OHMの定期購読・バックナンバー・最新号

OHMの定期購読・バックナンバー・最新号

の詳細を表示しています。バックナンバーがないものもあります。在庫状況は公式ページでご確認下さい。

OHMの詳細です。


OHMの定期購読 公式サイトへ
雑誌、冊子名 OHM
雑誌・冊子の内容 電気設備の開発・保守管理、電力システム、省エネ・新エネ、情報通信、輸送交通、ナノテク・材料などの最新技術動向、エネルギー政策、環境・安全対策、電気関連法規・基準の改訂、技術者教育、知的財産権など、電気・エネルギーに携わる技術者に必要な情報を毎月提供。電験一・二種と技術士の資格情報および学習記事も掲載しています。
詳細内容 ■特集

信頼性技術

・総論:信頼性とその作り込み
 鈴木 和幸(電気通信大学)

・信頼性と安全性
 門田 靖(リコー)

・システム視点からの信頼性設計
 田中 健次(電気通信大学)

・保全性技術の概念
 堀籠 教夫(東京海洋大学)

・宇宙システムの安全・ミッション保証活動
 武内 信雄(HIREC)

・JIS Z 8115 ディペンダビリティ(総合信頼性)用語改正案の動向
 益田 昭彦(信頼性七つ道具(R7)実践工房)

■解説

・二次電池を転用した未利用熱エネルギーの電力変換
 守友 浩(筑波大学)

・危険物施設における非常用電源設備等の安全対策に関する検討
 池町 彰文(総務省消防庁)

■ライセンス(資格試験)

・2018年 電験二種合格!実践セミナー
 永田 正行、植田 福広、江藤 伸夫

・平成30年度 第一種・二種電気主任技術者試験案内

■連載・コラム

・【電気技術者のためのキーテクノロジー150選】
 前田 隆文、植田 福広、田沼 和夫

・【みんなで創ろう!スマートハウス事例集】オープンソースゲートウェイPicoGW の紹介
 一色 正男、笹川 雄司、大和田 茂(神奈川工科大学)

・【社会インフラを支える「エネルギーと情報」】通信デバイスの現状と将来展望
 本橋 光也(東京電機大学)

・最終回【プレゼンが苦手な電気系のためのプレゼン入門】Q&A編 読者からのお悩み・ご相談承ります
 安田 陽(京都大学)

・【電験「理論」を極める!】磁界の求め方 その2 ~アンペールの法則~
 岡部 浩之

・New【電気系技術者 一問一答】
 堀 洋一(東京大学)

【再読—読んでおきたい一冊】ダニエル・カーネマン 著、村井 章子 訳『ファスト& スロー(上・下) あなたの意思はどのように決まるか?』
 松樹 千年翠(コラムニスト)

【電気関連分野で活躍する技術者からのメッセージ】挑戦・成長・貢献できる技術者を目指して
 熊原 亮(Hitachi High Technologies America)

【人類世の地球環境】自然界における乱世の英雄たち
 杉山 大志(キヤノングローバル戦略研究所)

【平成29年度 電験一種合格体験記】化学プラント系電気エンジニア 電験一種に挑戦!
 有薗 謙太(住友化学)

【平成29年度 電験二種合格体験記】長くなってしまった受験期間
 市川 遊也

■レポートほか

・【今月のフォトグラフ】千葉・山倉水上メガソーラー発電所
 京セラTCLソーラー合同会社
・News Flash
・OHMかわらばん
・NEW PRODUCTS(新製品情報)

■広告企画

エンジニアリング・ソフト
雑誌番号 294
出版社 オーム社
出版時期 毎月5日
定期購読のお申込み 公式サイトでのご注文はこちら
定期購読紹介のサイトお越し頂きましてありがとうございます。こちらは商品詳細ページです。もっと見やすいように作りたいとは思っていますが現状のままです。リンク先はfujisanという雑誌の定期購読のサイトへのリンクとなっています。fujisanではたくさんの定期購読や年間購読、バックナンバー、最新刊を扱っています。1冊のみでも購入できるのでAmazonの代わりとして使うこともできます。クレジットカードも使えますよ。このように定期購読を薦めるためのサイトを作成しました。これからも更新して使いやすいサイトを目指していきたいと想います。それにしても雑誌の種類はすごいですね1万種類近くあるみたいです。そんなによく雑誌があるなと思いました。サイトを作っているととても専門的なものに出会うことがあり人間とはすごいものに興味を持つんだなとすごく人間とは何かと考えてしまいそうになります。雑誌はもうデジタル化の波が押し寄せてきて、またネットの力で本屋で雑誌が売れなくなってきています。最近は付録付きがほんとに増えましたね。ああすると売れるのでしょうね。デジタル本との違いはやっぱりそこですね。デジタルは印刷配送が要らない分安価で済みますが、サイトにお金を持っていかれてしまうという現状。雑誌の世界これからどうなるのでしょう。