配管技術の定期購読・バックナンバー・最新号

配管技術の定期購読・バックナンバー・最新号

の詳細を表示しています。バックナンバーがないものもあります。在庫状況は公式ページでご確認下さい。

配管技術の詳細です。


配管技術の定期購読 公式サイトへ
雑誌、冊子名 配管技術
雑誌・冊子の内容 本誌は装置工学の黎明期、昭和34年に創刊、以来、石油、石油化学、原子力化学工業など装置工業のエンジニアリングに関する斯界を代表する専門技術雑誌として定評をいただいております。 配管を機器と機器、装置と装置を単につなぐと云うことでなく、それを構成するすべての機器、材料、システム等についてその技術的背景、コスト、法規、設計、施工、検査、安全、メンテナンスと多角的な検討を行い、プラント全体としてとらえる、プラントエンジニアリング誌です。
詳細内容 ■解説
〔展望・解説〕
○2018年版BPエネルギー展望について/LNG経済研究会/大先一正
BPは本年2月に8回目となる Energy Outlookを発表し、 2040年向け、再生可能エネルギーと天然ガスの導入が促進される一方、石炭需要は減少し、石油需要はピークを迎えるため、エネルギー供給源の多様化と低炭素化が進むとの見通しを明らかにした。

○バウムガルテン・ガス爆発が与えた影響/早稲田大学/吉武惇二
オーストリア・バウムガルテンで発生したガス爆発は、周辺諸国のガス価格に大きな影響を与えた。最も影響が大きかったのはイタリアで、1年間に2度の非常事態宣言を発動する結果となった。

○CO2フリーアンモニア合成技術開発/日揮㈱/甲斐元崇・沖田充司
内閣府 SIP「エネルギーキャリア」の研究開発テーマ「 CO 2フリー水素利用アンモニア合成システム開発」において、新規アンモニア合成触媒、プロセス開発及び実証試験などを進めており、その現状と成果について紹介する。

〔設計〕
○ガス導管網の実用過渡解析に向けた取り組み/アドバンスソフト㈱/秋村友香・大須賀直子・三橋利玄
実規模ガス導管網過渡解析のためのソフトウェア開発の取り組みについて紹介する。訓練用シミュレータの開発で必要となった陰解法、パッシブスカラー機能や、 Lagrange粒子によるラインパック解析の概要を説明する。

〔運転・保守〕
○石油化学プラントのアベイラビリティ向上の検討Ⅱ/鈴木技術士事務所/鈴木茂雄
経年劣化プラントの機器において、水素誘起割れ先端域の前駆的な駆動力の微小欠陥の挙動を半定量的に捉えることは、余寿命予測が可能となる計測方法の知見が得られたので詳述する。

■特集:状況に応じた最適なバルブの選定
○抜群なメンテナンス性、軽量、コンパクト、錆びないバルブ/旭有機材㈱/井口英明
軽量、コンパクト、錆びないバルブで、手動バルブから自動バルブへの切り替え方法を大幅に改良し、現場メンテナンス時間の効率

○ただひとつの地上設置型フート弁スモレンスキフートバルブバージョンアップ/㈱イシザキ/小川博己
本稿では、「水中から地上へ」従来、水中にあるフートバルブのトラブルを解消する地上設置型フートバルブの紹介と地上設置型フートバルブが水を保持出来る仕組みを紹介する。

○「リトライ」機能搭載雨水緊急遮断弁/㈱カワデン/金高浩春
弁を閉める際に木の小枝等の異物が挟まれると、過負荷状態を自動的に検知し、弁を一定角度開いて異物を流し、再度弁を閉鎖する動作を繰り返し行う、「リトライ」機能を有するコンパクトで安価な雨水弁を開発した。

○ノンスラム・アプリケーションに適したデュアルプレートチェックバルブ及びアクシャルチェックバルブ/GOODWIN INTERNATIONAL LTD/Jonathan Bradley・Rafi Raza・古薗一八
本稿では、英国のバルブメーカー、グッドウィンインターナショナル社で製造するデュアルプレートチェックバルブ及びアクシャルチェックバルブが、他のタイプのチェックバルブと比較し、なぜノンスラム・アプリケーションに適しているかを紹介する。

○耐海水腐食用バルブの選定/㈱昭和バルブ製作所/元田 修
海水による腐食を防ぐ方法は様々あるが、一般に金属製バルブの暴食対策に採用される四つの方法について図解・データを用いて解説すると共に、当社の海水対策バルブを紹介する。

○熱分解エアバルブとデコーキングバルブ連動ユニットに関する研究/北京航天石化技術装備工学有限公司/郭金・楊帆・韓静波
連動ユニットは、エチレン生産装置の3バルブシステムにおける熱分解エアバルブとバイパス・デコーキングバルブを接続する基幹設備である。本稿は、連動ユニットの原理、現在使用されている連動ユニットの設計プロセスを紹介し、設計中の難点を詳細に説明した。

○環境に合わせた最適な電磁弁の選定方法/日本アスコ㈱/佐藤由季子
本稿では、電磁弁の構造と、選定の際に必要な基本的な項目について解説し、その上で環境に合わせた最適な電磁弁の選定方法を紹介する。

○液プロセス用ダイヤフラムバルブ/㈱フジキン/佐藤準治
液体用途のダイヤフラムバルブの構造と特長を説明し、高度な液体製造プロセスのバルブに対する要求事項への対応を解説する。汚染防止の具体的な構造事例についても紹介する。

■特集:エンジニアリングの情報化ツール2018 5

EYEPRD/FloMASTER/FluidFlow/ADINA-F(ADINA System)/XFlow/SNAP/GT STRUDL/EYESTEEL/STAAD/Pro/STAAD Foundation Advanced/FINALCAD
雑誌番号 2032
出版社 日本工業出版
出版時期 毎月1日
定期購読のお申込み 公式サイトでのご注文はこちら
定期購読紹介のサイトお越し頂きましてありがとうございます。こちらは商品詳細ページです。もっと見やすいように作りたいとは思っていますが現状のままです。リンク先はfujisanという雑誌の定期購読のサイトへのリンクとなっています。fujisanではたくさんの定期購読や年間購読、バックナンバー、最新刊を扱っています。1冊のみでも購入できるのでAmazonの代わりとして使うこともできます。クレジットカードも使えますよ。このように定期購読を薦めるためのサイトを作成しました。これからも更新して使いやすいサイトを目指していきたいと想います。それにしても雑誌の種類はすごいですね1万種類近くあるみたいです。そんなによく雑誌があるなと思いました。サイトを作っているととても専門的なものに出会うことがあり人間とはすごいものに興味を持つんだなとすごく人間とは何かと考えてしまいそうになります。雑誌はもうデジタル化の波が押し寄せてきて、またネットの力で本屋で雑誌が売れなくなってきています。最近は付録付きがほんとに増えましたね。ああすると売れるのでしょうね。デジタル本との違いはやっぱりそこですね。デジタルは印刷配送が要らない分安価で済みますが、サイトにお金を持っていかれてしまうという現状。雑誌の世界これからどうなるのでしょう。