はもうデジタル化の波が押し寄せてきて、またネットの力で本屋で雑誌が売れなくなってきています。最近は付録付きがほんとに増えましたね。ああすると売れるのでしょうね。デジタル本との違いはやっぱりそこですね。デジタルは印刷配送が要らない分安価で済みますが、サイトにお金を持っていかれてしまうという現状。雑誌の世界これからどうなるのでしょう。