臨床麻酔の定期購読・バックナンバー・最新号

臨床麻酔の定期購読・バックナンバー・最新号

の詳細を表示しています。バックナンバーがないものもあります。在庫状況は公式ページでご確認下さい。

臨床麻酔の詳細です。


臨床麻酔の定期購読 公式サイトへ
雑誌、冊子名 臨床麻酔
雑誌・冊子の内容 日常の麻酔の臨床に役立つ(関連する)テーマを“特集/総説/原著/症例/講座/関連領域と話題/誌上抄読会/質疑応答/くすり/機器製品紹介/アイデアコーナー/ブリーフレポート”等々で常時掲載.研究の成果や最新知見など、研究室からベテランまで麻酔科医が『今知りたい』ことを解説.定評の臨床医学雑誌.毎年3月に「臨時増刊号」(臨床麻酔誌上セミナー)を発行
詳細内容 ●巻頭言
会話力 …布宮 伸
●総説
抗線溶薬・トラネキサム酸 …内田篤治郎・他
人生の最終段階における医療の在り方と DNAR(Do not attempt Resuscitation)指示の拡大解釈 …岡野 弘・他
●原著
帝王切開術後鎮痛におけるアセトアミノフェン静注の定時投与効果:後方視ケース・コントロール研究 …加藤 梓・他
●症例
FreeStyle Libre® を用いて周術期の血糖管理を行った1型糖尿病の1症例 …山田紗矢加・他
Paraganglioma の転移とわからず施行した肝切除術中に循環管理に難渋した1症例 …中山博介・他
●講座
サードスペースとは何か? …飯島毅彦
血中乳酸値の上昇をどう評価するか …坂口嘉郎
●寄稿
われわれが使用してきた麻酔器の変遷 …釘宮豊城
●誌上抄読会
<愛知医科大学医学部麻酔科学講座>
術後遷延性疼痛における治療戦略のために …鉄 慎一郎・他
●質疑応答
小児周術期の輸液
<回答>片岡久美/神藤篤史・他
●ブリーフレポート
術中異常高血圧をきたし褐色細胞腫が疑われた無症候性副腎偶発腫瘍患者の麻酔症例 …村山直充・他
食道がんに対する内視鏡的粘膜下層剥離術の試行中に二酸化炭素塞栓を生じた1症例 …星  豪・他
抜管時に経鼻胃管症候群を疑う咽頭粘膜からの出血を生じた1症例 …山田章宏・他
重篤な深頸部および咽頭膿瘍合併困難気道に対し McGRATH™ MAC を用いて意識下挿管を行った1症例 …米原周吾・他
閉塞型睡眠時無呼吸症候群を伴った成人スティル病患者の嚢胞摘出術における静脈内鎮静法下患者管理の経験 …藤原茂樹・他
ICU における自発呼吸を残した緊急気管挿管時の高流量経鼻カニューレの使用経験 …齋藤裕一・他
●印象記
第 45 回 日本救急医学会総会・学術集会 …黒田泰弘
日本蘇生学会 第 36 回大会 …松本美志也
第 24 回 日本静脈麻酔学会 …長田 理
・リレー随想・趣味・余暇・仲間(149)
ランニングと健康 …宮部雅幸
・アナウンスメント
・次号のお知らせ
・投稿規定
雑誌番号 2805
出版社 真興交易医書出版部
出版時期 毎月20日
定期購読のお申込み 公式サイトでのご注文はこちら
定期購読紹介のサイトお越し頂きましてありがとうございます。こちらは商品詳細ページです。もっと見やすいように作りたいとは思っていますが現状のままです。リンク先はfujisanという雑誌の定期購読のサイトへのリンクとなっています。fujisanではたくさんの定期購読や年間購読、バックナンバー、最新刊を扱っています。1冊のみでも購入できるのでAmazonの代わりとして使うこともできます。クレジットカードも使えますよ。このように定期購読を薦めるためのサイトを作成しました。これからも更新して使いやすいサイトを目指していきたいと想います。それにしても雑誌の種類はすごいですね1万種類近くあるみたいです。そんなによく雑誌があるなと思いました。サイトを作っているととても専門的なものに出会うことがあり人間とはすごいものに興味を持つんだなとすごく人間とは何かと考えてしまいそうになります。雑誌はもうデジタル化の波が押し寄せてきて、またネットの力で本屋で雑誌が売れなくなってきています。最近は付録付きがほんとに増えましたね。ああすると売れるのでしょうね。デジタル本との違いはやっぱりそこですね。デジタルは印刷配送が要らない分安価で済みますが、サイトにお金を持っていかれてしまうという現状。雑誌の世界これからどうなるのでしょう。