AERA(アエラ)の定期購読・バックナンバー・最新号

AERA(アエラ)の定期購読・バックナンバー・最新号

の詳細を表示しています。バックナンバーがないものもあります。在庫状況は公式ページでご確認下さい。

AERA(アエラ)の詳細です。


AERA(アエラ)の定期購読 公式サイトへ
雑誌、冊子名 AERA(アエラ)
雑誌・冊子の内容 2008年に創刊20周年を迎えるAERA(アエラ)。国内外の重大ニュースから身の周りの小さな出来事まで、「時代」を敏感にキャッチし、独自の視点で掘り下げた記事をお届けします。政治、経済、事件、スポーツ、文化、人物…、追いかけるジャンルは硬軟を問いません。悩み多き現代人の生き方のヒントになる記事にも力を入れています。「ビジュアル重視」も大きな特長です。写真やイラスト、グラフィックは量・質とも他誌の追随を許しません。養老孟司さん、高村薫さん、姜尚中さんなど個性あふれる面々のコラムもお楽しみください。
詳細内容 大特集
非正規と正社員

調査
分断される職場
【非正社員324人調査】氷河期就職で転職10回、正社員歴ゼロ/生まれた時から不況/「総合職は特権意識だけ強く責任感は希薄」

労働者は2分割され格差固定化

ルポ
理研365人雇い止め 怒りの現場

企業
「人手不足」が正社員化の解決策だった
全日空、スタバ、ユニクロ、三菱東京UFJ銀行、オリエンタルランド、JAL、パナソニック、ローム

対談
橋本健二『新・日本の階級社会』×藤田孝典『下流老人』「福祉国家に転換を」

対策
法律で身を守る
派遣先のセクハラは?/雇い止めにあったら?/育休とれない?/賞与が出ないのは不公平では?

官庁
「役人は好待遇」はウソだった

大学
若手にリスク負わせ研究力しぼむ


時代を読む
伊藤詩織×はあちゅう×北原みのり
「被害者として」でなく顔を上げて生きる
バッシング恐れず実名で告発/「性被害訴えると『生意気な女』にされる」「『男は強くあれ』は刷り込み」

漫画
岡崎京子『リバーズ・エッジ』は
現代の処方箋
20年前の作品群が時代とシンクロ/「普通に生きる」ことが難しい「いま」の若者の日常そのもの

文化
くらもちふさこ+いくえみ綾 初の二人原画展

映画
原一男監督 23年ぶり新作は国家賠償ドキュメンタリー

ランニング
金哲彦さん直伝 長続きの秘訣は「フォーム」「距離より時間」「目標設定」

映画
峯田和伸 声優初挑戦は「9歳児」役

リテラシー
「コインチェック」「はれのひ」被害を防ぐ「見抜き方」

マネー
96%の価値が一晩で蒸発 「VIX投資」をしていた個人投資家たち

五輪
政治まみれの平昌五輪 幻のモスクワ大会代表は「今も心に傷」

国際
カタルーニャ独立問題 「独立の拳おろせない」

対談
西部邁追悼 田原総一朗×佐高信 「左右結ぶ論壇の終わり」

表紙の人
ソフィア・コッポラ・映画監督

現代の肖像
舘野 泉・ピアニスト/千葉 望

AERA-note
編集長敬白

特別広告企画 (中央綴じ込み)RUNNERsAERA ビジネスパーソンのためのランニング・スタイルブック

好評連載
eyes 姜 尚中 東 浩紀
佐藤 優の実践ニュース塾
ぐっちーさんのここだけの話
小島慶子の幸複のススメ!
オチビサン 安野百葉子
星野 源 ふたりきりで話そう
竹内智香 黄金色へのシュプール
師匠と弟子 アクリル加工職人
はたらく夫婦カンケイ
伊藤まさこのおいしい時間をあの人へ

AERIAL
アエラ読書部
星野博美 評 『ビザンツ帝国 生存戦略の一千年』
この人のこの本 笠井 潔
書店員さんオススメの一冊
竹増貞信のコンビニ百里の道をゆく
福岡伸一の生命探検
稲垣えみ子のアフロ画報
ジェーン・スーの先日、お目に掛かりまして
厚切りジェイソンの厚切りビジネス英語


今週の1行コピー
ピョン(チ)ャン五輪?
雑誌番号 25
出版社 朝日新聞出版
出版時期 毎週月曜日
定期購読のお申込み 公式サイトでのご注文はこちら
定期購読紹介のサイトお越し頂きましてありがとうございます。こちらは商品詳細ページです。もっと見やすいように作りたいとは思っていますが現状のままです。リンク先はfujisanという雑誌の定期購読のサイトへのリンクとなっています。fujisanではたくさんの定期購読や年間購読、バックナンバー、最新刊を扱っています。1冊のみでも購入できるのでAmazonの代わりとして使うこともできます。クレジットカードも使えますよ。このように定期購読を薦めるためのサイトを作成しました。これからも更新して使いやすいサイトを目指していきたいと想います。それにしても雑誌の種類はすごいですね1万種類近くあるみたいです。そんなによく雑誌があるなと思いました。サイトを作っているととても専門的なものに出会うことがあり人間とはすごいものに興味を持つんだなとすごく人間とは何かと考えてしまいそうになります。雑誌はもうデジタル化の波が押し寄せてきて、またネットの力で本屋で雑誌が売れなくなってきています。最近は付録付きがほんとに増えましたね。ああすると売れるのでしょうね。デジタル本との違いはやっぱりそこですね。デジタルは印刷配送が要らない分安価で済みますが、サイトにお金を持っていかれてしまうという現状。雑誌の世界これからどうなるのでしょう。