七緒(ななお)の定期購読・バックナンバー・最新号

七緒(ななお)の定期購読・バックナンバー・最新号

の詳細を表示しています。バックナンバーがないものもあります。在庫状況は公式ページでご確認下さい。

七緒(ななお)の詳細です。


七緒(ななお)の定期購読 公式サイトへ
雑誌、冊子名 七緒(ななお)
雑誌・冊子の内容 「七緒」は、ふだんの着物の楽しみを提案するまったく新しい着物の雑誌です。気軽に袖を通したくなるようなコーディネートを軸に、手入れの悩み、着付けの知恵、下着の裏技、価格の問題など、着物の本音にぐぐっとせまります。等身大の着物の楽しみを知りたい人、必見です。
詳細内容 ラクして、きれい
「ゆったり着つけ」応援団
そんなにラクに、着てたんですか!?
秋月さんの「ゆったり」大解剖
教える人=秋月洋子

三者三様のヒミツあり
私、実は“ゆったり”なんです
すぎえすみえさん(「花邑」主宰)

指田カナ子さん(「やわらか着付けシロップ」主宰、着付け師)

三原佳子さん(「日本刺繍 露草」主宰)

おしゃれのスパイス。半幅帯とのお付き合い
上野淳美さん(「oteshio」店主)

江波戸玲子さん(「PONNALET」主宰)

太田ゆかほさん(「月日荘」店主)

ゆるっと“角出し風”半幅帯結び
年末年始の着物計画
家族と「ウール」
お正月、夫婦で着ちゃう?
ウールを探しに
探しにいく人=藤崎 均(木工家)、東川裕子(「studio fujino店主」)

シンプル、レトロ。よりどりみどり
[タイプ別]ウールおめかし帖
スタイリング=コバヤシクミ

おめかしウールに出会える8軒
[シンプル]さく研究所/染織こだま/あづまや きものひろば

[レトロ]キモノ葉月/リサイクルきもの福服 新宿店

[メンズ]おべべほほほ(丹羽呉服店)/男の着物 たけもと/Y&SONS

ウールですもの。気楽にお手入れ
教える人=大久保信子(着物スタイリスト)

週末、ちょちょいと
“たんすのウール”をスカートに
教える人=久文麻未

扉の向こうは、豪華絢爛パラダイス!
歌舞伎座の歩き方
歩く人=くまざわあかね(落語作家)、オカヤイヅミ(漫画家・イラストレーター)

かぞくのきつけ
教える人=中山麻子(着物スタイリスト)

着る家族=ひがしちかさん(「コシラエル」)ご一家大陸からもたらされた旅する文様

のんびり、ほっ
柴又の初春
着る人=中田絢千(スーパートランプ)、撮影=川島小鳥

手芸女子、注目!
光浦靖子さん、津軽でこぎん刺しに会う
旅する人、文=光浦靖子(オアシズ)、撮影=池田晶紀

[特別付録]
オリジナカレンダー“七緒ごよみ”
イラスト=鬼頭 祈

[連載]
文様のふ・し・ぎ(14)
「宝尽くし」
文=長谷川ちえ、イラスト=山本祐布子

新・手仕事ニッポン(14)
「井波彫刻」の雲棚
文=つるやももこ、撮影=尾嶝太

スヌ子のキモノ交差点(2)
お客さま=森 まゆみさん
野村友里の受け継ぐレシピ(2)
かぶ
通販企画(37)
プレタ江戸小紋、袋帯、収納用品…
年末年始のごほうび計画
辛酸なめ子の「着物のけはひ」(8)
『薄墨の桜』宇野千代
浅生ハルミンの銀幕のkimonoスタア(14)
『雪国』の岸 惠子
橋本麻里の日本美術ファッショニスタ(14)
「あやめの衣」
田中敦子の染め織りペディア(2)
「伊勢型紙」のミライ
新刊紹介
えんぎもの(42)
「破魔矢」
イラスト=川口澄子

◎つ・ぶ・や・きコラム
千代里のモテ仕草(2)
文=千代里

着物どんぶらこ(2)
文、イラスト=伊藤理佐

着物ことのは(2)
文=金田一秀穂

ほむほむ・まほまほ
短歌の花道(2)
詠む人=しまおまほ
評=穂村 弘

京都あんこ歳時記
その2・秋
文、選定=姜 尚美

七緒ごよみ&七緒ブックスのお知らせ
各種インフォメーション
七緒ブックス&バックナンバーのお知らせ
プレゼント、次号のお知らせ
衣裳協力店一覧
雑誌番号 3333
出版社 プレジデント社
出版時期 3,6,9,12月の7日
定期購読のお申込み 公式サイトでのご注文はこちら
定期購読紹介のサイトお越し頂きましてありがとうございます。こちらは商品詳細ページです。もっと見やすいように作りたいとは思っていますが現状のままです。リンク先はfujisanという雑誌の定期購読のサイトへのリンクとなっています。fujisanではたくさんの定期購読や年間購読、バックナンバー、最新刊を扱っています。1冊のみでも購入できるのでAmazonの代わりとして使うこともできます。クレジットカードも使えますよ。このように定期購読を薦めるためのサイトを作成しました。これからも更新して使いやすいサイトを目指していきたいと想います。それにしても雑誌の種類はすごいですね1万種類近くあるみたいです。そんなによく雑誌があるなと思いました。サイトを作っているととても専門的なものに出会うことがあり人間とはすごいものに興味を持つんだなとすごく人間とは何かと考えてしまいそうになります。雑誌はもうデジタル化の波が押し寄せてきて、またネットの力で本屋で雑誌が売れなくなってきています。最近は付録付きがほんとに増えましたね。ああすると売れるのでしょうね。デジタル本との違いはやっぱりそこですね。デジタルは印刷配送が要らない分安価で済みますが、サイトにお金を持っていかれてしまうという現状。雑誌の世界これからどうなるのでしょう。