デーリィジャパンの定期購読・バックナンバー・最新号

デーリィジャパンの定期購読・バックナンバー・最新号

の詳細を表示しています。バックナンバーがないものもあります。在庫状況は公式ページでご確認下さい。

デーリィジャパンの詳細です。


デーリィジャパンの定期購読 公式サイトへ
雑誌、冊子名 デーリィジャパン
雑誌・冊子の内容 Dairy Japanは創刊されて半世紀。次代を担う酪農家・酪農経営体のための専門誌として常にリードし続けています。農場経営マネジメント、乳牛栄養マネジメント、繁殖マネジメント、衛生マネジメント、飼養環境マネジメント、糞尿マネジメントなど、酪農家や関係者が必要とする最新の情報をわかりやすく、読みごたえのある情報を毎月お届けしています。全国の酪農家をはじめ、乳業会社、関係官庁、関係団体、関係機関などに深く浸透し、幅広い読者を持つ、酪農・乳業界にはなくてはならない雑誌のひとつです。 酪農は、あらゆる科学を応用することで個性的な経営が展開できるビジネスです。「乳牛をより健康に飼養するために」「より衛生的な生乳を生産するために」「より優れた乳成分の生乳を生産するために」、そして「より利益を生むために」――Dairy Japanは、常にそれらのことを念頭においた記事が満載です。Dairy Japanを読んで酪農経営者や現場技術者としてスキルアップすることで、酪農がますます面白くなり、酪農場がどんどん魅力的になっていきます。
詳細内容 【ルポ特集】
 わが家の妊娠率アップ策

■ルポ1 適正BCSと適期AI
 北海道紋別郡湧別町 ㈱ADF 姉崎 正弥さん

■ルポ2 現場の実践力と繁殖のプロで妊娠率アップ
 岩手県花巻市 ㈲アグリファイン 大和 貢さん

■ルポ3 発情発見率向上を目指して
 熊本県菊池市 ㈲植島牧場 植島 隆博さん・潤一さん


★次回予告★ 7月号特集
《これってどうしていますか? 経営主と後継者の意思疎通とバトンタッチ計画》
 酪農場の継承は、規模の大小にかかわらずやってくるターニングポイント。
 経営主と後継者に、双方のコミュニケーションの「現状」と「理想」、そのためにそれぞれが何をすべきかを聞く。


【乳牛に感謝 牛乳に感謝】
■乳牛から教えてもらう、乳牛の気持ちになって考える
 田中 義春


【現場で活かす酪農技術】
■滑走防止 滑らない床へ 健康な牛へ
 ――episode.1 摩耗はマイナス要素
 林 ユウキ

■照明 牛舎の光源を考える
 ――白色LEDが乳牛に与える影響
 杉野 利久

■護蹄 オートスクレーパーの有効利用
 ――ロボット牛舎の衛生管理
 鳥羽 雄一

■乳質 良質乳生産のために
 ――乳質を左右する衛生要因
 神田 実

■VWPの設定 分娩後BCS推移を指標とした繁殖改善
 ――受胎率向上への取り組み
 秋葉 貞治


【HOT TOPICS】
■業界共通課題の解決と牛乳乳製品の価値向上のために
 平成30年度Jミルクブロック会議


【シリーズ】
■輝く酪農女性のON/OFF
 新規就農を夢見て 神奈川県平塚市 片倉牧場 松本 七海さん

■体細胞数データを利用した新しい乾乳期乳房炎予防対策
 HACCPの概念と乾乳牛 榎谷 雅文

■雪たねトータルサポート室からのアドバイス
 搾乳立会からの改善事例 岡本 武史

■酪農メール~オランダより~
 うちの農業機械 ニューランド 亜輝

■畜産を取り巻く耐性菌問題
 抗菌剤を賢く使おう 島本 正平

■実証 農場カイゼン【最終回】
 経営実証農家の取り組み その5 宇髙 健二

■乳の郷になるまで
 根室原野農村生活史 富田 光夫


【セミナー報告】
■牧場経営を加速させる
 ファームノート キャラバン 2018 in 十勝


【記事広告】
■次世代につなぐスタートの日に
 シンポジウム「酪農教育ファーム20年を節目に」


【Topics】
 読者の広場
 ニュースまとめ出し
 海外だより
 ギャラリー
 ホクレン家畜市場 初妊牛相場
 牛乳乳製品統計
雑誌番号 1767
出版社 デーリィ・ジャパン
出版時期 毎月20日
定期購読のお申込み 公式サイトでのご注文はこちら
定期購読紹介のサイトお越し頂きましてありがとうございます。こちらは商品詳細ページです。もっと見やすいように作りたいとは思っていますが現状のままです。リンク先はfujisanという雑誌の定期購読のサイトへのリンクとなっています。fujisanではたくさんの定期購読や年間購読、バックナンバー、最新刊を扱っています。1冊のみでも購入できるのでAmazonの代わりとして使うこともできます。クレジットカードも使えますよ。このように定期購読を薦めるためのサイトを作成しました。これからも更新して使いやすいサイトを目指していきたいと想います。それにしても雑誌の種類はすごいですね1万種類近くあるみたいです。そんなによく雑誌があるなと思いました。サイトを作っているととても専門的なものに出会うことがあり人間とはすごいものに興味を持つんだなとすごく人間とは何かと考えてしまいそうになります。雑誌はもうデジタル化の波が押し寄せてきて、またネットの力で本屋で雑誌が売れなくなってきています。最近は付録付きがほんとに増えましたね。ああすると売れるのでしょうね。デジタル本との違いはやっぱりそこですね。デジタルは印刷配送が要らない分安価で済みますが、サイトにお金を持っていかれてしまうという現状。雑誌の世界これからどうなるのでしょう。