デーリィジャパンの定期購読・バックナンバー・最新号

デーリィジャパンの定期購読・バックナンバー・最新号

の詳細を表示しています。バックナンバーがないものもあります。在庫状況は公式ページでご確認下さい。

デーリィジャパンの詳細です。


デーリィジャパンの定期購読 公式サイトへ
雑誌、冊子名 デーリィジャパン
雑誌・冊子の内容 Dairy Japanは創刊されて半世紀。次代を担う酪農家・酪農経営体のための専門誌として常にリードし続けています。農場経営マネジメント、乳牛栄養マネジメント、繁殖マネジメント、衛生マネジメント、飼養環境マネジメント、糞尿マネジメントなど、酪農家や関係者が必要とする最新の情報をわかりやすく、読みごたえのある情報を毎月お届けしています。全国の酪農家をはじめ、乳業会社、関係官庁、関係団体、関係機関などに深く浸透し、幅広い読者を持つ、酪農・乳業界にはなくてはならない雑誌のひとつです。 酪農は、あらゆる科学を応用することで個性的な経営が展開できるビジネスです。「乳牛をより健康に飼養するために」「より衛生的な生乳を生産するために」「より優れた乳成分の生乳を生産するために」、そして「より利益を生むために」――Dairy Japanは、常にそれらのことを念頭においた記事が満載です。Dairy Japanを読んで酪農経営者や現場技術者としてスキルアップすることで、酪農がますます面白くなり、酪農場がどんどん魅力的になっていきます。
詳細内容 【ルポ特集】
 これってどうですか? 酪農の働き方改革

■ルポ1 複数戸法人とアウトソーシング
 北海道大樹町農業協同組合 坂井 正喜さん

■ルポ2 トラブルを減らすことが労働時間の短縮につながる
 北海道標茶町 原田牧場 原田 敦さん

■ルポ3 コントラクター事業の活用で働き方改革
 茨城県美野里酪農業協同組合 朝倉 実行さん

■ルポ4 仕事に情熱を持った働き方を
 群馬県昭和村 ㈲ロマンチックデーリィファーム 須藤 泰人さん・史生さん

■ルポ5 効率的な体系で労働負荷は低い
 岡山県津山市 ㈲檜尾牧場 檜尾 康知さん

■ルポ6 働き方の実態を精査中
 一般社団法人中央酪農会議 並木 健二参与


★次回予告★ 4月号特集
《生産性を高める計画育成》
 初産分娩月齢を早めるだけでなく、経産牛になって以降も高いパフォーマンスを発揮してもらうための育成目標を設定することも育成技術の一つ。
 乳牛資源が不足する今だからこそ、高いレベルの育成技術を知っておきたい。


【乳牛に感謝 牛乳に感謝】
■酪農に触れ心惹かれる
 日和佐 信子


【現場で活かす酪農技術】
■見直し 乾乳期間短縮の効果と留意点
 ――乾乳期間が乳牛の泌乳成績に及ぼす影響
 秋山 俊彦

■周産期 乳牛の周産期の飼養管理と疾病との関連
 ――アンケート調査による北海道内の酪農場における周産期の飼養管理の実態
 松井 義貴

■繁殖能力 ホルスタインの繁殖と近交係数
 ――近交係数の上昇が続く中での繁殖能力の改良について
 後藤 裕作


【企画記事】
■「酢+海藻」がカビ毒抑制に効く
 リサーチ 酢酸海藻製剤の添加によるサイレージのカビ発生抑制効果 小岩 政照
 フィールド カビ毒抑制は現場の願い 酪農学園フィールド教育研究センター


【Hot Topics】
■繁殖・お産・カウコンフォートを学ぶ
 酪総研シンポジウム

■筋肉を付けるには、肉? サプリ? 牛乳?
 酪農学園ミルク産業活性化推進事業シンポジウム


【シリーズ】
■輝く酪農女性のON/OFF
 ご褒美タイムでOnの充実度UP 岡山県津山市 ㈲檜尾牧場 山本 百紅さん

■畜産を取り巻く耐性菌問題
 抗菌剤の各論② 島本 正平

■牛舎環境改善! カウコンフォート奮闘記【最終回】
 ハエ対策の総まとめ ~質問にお答えします~ 細谷 昌弘

■実証 農場カイゼン
 経営実証農家の取り組み その2 宇髙 健二

■雪たねトータルサポート室からのアドバイス
 北海道における飼料用とうもろこし栽培の雑草防除と肥培管理 佐藤 尚親

■牧場ケーススタディ
 バーンミーティングを受けて 丸山 純

■乳の郷になるまで
 根室原野農村生活史 富田 光夫

■平成の日本酪農とこれから~ファクトデータとその考察【最終回】
 牛乳生産費と生乳価格 阿部 亮


【Topics】
 ニュースまとめ出し
 海外だより
 読者の広場
 ギャラリー
 ホクレン家畜市場 初妊牛相場
 牛乳乳製品統計
雑誌番号 1767
出版社 デーリィ・ジャパン
出版時期 毎月20日
定期購読のお申込み 公式サイトでのご注文はこちら
定期購読紹介のサイトお越し頂きましてありがとうございます。こちらは商品詳細ページです。もっと見やすいように作りたいとは思っていますが現状のままです。リンク先はfujisanという雑誌の定期購読のサイトへのリンクとなっています。fujisanではたくさんの定期購読や年間購読、バックナンバー、最新刊を扱っています。1冊のみでも購入できるのでAmazonの代わりとして使うこともできます。クレジットカードも使えますよ。このように定期購読を薦めるためのサイトを作成しました。これからも更新して使いやすいサイトを目指していきたいと想います。それにしても雑誌の種類はすごいですね1万種類近くあるみたいです。そんなによく雑誌があるなと思いました。サイトを作っているととても専門的なものに出会うことがあり人間とはすごいものに興味を持つんだなとすごく人間とは何かと考えてしまいそうになります。雑誌はもうデジタル化の波が押し寄せてきて、またネットの力で本屋で雑誌が売れなくなってきています。最近は付録付きがほんとに増えましたね。ああすると売れるのでしょうね。デジタル本との違いはやっぱりそこですね。デジタルは印刷配送が要らない分安価で済みますが、サイトにお金を持っていかれてしまうという現状。雑誌の世界これからどうなるのでしょう。