アーチェリーの定期購読・バックナンバー・最新号

アーチェリーの定期購読・バックナンバー・最新号

の詳細を表示しています。バックナンバーがないものもあります。在庫状況は公式ページでご確認下さい。

アーチェリーの詳細です。


アーチェリーの定期購読 公式サイトへ
雑誌、冊子名 アーチェリー
雑誌・冊子の内容 『アーチェリー』は国内唯一のアーチェリー専門誌です。毎号、シューティング技術に関する記事やアーチェリー関連用具の情報をはじめ、メンタルトレーニングやフィジカルトレーニングなど、さまざまな企画でアーチェリーに関する情報をお伝えしています。また、国内の主要大会のレポートはもちろんのこと、オリンピックや世界選手権、アジア大会、ワールドゲームズなど、国際大会の情報も満載。読者からの質問に有名コーチやトップ選手たちが丁寧に答えてくれるコーナーもあります。趣味のアーチェリーから本格的競技アーチェリーまで、アーチェリーのすべてをお伝えします。
詳細内容 [特別技術企画]
 2020 年東京オリンピック・パラリンピックあいち選手強化事業
 押し手の肩、引き手の肩、肩のライン……楽に射つために必要なこと。
  ●新海輝夫(全日本アーチェリー連盟強化部長)

[特別技術企画]
 平成29 年度ブロック別指導者講習会 中国ブロック岡山大会
 U-17 ナショナルチームにおける指導ポイント
  ●高坂幸美(全ア連U-17 ナショナルチームコーチ)

2017年世界ターゲット選手権大会
ベスト4+αのシューティング写真(第1回コンパウンド女子)

[スペシャルインタビュー]
 渡邉麻央(稲付中学校)

[連載企画]
 ステップアップ講座 第50回
 アウトドアシーズン到来! 矢の精度を上げてみませんか。
 ●稲本雅由(元ナショナルチーム)

 メンタルトレーニング 第2回
 「メンタルトレーニングはなぜ必要か?」
 ●佐野太郎(東海大学大学院)

[読者からの質問コーナー]
 ホールド+ドローイング=クリッカータイミング
 ●岩崎増治(甲南女子大学コーチ)

[COMPETITIONS]
・第48 回JAPAN インドアオープンアーチェリー大会
・2017-18 インドアアーチェリーワールドカップ第1 戦~第3戦
・第10 回高等学校ネットワーク・アーチェリーインドア大会
・第20 回アジアアーチェリー選手権大会
・第27 回全日本室内アーチェリー選手権リハーサル大会
・第38 回中日オープン・インドアアーチェリー大会 兼 第7回WIN CUPインドアアーチェリー大会
・第18 回冬季みやぎ弓の里A1 カップ

[ランキング]
・全国キャデット・ランキング 2017
・第3 回小中学生全国通信アーチェリー大会2017 表彰者
・全国マスターズ・ランキング 2017
・第9 回マスターズ全国通信アーチェリー大会2017 表彰者
・第9 回マスターズ全国通信アーチェリー大会2017 特別表彰者

[インフォメーション]
・全国アーチェリーショップ&レンジ
・全国大会情報
・バックナンバー通販
・TOOL NEWS
・2018 韓国光州日本交流大会
・ 2018 年ナショナルチーム

[Record]
・日本記録&世界記録
・全国大会記録

[レポート]
・高体連のページ
・全ア連だより
・学連のページ

・読者からの投稿ページ
・今月号のプレゼント

表紙:第48回JAPANインドアオープンアーチェリー大会
雑誌番号 3
出版社 レオ・プランニング
出版時期 毎偶月20日
定期購読のお申込み 公式サイトでのご注文はこちら
定期購読紹介のサイトお越し頂きましてありがとうございます。こちらは商品詳細ページです。もっと見やすいように作りたいとは思っていますが現状のままです。リンク先はfujisanという雑誌の定期購読のサイトへのリンクとなっています。fujisanではたくさんの定期購読や年間購読、バックナンバー、最新刊を扱っています。1冊のみでも購入できるのでAmazonの代わりとして使うこともできます。クレジットカードも使えますよ。このように定期購読を薦めるためのサイトを作成しました。これからも更新して使いやすいサイトを目指していきたいと想います。それにしても雑誌の種類はすごいですね1万種類近くあるみたいです。そんなによく雑誌があるなと思いました。サイトを作っているととても専門的なものに出会うことがあり人間とはすごいものに興味を持つんだなとすごく人間とは何かと考えてしまいそうになります。雑誌はもうデジタル化の波が押し寄せてきて、またネットの力で本屋で雑誌が売れなくなってきています。最近は付録付きがほんとに増えましたね。ああすると売れるのでしょうね。デジタル本との違いはやっぱりそこですね。デジタルは印刷配送が要らない分安価で済みますが、サイトにお金を持っていかれてしまうという現状。雑誌の世界これからどうなるのでしょう。